スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災難。

うむぅ…。
アゲハの出産の予定が少し遅れているようで、
明日の夜から明後日の夜にかけてになりそうです。

大丈夫であるといいのですけれど…。




化学。
ホントにダメですね。
裏技本を買って来てしまいまして、
あーゆう見出しに酷く弱い私。
初回限定版とか、
一時期で爆発的に伸びるとか、
期間限定に弱いのが日本人の特徴らしいのですが、
それに当てはまりな気がしないでもないです。
スポンサーサイト

無理。

化学は嫌いです。
どうしようもありません。

英語を勉強していたのですが、
今回のテストで成績遺せませんでした。


…これから上がるのかなぁorz

登校。

一週間ぶりに登校しました。

予備校まで10分、学校まで40分。
良い先生まで10分(周りの環境もあり集中できる自習室付)、学校まで40分(冷房の管理が最悪、友達がいるとダメな性分)。


どちらに行くか言うまでもありません。


学校行くのたりーなぁ…(´Д`;)
不登校みたいな発言ですが。



ランキング投票です。続きを読む前に、投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

more...

休息。

やっと、長い一週間の英語の旅が終わりました…。

いや、


300ページくらいの復習の宿題があるんですけどね。



orz



ランキング投票です。投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

アルバム。

今日は、彼女さんに不意に大掃除を手伝わされました。


「ええっと、オレはお前の部屋を手伝えばいいの?」
「……なんか最近、ヘンになったね………」


そんな会話からスタートです。



ランキング投票です。続きを読む前に、投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

more...

貰い物。

予備校の教室の前に、
栄養ドリンクが無料で配布されていました。
ご自由にお取りくださいと書いてあったので、
てっきり安いのかと思いきゃ、
隣のコンビニで315円で売っていました。


20本貰っといて良かったです。



ランキング投票です。投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

心得。

何だか、最近、
勉強ばかりしてストレスが溜まっている気がします。

…が、矛盾していることに、
英語に最近ハマり気味です。


勉強って何でもそうなのかもしれませんが、
解ると面白いものですね。



ランキング投票です。投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

お見舞い。

子どもが生まれる、
私の大切なサークルの人が、
いつも憎まれ口を叩いているものの、
やはり心配だったので、
お父さんになる人に電話を掛けてみました。

そうすると、病院内だというのに、
電話を繋いでくれるというので、
ちょっとだけ代わってもらいました。


「あはは。Kくんから電話かけてくるなんて珍しいね」
「お前な…。せっかく心配してやってんのに」
「うん、ありがと」


…え?
なんか、ものすっげぇ女の子っぽいんですけど?
一瞬、ドキリとしましたよ。


「不安なの?」
「うん。生まれる前に何かあったらどうしようとか、
 生まれた後にはどうすればいいんだろうとか、
 いっぱいいっぱい不安があるよ」

「そっか。母親も大変だな」
「ね、模試の日とズレたら見に来てくれないかな」
「オレなんかがいっても役に立たないだろ」
「ううん、ただ、生まれてくる子を見てくれるだけでいいの。ダメ?」
「…そりゃ、お前……。喜んで行くけど」
「Kくんの近い未来のためにもね」
「…行かないぞ」
「40パーセントくらいホントだけどね」


電話越しに小さく笑っていました。
満足に笑えないのでしょう。
彼女の言った冗談(?)に、
何故か、私も満足に笑い返すことができませんでした。



ということで、
初めて生命がこの世界に産み落とされる瞬間を、
見に行くかもしれません。

世界が零した無垢な涙。
それを慈しむいつもと違う両親の姿を、
しっかりと記憶に遺したいと思いました。



ランキング投票です。投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

鰻。

今日は鰻の日でした。
鰻を食べましたけれど、
なんか理不尽なことが多くて…。

明日にでもそのことを。

電話。

21時半。
私が風呂に入っている間に、
一通の電話があったそうです。


「お風呂入っている間に電話あったよ。Sさんから」
「あ、悪いね。―――って、ええッッッ!!??Σ(゚Д゚;)


それ、私が中学生の頃に付き合ってた女の子やんっっ!!!
なぁぁッッ!! 何故、私がいない間に、しかも電話っ!!??


