スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chrno Crusaders。

【Chrno Crusaders】=【刻の聖騎士】



タイトルは、最新作でのショートストーリーのタイトルから。
ミゼルのエンディングに一番大きく関わってくるシナリオですよ。たぶん。今のところ、ヒカリの言葉が大きく変わる予定。
冬に出すって言ったけど、コミケ行かないし、製作も進んでいないので、
来年の夏になりそうです。ほんと、すみませんです。
だもんで、もう作り終えているOP・EDだけ、冬に販売するかもしれません。




先にニュース。

■冨樫義弘『HUNTER×HUNTER』 1年8ヶ月ぶりに連載再開
495と529に死んだwwwwwwwwwww
10月4日、単行本24巻発売予定。
10月6日、ジャンプ連載予定。
だが、オレは実際に連載が開始されるまで信じない。




ニコニコ。




いや、もうね…。突っ込むのも面倒だわ…。
自分がつけられたときのコトを考えていないんだろうか。
オレは、かわいい名前をつけるぞー。特に女の子ー。ネタとかじゃなくてー。




昨日、オレが書いた記事で、二ノ宮くんを実際に買ってくれた人がいた。
とんでもなく嬉しいのだが、ちょっとした不満は共感できる。


↓伏字。ちょっとしたネタバレだが、大したことない。たぶん、携帯だとスケスケ。背景が水色だからね。ごめんよ。


いくら生きるのに必要だからって、ヒロインが近親相姦ってどうよ?


…まぁ、確かに。
いくらなんでもこの設定はどうかと思ったが、
いつかこの代わりが二ノ宮くんでもなく、オレになると信じて…。

死んでこいよオレヽ(´▽`)/






でも、高苗さんの絵は無敵だと思うんだ。そこだけは共感してもらった。みんな嬉しいわあ。








二日連続で惚気とも言える日記を書いてきたので、
ついでに今日も書いてみることにする。
こんなコトが続いている私は、本当に幸せ者だと思うのだけれど。
嗚呼、それはきっと。



今日、昼頃ににわか雨が降った。
短い時間だったけれど、随分と強く降っていたので、
洗濯物を取り込んで、ぼんやりと窓を打つ雨を眺めていた。


「私、雨って好きだな」
「いつも言ってるな、それ」
「うん。…あ、でも、夕日を見るのが好きだから、夕方には晴れて欲しいな」
「贅沢者で幸せ者だね」
「そうだね。生まれてから18年、病気がちだけど、今も昔も幸せだよ」
「…そ。それならよかった」


そんなコト言っているうちに、雨が上がる。


「お。これもお前が願ったおかげかな」
「そうかもねー」
「虹も見えるぞ」
「あ、ほんとだ。願い事したらもう一つくらい叶うかな?」
「そりゃ流れ星だろ?」
「七色だからお願い事が叶いそうじゃない?」
「…まぁ、理由はなんだっていいけどさ」


叶うと思うんなら、叶うんですよ、きっと。
伝承なんてどうだっていいと思いますし。




で、ゲーセンに行く。

ソルが倒せない~♪

や、街さんのだけど。なにあのGVとかVVとかwwwwwwwwwww
肉も対策しないとなぁ。さすがにJHSだけじゃキツいかあ。


「スタンレイズ置けよ」
「えー、めんどくさい」

「前歩きだけでこんなにテンション溜まるわ」
「性能クソっとるね」


とりあえず、スレはクソ性能なのはガチ。
本当に巧い人はいるものだけれどね。



で、別れたあと、駅に向かう。
従妹が名古屋で仕事らしい。なので、家に泊まるコトになっていた。

オレの家まではわかるから、迎えに来なくてもいい、とか言ってたけど、
どうせゲーセンにも寄る予定だったし、コトのついでで迎えにいった。
帰りは、二人乗り、ではなく、二人で歩いて帰った。ほんとだって。ウソつかないあるよー。



名古屋で仕事なんて珍しい、とかなにやら話しているうちに夕食に。
はん、どうせこっち来るって言っても、
オレの家じゃなくて彼女さんの家だからな。
なんでだ。なんでこの人の家はこんなに出入りが自由なんだ。

酢豚・アサリの酒蒸・赤貝のお刺身・生野菜のサラダ

の4品である。うぅむ、このメニューは珍しい。
お客様…とはいえ、っぽくないけど…が来ているのに、
あまり高級感が溢れるものではなかった。
や、美味しいからいいんだけどさ。うまうま。
美味しいものを食べられるのは、本当に幸せなことなのです。



彼女の仕事というのは、声優の仕事らしい。
最近、大学に入って声優の仕事はやめていたけど、
夏休みに入ってから少しだけ始めたらしい。

ふぅん…知らないなぁ、そんなトコ。
メインヒロイン担当らしいけど、どうなんでしょうねぇ。
ちなみに、18禁じゃないですよ、うん。そんなん、オレが許可しないもん。








話は変わりますけれど、
私が彼女さんと付き合うとき、触れるのが異常なまでに怖かった覚えがあります。
それは、恥ずかしいとかそういう感情もありましたが、
それだけじゃなかったような気がしないでもないです。

そうですねぇ、それまで、女の子とこういう風に接したコトがあまりなかったもので、
今の彼女さんの前に付き合っていた女の子とは、
ここまで、なんと言いますか、ううん、言葉は難しいのですが、
仲がよくなかった、とでも言いますか、微妙な表現ですけれど、
そんな感じだったので、手をとったりするのが慣れてなかったというのが、
一番、正しい表現ではないでしょうか。


や、今でも慣れていないですけどね、私。



自分の信念として「悪いコトはしても、格好悪いコトはしない」と決めているので、
鶏口牛後の如く、なるべくなら大きくなってやろうと思ってはいるのですが、
そこは現実的に物事を捉えてしまって、難しいものがあったりするのは、至極当然のことだろうと思います。
…と思っているうちは、一生無理だろうと、自分で思ってはいるのですけれど、
世知辛い世の中でありますから、そんな簡単に物事が進むことはありえないと思っていて、
そんなことで私の頭はループしてしまって、時折、ワケの分からないコトで眠れなくなってしまうことがあったりなかったりします。


恐らく、先ほどの例と同様に、
慣れてしまえば、大きな物事の後ろに臆することなく、
小さな物事の先頭に立って失敗しても立ち上がっていけるのだと思います。
なので、結構、高校生くらいから相当な無茶をしていたりします。
だって、大人になったら、そんなガキくさい理想を聞いている暇なんてないからです。
大変で堅苦しいのがお好みのようですから、彼ら。
















ちなみに。



伏字で二ノ宮くんに興味持った人は死んだ方がいいですよ?(はぁと)



スポンサーサイト

Standby Ready。

【Standby Ready】=【スタンバイ・レディ】



意味に気づいても画面の前でニヤニヤしててください。
ダメよ、意味を言っちゃあ。




VIPマリオ3終わったあああああああああああああ

長い旅だった…


がんばったよ、オレ…。
なにこの無駄なクオリティ。ちょっと桁違いに難しい。
キーボードでやると死ぬので、PC用のコントローラー持ってる人はやってみてくださいな。




個人的に「REC」というマンガが好きです。

ベタな出会いをして、ベタな恋愛をして、ベタな喧嘩な理由で、ベタな成長を繰り返して。

ヒロインが声優だというコトを除けば、
ベタすぎるお話である「REC」が好きです。


…別に絵が好きとかじゃないんだけどね。むしろ、苦手な方なんだけど。
なんで好きなのかしら。あーゆうベタな展開が好きなのかしら。





ちなみに。

絵描き、イラストレーターとして、一番好きな人は、高苗京鈴さん、という人です。

この人は、オレの中では、神と認定されています。
尊敬というか、崇拝に近い念を抱くほど好きです。

二ノ宮くんシリーズやひぐらしシリーズ(マンガじゃないほう)の挿絵とか描いている人です。

驚異的に絵が巧いです。いつかサインもらいたいなぁ、なんて。
二ノ宮くんのアニメにゃ期待してますよ。
オレだけかもしれんが、あらすじ読むだけでニヤニヤする。
下にあるイラスト、マジで巧くね?



マンガとか見てても、
絵が嫌いでも話が好きって人いるよね?
その逆も然り、話は嫌いだけど絵が好きな人もいるよね?

結構、多くマンガを見続けてると、
そういうマンガに出会ったりすることがある。

そんなとき、どうしようかいっつも迷う。切ろうか、続けようか。

あまりに絵が酷い場合は除いて、
基本的にオレはシナリオ重視の人だから、
絵が嫌いでも見る場合が多いのだけれど、
本当に酷いときは、切っちゃおうと考えることもある。

「最終兵器彼女」とか、本気でスレスレだったな。

彼の絵、本気で嫌いだもんね。一巻見て切るところだった。
買ってよかったと思ってはいるけれど。









BLADE買ってきた。
3期決まったのに案外、ブレイド本誌では騒いでない様子。
なんでかなぁ。すごい楽しみなんだけどなぁ。



「ほい、ARIA、またアニメやること決まったって」
「ほんと? へえ」



買ってきたブレイドを渡す。
表紙は灯里の大人っぽい様子のカット。



「ねえ、灯里って15歳だったよね」
「…? そうだったと思うけど」
「それにしては、胸、大きくない?」
「そ、そうかもね」



…い、いかん。

昨日言ったばかりの、デンジャラスゾーンに自ら踏み込んでいる…っっ!!

やめてっ。
被害を蒙るのはオレもなんだからっ。


確かにデカいと思うけどっ。
オレも買うときびっくりしたけどっ。




「や、マンガはマンガだし。実際とは違うんじゃないの?」
「…そうだよね。マンガと現実は違うよね」
「そうだよ。気にすることないって」
「別に、気にしてないもん」



むぅ、と睨んでくる。
左手を胸に当てながら言っても、なんの説得力もないんだが。

…つお。なんでこんなコトに…。
さっさと話題変えればよかったー。えぐえぐ。




「そ、そういえば、今日の夕食、何か食べたいものでもある?」
「あれ、今日、作ってくれるの?」
「たまにはな。で、なにか?」
「特にないよ。好きなものをどうぞ?」




…料理決めるときに、一番困る返答が「なんでもいい」なんだけどなぁ。
いつも料理には満足してるオレらだから、
何か食べたいものといっても、満足している以上、指定して食べたいものが見つからないのである。




昨日は寿司だったか。じゃあ、今日は肉と野菜をメインにしようかしら。


「…そういえば、お前。ピクルスって食べたことあったっけ?」
「あるよ。きょーくん嫌いだから、いるときは出ないけど」
「ハンバーガーに入ってるのとか、絶対に食べれんもん、オレ」
「食べたことないからわからないけど…」






…そうなのです。


オレは、「カップラーメンを食べたことないのはおかしい」と、散々に言われてきたけれど、
こいつは、マクドナルドで食事をしたことがありません。
恐らく、限りなく少ない人間だと思われます。



モスバーガーは、オレに連れられて何度かあるんだけど、
マックはどうもダメらしい。行く気にならないんだとか。
モスは美味しいものね、うん。てりやきとか超好きよ、オレ。
ただ、時間がかかるのがネック。
だが、美味しければよし、というのがオレらの意見なので、
特に問題はないのだとか。栄養的にも彼女の許容範囲内らしい。



どこかに出かけたとき、
マックというのは、全国チェーンだから、見知らぬ場所に入るよりも確実なのだけれど、
彼女がそれを許さないので、美味しそうな店が出現するまで昼はお預けになることが多いです。

…どうにかならんかなぁ。
そんなにマズいかなぁ、マックって…。






時に対応に困るよね、箱入りのお姫様って。


4年間付き合っている今でも、彼女の言動には困りものなのです。



Welcome to a dream tea party。

【Welcome to a dream tea party】=【ようこそ、夢のお茶会へ】



某CDのコピーより。一般販売おめでとうありがとう。




/オマケ

D.C.Ⅱ、再うp完了。

D.C.Ⅱは、こちらからどうぞ。

passは「オレの一番大好きなマンガのタイトル4文字+“s”」。


これで普通どおりにいけると思います。
いつアニメ放送かしらねー。本編の時期的に冬?



リトバスの音楽集みたいなものは、
千葉に置いてきちゃって元がないです。すまんねー。


/ニュース

■総務省や文科省もWikipediaを編集していた 「WikiScanner」日本語版で判明
>厚生労働省からは「薬物」などの項目で編集があったほか、アダルトゲーム「ななついろ★ドロップス」の項目で解説も書き加えられていた。
これは美しい日本ですね^^
それにしても、ななついろ、どんだけ人気なんだwwww


■千葉県民マジで?!
千葉県に住んでるけどマジで?!
そういや、ウチの高校も結構特殊だよね。


■格ゲーってなんでこんなに廃れたの?
オレが思うに…。
/クレジットが高い。カラオケみたいにフリーがあるところが増えて欲しい。
/初心者専用とそれ以上専用の筐体に分けるべき。初心者だと分かる場合、入らないようにしてるけれど。
/オンライン非対応。他のゲームはオンラインが多いのに。ラグとか施設、資金の関係なんだろうか。誰もいないと入らないよね。
とりあえず、オレ以上のプレイヤーは、
オレレベル+5くらいに退化して欲しいね。天才は一部でいいよ。