「あ、ど、ドウモ……」
「ゴメンね。音がずっとなりっぱなしだったけど、
 出られないから何とかしようと思って、
 持ってこうと思ったんだけど、
 お風呂入ってるし、その、呼べないから」



…いや、そこで硬直されると、私も反応に困るのですが。
待て、突っ込みどころはそこではないですよ。


「ええっと、じゃあさ、電話してもいい?」
「…?? うん、いいんじゃないの?」


まったく意図を理解できていないようです。
いつもどおり、さっさと自分で勉強の準備を始めています。

あ、ちなみに、私は彼女の家で風呂に入ったワケじゃないです。
無論、自分の家でございます。
夏休み中なので泊まりに来ているのです。


うわぁ…。緊張するなぁ、と思いつつ、電話してみる。
中身は予備校の自習室にいた? というものでした。

いやはや、2コ隣の席に座っていた女の子は、
確かに前に付き合っていた人なのですが、
彼女は私に気づいていないようだったので、
敢えて言わなかったのですね。

で、夏期講習はどんな講座とる? とか、
一昔前のようなたわいもない話を、
いつの間にか30分以上もしてしまいました。


「あ、あのさ…」
「うん? なに?」
「ええと、疑ったりしてない?」
「え? どういうこと?」
「えと、ほら、なんつーのかな…」
「浮気してるってコト?」


いきなりキーワードを突いてきました。
していないのですが、アセアセです。


「や、そういうことなんだけど」
「してるの?」
「絶対してません。つーか、ずっとしません」
「ならいいじゃない。ほら、早く勉強しよ?」


それからもずっと普通でした。
ノンキなのか、どうでもいいのか、
よく分かりませんけれど、
いずれにせよ、もう少し警戒することにします。


ランキング投票です。投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

誕生日。

夜の11時半頃。
私のサークルで、今度父親になる方から電話がかかってきました。


「出産日が大体決まったっぽい」
「いつ?」
「7月30日前後だって」


というコトで、
普通に模試の実施日と被ります。
参った、顔を見に行けないぞ。


きっと、奥さんも―――まぁ、サークルの音楽担当ですが、
心配なのでしょうね。
初めての出産ですし、
今後のコトも色々心配になることもあるでしょう。

傍に居てあげられなくて残念です。
それとも、“お父さん”がいるだけで、
充分なものなのでしょうか。



ランキング投票です。投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

耳栓。

私のクラスの女の子が強いのは、
以前もお話しましたけれど、
スゴいですね…。


私のクラスの人間は、
男女問わず、私も含め、嫌いな先生が多いです。
理科―――つまり、物理と化学の先生は、
特に嫌われていると思います。


理科の教師は私から見れば、
デス○ートで40秒待たずに消したいくらい嫌いなのですけれど、
女の子は化学よりも物理のほうが嫌いなようです。


授業も役に立たず、
いちいち喧しい。
私立だからお金がどうのこうのなど、
解りきっているコトをいちいち言ってくるのです。
高い金を払っているのだから、しっかり授業を受けろと言われるのですが、
だったら、先生の質をさっさと上げて欲しいものです。


で、その物理の時間。
私のクラスの女の子は文系が多く、
物理をとっている女の子が5人しかいません。

そのうちの3人は。


授業中に耳栓をしているそうです。


髪が長いから耳元がバレないのだとか。



…すげぇ。


ランキング投票です。続きを読む前に、投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

more...

ランバト。

ランバトとは、
ランキングバトルの略ですね。

ギルティギアXXスラッシュのランバトがありまして、
見物してきました。
その中で神業とも言えるものを成し遂げた方がいたので、
その話を明日の続きにでも。

問題集。

さて、
私のお友達がようやくスタートを切り始めたようです。

参考書を集めるのに悩んだり、
二学期から出遅れた分を取り戻すために予備校に行ったり、
結構、考えているようです。


…はてさて。
相談に乗るのはいいのですけれど、
私自身は受かるのでしょうか。


ランキング投票です。投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

天気。

突然ですが、どんな天気が好きでしょうか?


今日、予備校の自習室にいたのですが、
お昼ご飯を食べに帰宅する途中、
偶然にも散歩をしている彼女に会いました。


「雨降ってるのに、なんで傘差して歩かないんだよ」
「だって……」


人のことに関してはすぐ怒るクセに、
ホントに自分のことはどうでもいいようです。
心配している人の身にもなれってなもんです。


「これくらいの天気が一番好きだから」
「はあ?」
「肌で感じたいときがあるのっ」
「はあ……」


もう、結構長く付き合っておりますが、
未だに彼女の言動に首を傾げることがあります。

詳しく訊いてみると、どうやら、

曇りの日と雨の日の真ん中で、
雨は降っているけれども、
雨の量は少なくて、
傘を差さなくても充分行動できるけれど、
やっぱり、肌に雨を感じるくらい


の天気が好きらしいです。


ランキング投票です。投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

報告。

いやいや、日付を改竄するなんて見っとも無い真似は…。


夜、街さんがマジックのカードの回収に、
わざわざ来てもらいました。
いやはや、危なかった。
いえ、何せ、

10分前にメールを貰っていたのに、忘れてましたからね。


そのとき、自分の家にいた彼女と、
危うく彼女の家に行くところでした。
下手したら鉢合わせです。…セーフでした。


ランキング投票です。続きを読む前に、投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

more...

外眺。

近くで花火大会がありましたが、
想い出とは何の関連もないですので、
私も彼女も特に浴衣に着替えず、
ぼんやりと私の部屋のベランダから見ていました。

直接見に行くのも、
それはそれは良いことなのですけれど、
こういうふうに人との触れ合いがない場所から、
光の花畑を見るのもなかなか乙なものでした。

高望み。

夏休み前までに終わらせるものを予定だてていたのですが、
まったく終わりませんでした(/д\;)

気付いたら、あと一週間で夏休み。
受験の天王山と呼ばれる季節が始まります。

決してダラケずに頑張りたいです。

迎え火。

仙台でもやるのですけれど、
こちらのところではこの時期にやるので、
彼女の家で行いました。
私の祖父母の分もですが。


随分と暑くなってきました。
暑中見舞い葉書も届く季節になりました。
私も数枚頂いたのですが、
どれもこれも懐かしい方や、
顔も知らないけれど優しい方ばかりで、
私としては嬉しい限りです。


ランキング投票です。投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

御礼。

いつもお世話になっております、
彼女の家族にお礼を言ってきました。

改まってどうしたの?みたいな、
ぼんやりと頭にハテナが浮かんでいたと思うのですが、
日々の大切さと言いますか、
そういったことにお礼を言ったのです。


何気ない優しさって、
けれど、気づかれないようにするのって、
結構、簡単なようで難しいんですよね。


ランキング投票です。投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

疲れ。

二日間に渡る球技大会終了。

明日は学校だというのに、
カラオケやらなんちゃらでお疲れです。

ステップ。

球技大会がありました。
別に劇的なこともなく、
ほぼ予想通り。


ふむ、
無論、見事にウチのチームは負けましたが。


経験者0の私たちが、
経験者多数の他のチームに勝てるワケないでしょう。


ちなみに、模試が返ってきまして、
久しぶりにD判定を頂きました。
2年生のとき以来ですねぇ。



ランキング投票です。続きを読む前に、投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

more...

心拍数。

今日は、私と彼女の定期健診の日です。

正確に言うと、
病気―――というより、精神病なのですが、
その様子を見るために、
定期健診が一ヶ月に一度、もしくは二週間に一度あります。


最近、私もあまり体調がよろしくないので、
ついていって見てもらうのですけれど、
あんまり快復の傾向に向かっていないようなのです。
…や、そりゃ、いつもの生活から見れば、
別におかしくはないことなのですが。



とりあえず、
私の専門医というか、掛かり付け医というか、
私が行けば必ずそのひとが検診してくれる、
例えるなら、
髪を切りに行ったとき、同じ人が切ってくれるようなものなのですけれど、
その人はまだ私と十も離れていないようで、
結構若い、相当おかしな人です。


「そーいや、別室で彼女見てるけど」
「はぁ」


意味解らないことに、いきなり意味不明なことを言い出しました。



ランキング投票です。続きを読む前に、投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

more...

足許。

月刊ウンディーネが何故か、
アニ○イトで既に販売開始されていましたので、
買って読んでみたのですが、


この小冊子で1200円は高過ぎです。


が、天野先生の描き下ろしがたくさんありましたので、
まぁ、いいというコトにしておきます。
もっとポストカード欲しいなー。

願い事。

星に願いを、という天気ではない、
私の住む地域の七夕です。


さて、七夕のお話は続きにするとして、
事故のお話を少し。



今日、国号○号線で、
トラックが引っ繰り返る事故があったようです。
私が学校でテストを受けている間、
何の用事かイマイチ不明なのですが、
その国道を通っていたらしいのです。
そうしたら、その事故渋滞に直面。


「その事故ね、すごかったんだよ」
「なにが?」
「車の事故の状態が、だよっ」


あまりにすごかったのか、
いつもの彼女らしくありませんが…。
とりあえず、
その拙い説明を解釈すると、
どうやら、その場所と言うのが、
車道、ガードレール、農道の順になっていたようで、
そうしたら、その車は…。



「ガードレールがあるのに、ガードレールは無傷で農道に倒れてるんだもん」
「はあ、確かに、そりゃどうやったらそうなるんだろうね」



そうしたら、彼女は……。



「その車、走り高跳びでもしちゃったのかなぁ」


「はぁぁぁっっ!?Σ(゚Д゚;)」


な、なに言ってんだ、このお嬢さんはっ。
しかも、真面目な顔で考えてるっ。



…意味不明なトーク後、
そんなワケで、七夕の願い事飾りがスタートです。



ランキング投票です。続きを読む前に、投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

more...