■声優の千葉紗子さん、30歳の誕生日に結婚を発表
おめでとうございます。
そういや、最近、周りで結婚する人が多いなぁ。
愛で夫を撲殺しないようにしてくださいね。
355に吹いた。水樹さんは1980年生まれだから、30になるのは2010年か。
そろそろ誰かと結婚してくれないかしら…。


■11月2日の「東北大学祭」に、荒木飛呂彦先生が講師として参加決定!!
う、うわあああああああああああああああああ
去年、受かっておけばっっっっ。


■ファイナルファンタジーIV』の最新画面写真を公開!!
3Dフルリメイク。
FF4はラスボスの強さが印象的。





ニコニコ見てて気づいた。
市場が、市場のランキングの一位が、何故かマトモだ…!!!111!!
や、ポルノ好きだけどさ。ニコニコじゃねーよ、こんなの。
しかし二位あたりからいつもどおりに。らき☆すた強いなぁ。

音楽といえば、スキマスイッチのアルバムを買った。
基本、アルバムは借りずに買う派の人なので、
家にあるCDはアルバムばっかり。シングルはちょこちょこあるけど。
“奏”が個人的にスキマスイッチで一番好きな曲なんだけど、
どうなのかしらねぇ…。名曲揃いなのですよ、彼ら。



メイト行っても、何故か、ブレイド置いてなかった…。
明日発売だからあると思ったんだけどなー。しかも、未だに9月号が置いてあるっていうね。
なんか、ARIAのクセに表紙がエロい…。orz
ARIAは狙わなくていいんだよー。狙われると読者が困るんだよー。困っちゃうんだよー。











3時のお茶会にて。
もう直也は東京に行っている。



「あれ、これ、葉っぱ変えた?」
「あ、うん。よく気づいたね」


紅茶を飲んでいて気づいた。少し苦い。ちなみに、お砂糖はひとつ。
コンビニとかで売っている紅茶は、甘すぎて好みじゃない。レモンティーは別だけど。


「100gあたり20円くらい高いんだよ」
「ふぅん…。なんで変えたの?」
「なんとなく。高いとこのクッキーにあうかなぁって」
「にゃるほど。じゃあ、なんでクッキー作ったの?」
「なんとなく。喜んでくれるかなぁって」
「…そりゃどうも」


相変わらず、嬉しいことを言ってくれるお嬢さんである。
にしても、ウチのアリアは、野良猫なのにもかかわらず、
彼女さんが甘やかしすぎたせいか、やたら高級なものをねだってくる。が、どういうワケか太らない。
このぬこめ、柔らかいからって彼女さんの膝の上に乗っかってんじゃねーぞ。
おおいっ、胸に抱かれてんじゃねーよっっっ。
凹凸がなくてスベスベしてるからって…。
胸とスリーサイズと下着のサイズについての話題は地雷である。地雷なのに核爆弾。
したがって、口には出さない。出せません。




テレビのニュースを見ていると、
教員が中学の生徒にわいせつな行為をしたとの報道が流れてきた。
彼女さんは夕飯を作っていて、オレとおばさんだけがリビングでのんびりとしていたら。


「バカだよなぁ。やるほうもやらないほうも。全員がこうじゃないにしても」
「でも、こういう問題起こすのって、いっつも体育教師だよね
「………そ、そうね」


その、すごーい答えづらい切り返し。
たぶん、そうだろうけれど。なんでかね。


「そういえば、あの子ね、さっききょーくんが出てるときに、夢について話してたんだけどね」
「ほう。なんて言ってたんだ?」
「それはねぇ…」
「お母さん、そんなことより、お皿と箸を出すの手伝ってよ」


…どうやら、恥ずかしいらしい。なんじゃ?
むぅ、と唸っている間に、リビングに料理がどんと乗った。

ぬお、何故に散らし寿司。や、匂いで気づいてたけど。
お、オレの大好物である“さば寿司”もあるじゃねーか。
美味いよねぇ、さば寿司って。しかも、このさば、厚いし。じゅるり。


「それでね…」
「いいよっ。その話はっ」
「…なに?」
「あう、恥ずかしいから…」
「や、想像つかないんだけど…」


看護士になるとかじゃないっぽい。
他だとどんな夢があるのかしら?


「この子、お嫁さんになりたいんだって」
「ほう。そりゃ、女の子なら誰でも抱く願いだろうな」
「案外、具体性があるんだよね、それが」



…………。




………。




……。




…。




あ、そういうコト。

子どもの頃に「ステキなお嫁さんになりたい」って書く女の子と、
彼女が言っているこの夢は、現実性に違いがありすぎるってコトね。



ああ、そう。

だが、ここでオレはどう反応していいのやら。





このあと、どんなコトを言ったのか。




それは、また別のお話ということで。


The end of Wind。

【The end of Wind】=【風の終わりに】



かわなにキャンプ行ってきた。
公式ページにオレらが載っているというワナ。



レス

>優くん
いやはや。オレ的ランクは…。
クド・鈴・小毬・美魚・葉瑠佳=姐御
とかだと思うんですよねー。


とりあえず、先にニュース。



■「ARIA」TVアニメ3rdシーズン「ARIA The ORIGINATION(アリア ジ・オリジネーション)」制作大決定!
キタァ━━( ゚∀゚ )━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━( ゚∀゚ )━ァァ
OVAに引き続き大期待。恐らく、来年の春からかと。
それにしても、普通のアニメで3rdシーズンってどんだけよ。
ARIAの人気が伺えますねー。BLADE買ってこよう。二ヶ月連続で休むのは酷いぜ、天野先生。

下のほうのスクイズPS2化決定について。
PC版じゃないと最後の方はどうだかなぁ。てコトで保留。



以上。ARIAのコトが言いたかっただけ。





/一日目

紆余曲折があり到着。
山の中だから涼しいと思っていたらとんでもなく、それこそ、とんでもなく暑いのである。
じりじりと焼かれながら山道を歩く。
到着すると、見覚えのある顔が出迎える。
…むぅ、確か、こいつは中学時代の……。

「おう、久しぶりだな。S中学の奴は他に来ないのか」
「あ、やっぱりですか。どうも、久しぶりです」

理科の先生。嫌いではなかったが好きでもなかった。
偶然の再会、どうやら教育委員会だかに飛ばされたっぽい。

着いたら早速晩御飯の準備。とはいえ、オレはご飯の薪をくべたり見ていたりする係り。
え、だって、野菜切ったりするの面倒だし。切り方、みんなと違ったし。


で、たまねぎの量を間違えたらしく、
鍋いっぱいのたまねぎを切ってしまう。
ううむ、たまねぎ:他の野菜=9,7:0,3ってどういう割合。
仕方なく、鍋の量を増やしてもらって、4つの鍋で分けることに。
だが、それでもたまねぎの量は衰えることを知らず、
すべての鍋で7割以上を占めることに。いいけど。
でも、夜・朝・昼と3食すべてあの量のカレーを食い尽くしたので、
もう2ヶ月くらいカレーはいらんです…。最後のルーだけ食うとき、マジで吐くかと思った。

キャンプファイヤー開始。
8人でしか行かなかったのに、なんとも豪華な会場。
恐らく、浜松市の小学校であれば、かわな野外活動センターってトコに行って、
誰かが火の神とかいって入場シーンがあったり、歌を謡ったりした思い出があるハズ。
あの広大な場所を8人で独占。
その上、8月の終わりということで、小中高はすべて学校が始まる時期に近づいているので、
もう誰も来ないことになっていて、電気代その他諸々の関係で、
宿直を切る、との素晴らしい提案により、本当に無人になっていた。
恋愛話になったり、学校の話になったり、夜空の話をしたり。
空に浮かぶ孤独の真ん丸の硝子が、ひっそりと光の海に浮かんでいる。

男:女が6:2で、シャワーのお湯が出る箇所が3箇所しかなかったので、
男は半分に分かれ、女の子は二人で入ってくることに。
で、オレは先にいただくことに。
あがったあと、テントでのんびりとしていると、女の子たちが入ってくる。
つーか、寝るとき以外、大体、ウチらのところにいるのが前提で話を進める。
薄暗い中、懐中電灯の明かりだけでババ抜きを始める。
究極の読みあい。このゲームは早くあがるのが目的ではなく。
自分がジョーカーを持ち、その中から相手を如何に言葉だけで引かせるか。
神がかった勘と運、思考を持ち合わせた人が勝利者である。
寝たのは2時ごろだったかしら。6時起床なんだけど。


/二日目

朝5時。

「…寒」

これこそゴッサムである。
確かに、昨日、担当の人たちが「明け方は寒い」と言っていたが、
ここまで寒いとは。というか、寒いので目を覚ますのは初めてのコト。
みんなして5時ごろ起き出す。や、本気で寒い。毛布借りなきゃ死ぬところだった。
で、朝からカレー。ルーのあまり加減から考えて、
ルーとご飯を7:3にしなきゃいけないという過酷なワナ。
9時から沢登を開始、なんだけど、最初の1時間ほどは沢よりも山登り。
うぐぅ、このもちもちぽんぽんな腹じゃあキツいぜー。
でも、意外と筋肉痛にもならなかったんだなぁ。なんででしょう?
最初の方から男連中は水浸し。
ぬはー。熱いまでのこの大気、この水の冷たさは心地よい。
で、帰り。時間が一時間以上も余る。
さて、どうしよう、と考えたところ、誰かが言った。

「この下り坂、中央広場までグリコで帰ろう」

アホだ。ウチのクラス、マジでアホ。
50分以上にも及ぶ、壮絶なグリコで1kmほどの坂を制覇する。体力の無駄遣いである。

で、昼はカレー。もう死にたい。つーか、このペースで食い続けていくと、
リアルでリバース・エンドになってしまう。バスの中でのリバースは避けたいところ。
終わったー。バス停どこー。
近くのおばあちゃんに訊いてみた。

「あの、バス停ってドコですか?」
「伊平に行くのかい?」
「ええ」
「じゃあ、そこの工場がバス停代わりだよ」
「バス、停まってくれるんですか?」
「手を上げればだいじょうぶだよ」

えー。マジでー。バス停がないってどういうコトよー。
バス停がないバス停なんて初めて見た…。恐ろしいほどの田舎である。
でも、空気が澄んでいて、ゆったりとした生活が出来そうな場所だった。風の憧憬である。





あぁ、もう一回くらいキャンプしたいなぁ。
人数はこれくらいで。多いと面白くない旅である。




さて、おととい、昨日の分の日記。
今日の分の日記は、また夜にでも。



You are alone,two people in me。

【You are alone,two people in me】=【君はひとり、僕でふたり】



一個前の記事で、書かないとか言ったような気がする。
でもそんなの関係ねぇ!

あれ、そういや、僕の友人がもう一人興味を持っていたような。しかも、メールするって言ってたような。
その人は普通の人で、リトバスとは関係がない気がするのだが。
でもそんなの関係ねぇ!




リトルバスターズ、Refrainが終わった人が増えてきたので、
OPのコトとか、纏めとか色々。

あと、要望があった、リトバス音楽集、みたいなもの。
決して、データから吸い出したとか、そんな禁忌はおかしていない。
明日明後日行くキャンプから帰ってきたらうpしますので。
D.C.Ⅱも。弟くん、もうちょい待っててね。
オレと好みが合う君なら、きっと音姉のよさを理解してくれるハズだっっ。


リトバスのサントラ発売されたら買うしかねーだろうなぁ。

でも、今月のお給料は60万越え。
依頼した人の振込みが、ボーナス払いであったりすることが多いので、
この時期は溜まってお金がもらえるのですよ、うん。




続きにてどうぞ。


リトバス未プレイの方の閲覧は禁止。


more...

Pray for moon。

【Pray for moon】=【月に願いを】



英語の文法云々はともかく、昨日は朱い月が綺麗だった。



何を願うか。

あぁ、帰っても、さっさと寝ててくれないかなぁ、とか。





時間軸を昨日に戻し、話を進めることにする。

24時過ぎ、ザザの前に人は少ないものの、
夕方よりも多い有楽街の人口の多さに驚く。うぬぬ、呑んでフラついてんじゃねーぞ、にーちゃん。


で、迷い子をオレの家を通るルートで分かる道まで送っていくことに。


着信:00時06分
先に寝るね。なるべくはやく帰って寝てね。気をつけて帰ってね。

返信:00時10分
すぐ帰るから、先に寝てていいから。




で。


寝てるハズの彼女さんから。



着信:01時16分
気をつけて帰ってね。




……あぁ、画面越しからでも分かるこの立派な殺意。
どの選択肢を選んでもバッドエンド&死亡フラグ。好感度うpはできなかったのかー。
フラグマスター跳水の名折れである。



返信:01時28分
事情があって友達送ってるから、もう少しかかる。

着信:01時29分
うん。気をつけてね。




メール返ってくるの早すぎ。携帯壊さないだろうか。
しかも、というか、何故に今まで起きている。
以前に、何故にオレの家にいつのかすら理解できないのである。

だって、来る前に。

「呑んでくるから先寝てていいからね」
「うん。じゃあ、また明日ね」

と言われたハズである。
常識、自分の家にいると思っていた発言なのだが、
オレが日をまたいでも帰ってこないことを、どうやって知ったのかは不明だけれど、
とにかく、待っていることにしたらしい。意味わからん。