苦手。

最近、
数学がだいぶ苦手になってきた気がします。

周りの方が勉強していて、
得意だからといって怠けていた報いでしょうか。


京大医学部に現役合格した方に、
不安になって訊いてみると、
夏休み中に模試がたくさんありますが、
そのときに結果をある程度残せておけば充分で、
今なんてE判定でも気にすることはない、らしいです。

問題はむしろ、解くためではなく、吸収するためと思って受けなさい、
と命令口調に言われました。


「ふぅん。で、結局、お前はどうゆう判定だったの?」
「ごめん、私、二年生のときから東大理三、A判定だったんだよね」


……ダメじゃんorz



ランキング投票です。投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

窮地。

正直、
この程度は窮地でも何でもないのですけれど、
取敢えず、
化学が相当厳しいのです。


定期終わっても、
連続で実力…。
今回は対策ゼロです(/д\;)

cielo。

Cielo。
というのは、8月30日発売予定の、
私の大好きで尊敬する漫画家の、
天野こずえ先生の第三弾の画集です。
Cieloというのは、「空」という意味のようで、
「Alpha」「Stella」「Cielo」と、
見事に何かを思わせるタイトルです。

PS2「ARIA The NATURAL ~遠い記憶のミラージュ~」は、
9月28日発売決定。
無論、限定版もありますが、
ちょっと値段が高いですね…。
サントラが付属するのはかなり美味しいです。
きっと買います。



さて。
デスノートのアニメ化、ゲーム化を今更知ったのですが、
あぁ、およそ一ヶ月前の話ですが、
どうなるのでしょうか。
声優に依りますが、
ヒカルの碁を見た限りでは、あまり期待できず…。
ゲーム化は何をするのか謎ですし。


……DSで、名前を書き続けるゲームか?ww



ランキング投票です。投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

カンガルー。

ふとNHKのローカル番組を見ていると、
私の市の動物園で、
カンガルーの子どもが生まれたようです。


「うわぁ……。かわいいね。いつ見れるのかな?」
「一ヵ月後みたいだね。……行きたい?」
「いいの? 夏期講習とかだいじょうぶ?」


いや、普通に忙しいですが。
予定を大幅に変更して、
8月初めに行われる学校でのテストに出席するために、
それ以降、仙台に行くことにしました。
19日帰還、20日に私の受験校のプレテスト。
あぁ、忙しい。

……が、確かに映っていたカンガルーは、
反則的に可愛いのです。
彼女だけではなく、私も十分に見に行きたいです。



むぅ、一生懸命、
予定を組み立てなければいけないようで。



ランキング投票です。投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

提案。

一向に有機化合物が暗記できず、
更に、明日のテスト範囲である、
メジ○ンを学校に忘れたと言う致命的なミスを犯しつつ、
ぼんやりとテレビを見ていると、
温泉という時期が何時なのか、
浅学な私は良く判らないのですけれど、
温泉に関しての番組があったのです。

「あー……」
「……なに?」


昨日のコトで、色々話しづらいのですが、
右手をアゴに当てて溜め息混じりに話すので、
ふと訊いてみました。


「温泉かぁって思って」
「行きたいの?」
「うぅん、そうゆうわけじゃないんだけど」


いや、行きたいでしょうに。
何処かに行きたいと自分から言うときは、
動物園と映画館を除き、
服を買いに行くときでさえ遠慮するので、
大体、予想がつきます。


とはいえ。
二人で行ったって、
勿論、性別が違うわけですから、
結局は意味ないんですよね。


あぁ、いや。
混浴にしたいってワケじゃないのですが。
うん、違うと思います。
いや、待て。
決して、彼女の体に興味がないというワケでは。
待て、やっぱりこの発言も危険だぞ。




なんてフワフワした妄想で格闘していました。


そうしたら、このお嬢さんは……。



ランキング投票です。続きを読む前に、投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

more...

プロフィール
メールアドレス aria_0130☆yahoo.co.jp

Author:跳水
平凡な毎日…ではない気がする
フツーの大学生の物語。
性別:男。
趣味:ゲーム、読書。

読書
跳水未菜の最近読んだ本
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
応援中
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
「はつゆきさくら」応援CHU!! 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。