このとき、ゲオの近くであったから、
家までチャリで爆走して7分ほど。
家に帰宅したのは1時45分頃だっただろうかしら。




…あれ、予想に反して、怒声が飛んでこない。

点いていたのは、玄関と洗面所の電気のみ。他は真っ暗。


おっかしいなぁ、と思ってリビングに行ってみると、
ソファーで横になっている女の子。




「………アホだ」




ため息をつかざるを得ない。アホすぎる。
こんなクーラーききっぱなしのところで、布団もかけずに寝ていたら、
風邪を引くに決まっている。
理由なんて分かっていたから、どうにも理不尽な気持ちで電気をつけて、クーラーをタイマーにする。


布団を敷かないといかんのだけれど、
生憎、布団をしまっているところは、既に両親が就寝中である。
というか、親、こいつを残して寝るな。
突っ込む前に考える。

普通、彼女が家に泊まるとき、
朝6時に起きるのが、ウチの母親と彼女さんなので、
リビングの床に布団を敷かせてもらって寝ると、
みんながぞろぞろと起きてきてもなんの障害もなくなるのだけれど、
今は、そういうワケにもいかないらしい。


で、とりあえず、自分の部屋に行ってみた。
電気は点いていなかったけれど、すぐに分かる。
布団が敷いてあって、クーラーつけっぱなしっていうね。
泣きそうだぜ、オイラは。

オレは寝る場所に困らない人間なので、
というか、やろうと思えば立って寝ることも可能であって、
したがって、彼女さんを布団に運ぶことに。
うぬぬ、こんな簡単に寝顔を見せるなど、なんと無防備。
しかも、通称:お姫様抱っこ しても、起きる気配がないというあたり、
彼女さんにもオレにも都合のいい性質である。


で、オレはどこに寝よう。

考える前に、オレの部屋のクーラーもタイマー設定して、
風呂に入ることにする。で、飲み物飲んで部屋に。


そして自覚。フラグ立ってる。だが断る。


オレの部屋には、布団を敷いても、微妙な隙間ができてしまう。
もう一人分くらい、小さい人なら横になれるのだけれど、
いくらなんでもオレじゃあ、サイズ的にも道徳的にも無理である。
つーか、隣に寝ていると意識したまま寝れるほど、オレは人間とオトコができていないのである、まる。



で、座って寝ることにした。まぁ、ぶっちゃけ楽勝。






機械仕掛けの音で目が覚める。携帯から鳴り響くアラームの音。
ぼんやりとしたまま目を開け、ピアノの上の時計を見てみると、
午前6時という、ちょっとありえない時間。

起きる気もなかったので、そのまま目を開けたままのんびりとしていると、
さっき出て行った彼女さんが戻ってきた。
座ったままのオレの目線にあわせるようにしゃがみこむ。
寝巻きのままだというのは、結構、見慣れていたりするので、
いまさら興奮するようなシチュでもない。


「おはよう」
「…ん、おはよう」
「私、なんでここで寝てるの? 運んでくれた?」
「ん、そんなトコ」
「そっか。ありがとう。…それより、昨日何時に帰ってきたの?」
「1時40分くらい」
「…言い訳は後で聞いてあげるけど、とりあえず、罰を受けてもらおうかな」
「………なにゆえ」
「朝ごはん、一緒に作ってほしいな」
「……すっげぇダルい」
「文句を言える立場じゃないよ…。いいから、手伝って」
「んー…」



眠い。寝たい。



「朝日に当たると溶けるんだ」
「どこの吸血鬼なの、それ…」
「…ん、手伝う」
「ありがとう。…久しぶりに一緒に朝ごはん食べられるね」
「そうね」




レースのカーテンから差し込む日が眩しくて、涙が出そうになる。
そんな風に言い訳しておくことにする。




いやはや。
いまさら自覚した。




こいつ、マジでいい奴だわ。




ノロケとかじゃなくて、客観的に見てもいい奴だね。




アホなくらいいい人で、時折、釣り合わないなぁ、とか思うけれど、
まぁ、この関係が続く限り、それが終わってほしくないと願う限り、
なるべく一緒に居ようと思います。




「ああああああっっっっ」
「どした?」
「きょーくん、昨日、帰ってきてからも呑んだでしょっ!!!!!」
「き、気のせい、デス」
「だって、おじさんの分も缶、全部洗ってまとめたのに、洗ってないものが置いてあるもん!!」


なに余計なコトを…ッッ!!

風呂上がりに呑みました。缶ビール2本。
サーセンwwwwwwまだ呑み足りなかったんでwwwwwwww



「きょーくん、そこに座って待っててねぇ……!!」
「…はい、スイマセンでした……」



違う意味で結局怒られていた…。





アホだね、オレは…。





…リトバス纏める気なくなった。




キャンプ帰ってきてからにするわー。


The world two people exist together only exist。

【The world two people exist together only exist】=【二人が一緒ではない世界なんて存在しない】



FFCCRoF、ユーリィのセリフより。
しかも、昨日のチェリンカのセリフ間違ってた。
なんという姉弟愛。
同じ家族構成であるオレからして見れば、嫉妬するほどカッコいい。



レス

>リッチー
テイルズウィーバー面白かったんだけどなぁ。
MHF面白いあるよー。オススメ。
ただし、9割ほど廃人になるくさい。



朝起きて、ハヤテのゲームがアマゾンから届く。
ううむ、結構、デカい。
だが、最初からマリアさんエンドフラグは立たない様子。絶望した!!

まぁ、ナギとヒナしか全クリしてないので、
まだレビューは後ほど。なんかやるのが面倒だし。

で、昼ご飯を食べに二人で一緒に彼女さんの家に行くと。






「よっ、お邪魔してるよ」






ええっと。






どう反応すればよいのか。


というか、ここがドコだか分からない。







「直也、テメェ、なんでここにいるんだ」



「ノリ」










…うーん。


ウチのサークルの連中って、本当にすごすぎるんだが。



ノリで三重からここには来ないと思うんだ。



オレの家ならともかく、しかも、オレの彼女さんの家に、
ノーメールノー着信で来るあたり、相当、つーか、異常なまでの腐った根性していると思われる。

や、おばさんも凄まじいほどの図太い神経だな。
ふつー、自分の娘の彼氏の友達なんて遠い関係、
本人に許可取らず、招き入れはしないだろ。

しかも、入ってきた、本当の家族であるオレらですら驚くほどの溶け込み具合。
ぐ、おばさんのフレンドリーさも異常だとつくづく思うが、
病気の都合上、友達が少なかった彼女さんに、
友達を多く作ってあげようと、この家に招き入れてしまったオレのせいにゃのかも。
うぅむ、だが、彼女さんも彼らの人の良さを受け入れてるようだし、
本当に知り合えてよかったと、告白されたこともあったので、
やっぱり、会わせてよかったなぁ、と思う。

だが。


知り合いは 誰もがどこか おかしいです ←結論






ギルティをやってみた。こいつとやるのは久々だった。


ウチの彼女さんも参戦。おおう、珍しい。デズとロボ使ってたり。





そして、オレは衝撃的なシーンを目撃する。





ロボのレベル3空ミサ



直也がランダムで選んだジョニーがとった行動。



ピン、ドーン……





????????????????






目を疑った。







この男、コインでレベル3空ミサを潰しやがったwwwwwww


やべーぞこいつwwwwwwwwwwww





レベル3空ミサがばらける前に、コインで撃ち落とすギルヲタ直也。
ギルティに対するやりこみは、正直、異常だとしか思えない。
格ゲーセンスは神。動体視力異常。
聖ソルのリボルバーLv3、何度やっても直ガされるっていうね。で、二段目スラバ。
ちなみに、2HSだとスラバされる。
確かに、見れるほどの時間はあるものの、普通はやらない。





小川が闘劇で見せた、ドリルで分身をガードする、という神業も、





「あぁ、見てすげぇと思ったから真似した」





真似、かあ。

できても、実戦でそう簡単に使えるレベルじゃあないんだが。



実際、カイの空中スタン、まちゃぼーと同じようにガードされたし。







「で、お前、何しに来たの?」
「ん、タダの東京見物のついで」
「早稲田の連中と会うのか?」
「そんなトコ。明後日いなくなるから安心していいからね」
「何を安心すればいいのかまったくわからないが、ゆりと違って確実に消えてくれる日が決まってるのはありがたい」
「直也くん、帰ってきてからもいてもいいよ」
「いや、迷惑だからいいよ」
「今も迷惑かけてるの自覚してないだろ」
「お前、こっちに帰ってきてからほとんどこの家に泊まってるクセに」
「うるせーよ」
「あ、そういえば、明後日までお邪魔します」
「うん、こちらこそ」


えー、いまさらかよ、と突っ込む前に、
彼女さんが普通の受け答えをしてしまった。

なんなんだ、この連中は。
いや、会話が二人で成立しているし、おばさんも笑いながら見ているところから、
オレがおかしいのか、あれ? 普通なのはオレじゃね? あれ?






久々にカオスな日常。

楽しめないが、楽しもう。おやすみ。


As for any dimension, I believe you。

【As for any dimension, I believe you】=【例えどんな次元にいたって、私はあなたを信じてる】



FFCC RoF、チェリンカのセリフより。



今作、FFCCRoF、個人的に、実に良作だと思うのだが果たして。
全クリしたけど、さすがに強くてニューゲームはなぁ。
入手できるレシピが高度になってるらしいんだけど、
ちょっと謎解きをやり直すのが面倒じゃね?


前作のGC版FFCCは、一人でやっている感がどうしても否めなくて、
瘴気システムも面倒くさかったのだけれど、
今回は不満点を解決し、さらに発展したものとなっているため、
オレとしては、超がつくほど満足。
や、だって、最近のスクエニは、
リメイクばっかりで調子乗ってるからさ。
ちょぉっとは地雷かと思ってたのよね、うん。



シングルモード。

や、普通に面白い。
主なモードはマルチプレイだと思われるが、
決して、シングルモードのシナリオが手抜きであるわけではなく、
ある程度のものが作られているところは高評価。でも、内容の重みはイマイチ。
シングルモードのみだと、ボリュームはかなり少ない。10時間程度で全クリ可能。
キャラクターデザインは、恐らく、前作と同様。
柔らかいタッチで描かれるキャラクターが、DSであれほど細やかに動くのは、正直、驚いた。
老若男女問わず、優しいデザインは、オレ的にかなり評価が高い。いやぁ、こういうタッチが好きなのよね。
謎解きもテンポよく進み、
敵のレベルも主人公たちのレベル上げをしないとちょうどいい難易度。
あげるとどいつもこいつも弱いんだが。ボスですら弱い。つーか、火山のドラゴンライダー弱すぎだろ…。
シナリオの進み方は、FF6くらいまでの感じ。
7以降は急速に近代化が進んでいるので、本当にファンタジーっぽいイメージが先行する。
例えるならば、絵本。
画風もシナリオも、子どもが見る絵本を思わせる。
悪役も人目でパッと分かるし、悪役は改心しない極悪人であるあたり、
小学生でも進めやすい内容になっている。
やっぱり、やっていてスカッとする気持ちのいい場所ってのは、
本当の極悪人をぶっ飛ばしたときだからね、うん。
エンディングのできもまぁまぁ。
久々にハマったアクションゲームである。いやぁ、オレでもできるってどんなゆとりシステムよ。
ムービーは非常に綺麗。OPでビビった。
チェリンカもミースもテテオも、全員オレの嫁。かわいすぎだろ、お前ら…。
特にチェリンカ、貴様、オトナ時代になってからのかわいさは異常だろ。
喋れないのに通じてるとか、テイルズの黒歴史といいたいものの、水樹さんが声優やってるからかろうじて存在できるものの、相変わらず黒歴史である、例のテイルズ作品に似た要素があったような気もするが、
そこらへんは突っ込んではいけない部分に違いない。




マルチプレイモード。

彼女さんとプレイ。…む、この言い方は少々危険な気もするが、そんなトコに茶々入れてる暇あったらリトバスプレイしろ。土日のどっちかにフルサイズでネタバレするからな。
いやはや。このモードが面白くなきゃ、FFCCは死んだようなもんだ。
FFCCが、PCのオンライン専用だったら絶対やるもんね。月額とられなかったら。
うぅむ、スクエニパーティでやってきたように、実に面白い。
操作方法が簡単なだけに、シンプルに進めることができていい。
マルチプレイモードもちょっとだけ進んだ。ヴァール山終わって、カリスマ美容師出したところまで。

ウチの彼女さんはドコまで進められたのかしら。
今日は向こうがオレの家にお泊りなので、訊こうと思えば訊けるのだけれど、
部屋に入ってるから寝てるかもしれないし、どうしようかしら。
うぅむ、明日には終わってたりして。
DSみたいなライトユーザー向けのゲームには、ものすごいハマる彼女さん。
ぬほ、ポケモンだとオレ、完膚までに潰されてるからなぁ。
どんだけやり込んでんでしょうねぇ、この人は。


参考までに。ポケモンプレイ時間。

オレ:286時間
彼女さん:491時間

レベルが違うwwwwwwwww
努力値、個体値、計算されつくしてるし。
どんだけお前は暇なんだ。



ドラクエモンスターズプレイ時間。

オレ:336時間
彼女さん:69時間

まぁ、ドラクエはしょうがないだろ。
シナリオ短いけど、育成ゲーとしては優秀なゲーム。





簡単に言うと、彼女さんは器用だということです。
ええ、ドラクエみたいな、ただレベル上げるゲームは、
どうでもいいらしいです。戦略次第ですからね。
ポケモンの場合、計算して育てなければならないし、
何せ、ポケモンに対する愛情がものすごいので、
このプレイ時間でもおかしくないかと。


むぅ、そろそろ、ポケモンの映画を卒業してくれないかなぁ、とか。

来年はレジギガスらしいけど。
レジギガスよりアルセウスが欲しいっつーの。







オマケニュース。

■FFXI、28日バージョンアップで獣使い、コルセア、からくり士が強化
>ファントムロールについては、特に大きな目やラッキーNo.が出なかった場合でも変化を実感できるように、その効果を大幅にアップさせます。
コルセアはじまったな。てゆーか、この調整は強すぎないか?
11で知り合った人にコルセアいるから、一緒にその効力を試してみよう。
それにしても、FFXIの月額、結構痛いわ…。
やらないときはやめるようになったけど(昔は契約切るとデータ消滅という切るんじゃねーよクズと言わんばかりのシステムだった)、
それでも、無駄に、FFXIが発売されてから、
今までほとんど切っていないこの無駄な状況。
や、FFXIは結構遊んでるけどね。平均して、一日1時間以上は遊んでるし。








あああああああああああああああああああああああ。


それにしても、モンスターハンターフロンティアオンライン、
ぜんぜん進めてねぇ…。誰か、オレの代わりにハントしてくんないかしら…。




ゲームネタばっかり。
オンラインゲーム、誰かやりません?

PS2でも、PC無料でも、どうぞ。



…久々に、FFXIで徹夜してみるか。





Little Wing。

【Little Wing】=【儚い翼】



タイトル。
ウチのサークルの名前候補だったもの。

そろそろネタがキツい。
明日からは、DSのハヤテとFFCCRoFやるから、
そのセリフからパクってこよう。


あぁ、そろそろリトバス、ネタバレしてもいいかしらー。





どうも。
伊豆から帰ってきたら、
楽しみにしていたエクレアをおばさんに食われていて、
「いっつもきょーくんだって勝手に冷蔵庫開けて物食べてるでしょ!」
と逆ギレされたので、理不尽極まりないなぁ、とか、
なんかちょっと違うようなことを思いつつ、
今日の日記はスタートです。




伊豆に行ってきた。否、伊豆というか伊東というトコらへん。
すっげぇ暑かった…。や、数日前に比べれば、結構マシだったとは思うけれど。

朝早く…ではなく、普通の時間で電車に乗り、
さっさとウチの彼女さんは寝始めてしまう。

おおう、電車の中でオレと話す気は0と見た。
どこぞのチームがもう少しというところで満塁ホームランを打たれたが、
そのときのピッチャーのような気分であると思われる。ずきゅん。


その間、さすがに一人、携帯でアニマル大富豪をやっているワケにもいかず、
仕方なく、バッグの中に入っている本を読み出す。

福岡伸一氏の「生物と無生物のあいだ」という本。
うぅむ、実に面白い。
こういう哲学的な本を読むのは一般教養だと思っているので、
面白くて且つ必要であるというのは二度美味しい。


乗り換える際、寝ぼけている隣の阿呆の手をとって、
さっさと次の電車へ。そしてバス。
寝起きが悪いクセに早寝早起きは欠かさないという、
マキシマム善人だから困ったものである。
オレだったら「早く寝ろ」で終わるもんね。いい加減、VIPマリオ終わらせたいぜ。



伊豆。
とりあえず、お昼ご飯を食べに行く。
うぅむ、昨日、ゆりから聞いたお店に行ってみると、
なるほど、なかなか洒落ている。奴らしいチョイス。
金銭感覚狂ってるのは金持ちのステータスなのか、
昼飯からとんでもねー金を払うハメになったが、
珍しく、値段相応の美味しさだったので、うちらは満足である。

ぬふ、まさか、二人分の昼代が、おばちゃんを楽に打ち負かすとは。
ゆけっ、ゆきちっっっ。




ゆりに教えられた場所を回る。
こーゆうとき、科学技術の発展はつくづく素晴らしいものだと思う。
ファックスやネットで、言いたいことや画像データはすべて送れちゃうもん。
口だけじゃ、地図なんて絵がないとわからないものである。
だが、「↓18禁ホテル」とか書くのは、本当にやめて欲しい。




大室山ってトコのリフトに乗ってきた。
山々を眺めることができてよかった。
富士山も見えるらしいんだけど、
最近、富士山の山頂の雪が解け始めているらしく、
目印となる王冠型の雪が見えなかったので、
たぶんとしか分からず。日本人失格だあい。


一碧湖ってトコも行った。
釣りが人気らしいんだけど、オレらは釣りには興味がなく、
適当にふらふらしてきた。スケブ持ってくればよかったなぁ。
うむ、空気嫁よ、オレ。



最後に戸田の運送船? だったかを見てきた。
乗りはしなかったけど、船を見たい、という要望に答え、
わざわざ沼津駅まで来たのに、さらにバスに乗り換えるハメに。いいけどさー。
潮の香り。焦がすような照り返し。カモメだかウミネコだかの鳥の群れ。銀色の風が吹く。


沼津駅に入る前、彼女さんが自分で買った帽子をとって、言った。



「ね、今日、楽しかった?」
「うん」
「ならよかった」
「お前が誘ってきたんだから、お前が楽しめりゃオレはそれでいいんだけどな」
「私は楽しかったよ。こういう風に出かけるの、ずいぶんと久しぶりだから」
「悪いな、構ってやれなくて。付き合うには、いい相手じゃなかったか?」
「…そうだね。付き合うには、いい人じゃなかったかもしれないね。でも、そこが一緒に居たいと思うところだから、それでいいよ」
「―――……」




言葉にならん。そんな耐性、オレにゃついてない。

海に溶ける太陽。真っ赤な大気は季節外れの紅葉を連想させる。
吹き抜ける風で、彼女の長い髪を広げられていくのが、
あまりに印象的に残っていて、他はあんまり覚えてない。









電車の中。







「…お前さ、さっきの言葉」
「うん?」
「どこかで聞いた覚えがあるんだけど」
「そ、それは、たぶん、気のせいだと思うよ」
「そうだったっけ…」


いやもう、隠しているのがバレバレである。盗んだな、紅のお嬢様め。
ええっと。誰かが言った言葉だったか。覚えてない。

まぁ、なんだかんだで、受け取った言葉は嬉しかったワケで。
深く詮索するのはやめておこう。
写真に残せない分、しっかりと覚えておかないと。





…さて、今度はどんな思い出を、どこで作ろうか。



む、そういや、ネズミの国の海版に行ってなかったな。
関西の映画の国にも行ってないや。
どっちか、夏休み中に行ってみようかしら。






そんなこんなで、エクレアを食えないまま、
オレの一日は終わりを告げる。



明日からは、ハヤテとFFCC、DSをがんばるぜー。








余談。


リトバスのサントラがコミケで販売されてから、
ニコニコで最終シナリオのED曲のフルサイズが流れているけど、
絶対に聞いちゃダメよ。もう、歌詞がものすんごいネタバレだから。



なのは二期2クール目のOP買った。
水樹奈々いいあるよー。でも当て字が酷くて読めないあるよー。



The Amusement -summer vacation-

【The Amusement -summer vacation-】=【お楽しみ -夏休み編-】



レス

>街
確かにあの豪快さは、見ている側は強気でいいと思った。
が、受けられてる側のコトも考えておくれよ。ぐすん。




タイトルの意味。

ウチのサークルを含む、
一部のサウンドノベルを主に製作する複数のサークルで、
今まで出したキャラクターを集めて、
ファンディスクみたいなものを公開してみようということで、
お試しで配布した、2時間ほどのオマケシナリオが、
思った以上に好評というか、
あまりにダウンロード数が多すぎて、
現在、ウチのサークルの公式には非常に繋がりにくいみたいです。
カウンターが4桁いってるのなんて久々に見た。

まぁ、タダだし。他のサークルさんが豪華だし。
というか、ウチのサークル、ヘボくて名前的に浮いてるし。
どどんまい。これから頑張ればいいよ。

ぐすん。
某ひぐらしとか。某むーんぷりんせすとか。
これくらい有名になれたらなぁ、と思っている今日この頃。夢見んなばーか。



あ、夏コミ、お疲れ様でした。
今年の熱気はやばかったようで、写真を見る限りだと焼け死にそうですね。行かなくてよかった。






ギルティは街さんがきっと纏めてくれるはず。
というコトで、最近やっているゲームのお話とかその他諸々。


いつも不思議がられるのは、なんで日記中に描かれているセリフを覚えていられるのか、
というもの。
覚えてませんよ、失礼ですね。無理に決まってんじゃん。

野球でいうバッターというのはね、
3割以上であれば、まぁまぁというものですよ、おk?
基本的に3割はうろ覚え、7割は妄想と優しさとバファリンでできています。




…なのですが。
今回は、なぜか、会話の詳細をまったく覚えていないので、結論だけ。

どうやら、明日はおでーとらしい。
ドコに行くのか訊いたら、そーゆうのは男の子が決めるもんでしょ、とか言われて、
ネットで探しているこの状況。

うーん、あんまり、二人で遊びに行ったりとか、
そういう機会に恵まれている環境じゃなかったので、
意外と案が浮かばないという情けなさ。

男の子が決めるもの、とか言っておきながら、
最初の花火大会に誘った以外で、オレからどこかに行こうと誘った覚えがまったくないのはどういうワケなのか、
恐らく、そこらへんの謎を解明するための記憶は、
デフォルトでデリート機能がついているに違いない。
そりゃそうだ。
脳が年中働いているなんて、労働基準法に違反するにも程がある。
たまには記憶だってお休みするさ。


さて、困った。どこに行こうか。電車でも使おうか。
伊豆あたりでも行ってみようかしら。何があるのかは知らない。
東海道本線から電車に乗り換えれば伊豆は通っているから、そんなに遠くはない、なかったハズ。
静岡で他で有名なトコってドコだ。熱海か。
熱海って何があるんだ? ぶっちゃけ、よくわからない。

あれ、オレって静岡県に長く住んでるクセに、
ほとんど中身知らないのか?
そういえば、浜松を案内しろとか言われても、
案内する場所がほとんどないのはオレだけか。
浜松城なんて機械仕掛けの場所見ても面白くないだろうし、
浜名湖なんぞに用はない。水窪はいいところだけど。小学校の頃に行ったなぁ。

安易に動物園という手もある。
彼女さん、動物好きだし。前にも連れてかれたし。
あぁ、でもオレが面白くないんだよ、お姫様。



…と色々意見をいった結果、
とりあえず、美味しいものを食べに行こう、というコトで、
たぶん、伊豆に行ってきます。
え、なんかあるんじゃね?
港があるところなら、美味しいものが食べれそうだし、
あれ、伊豆ってそういうところなかったっけ、とか思いつつ、
なかったらなかったで、久々のお出かけということでいいじゃないか、
とかいうのがウチら的な結論。
相変わらずのペースなのがウチらの関係なのである、まる。
付き合う前からまったく変わらないってどうよ。

ハヤテに出てきた、なんとか踊り子、とかいう電車って、
東京からは通ってるみたいだけど、ここからだと通ってないのかしら、
調べるのが面倒だわ…。


誰か、代わりに名物とか、メールで送ってください。
既に伊豆に行くのすら面倒とか言うのは秘密。












ゲーム。



「うみねこのなく頃に」

コミケだと、30分で売り切れたらしいんだけど、
うみねこは要らないっていう、徹夜組の知り合いがいたから、
頼んで買ってきてもらって、今日届いた。うまうま。

でもなぁ、なんかあれだなぁ、キャラがかわいくないなぁ、
やっぱり、キャラのかわいさよりもシナリオのよさがいいって、
いっつもオレは言ってるけど、
それでも、キャラのかわいさというのは大事であることが判明。
ダメだ。オレ。


まだあんまりやってないんだけど、
なんだかなぁ、という感じ。
暗い系のゲームは、個人的にダメなのよねー。





「メルブラ PC版」

ぶっちゃけ、まだインストールしてなかったりする。
や、ガード破れないし、一回インストールしたら、
DVDいらないっぽいから、向こうに帰ってしたら宅急便で送り返そうと思ってたり。
欲しい人は今のうち言っておけば、先にどうぞ。たぶん。霜月くんは了承してくれるハズ。




「VIPマリオ3」

ああああああああああああああああああああああああああ。

RPGとギャルゲーとエロゲしかやらないオレにとって、
このアクションの難しさは異常としか思えない。
ニコニコのプレイ動画見ながら、
二個持ちとかにチャレンジしてるんだが、
KASみたいに巧くいかないのが現実。KASは偉大なんだなぁ、と再認識。
でも、四天王は倒したよ。
今、ワープゾーンのガスのお化け屋敷のところのカギをクリアしたところ。
攻略wikiないと死ぬっぽい。
皆様もやってみてくださいませ。クイックセーブないと無理。








とまぁ、今日はこんなところ。

明日は早くからの電車に乗るらしいので、もう寝ますです。



もうアンタたちに買ってくるお土産なんてないんだからねっっ。





Brave or Faith。

【Brave or Faith】=【勇気か信頼か】



自分で進むか、他人に頼るか。

自身を過信しすぎるのも問題ですが、
自信がなさすぎるのも問題であって、
けれど、信用できる人を頼るのは、
間違っていない選択肢であると思います。



いやぁ、遂にPCからの更新なんですが。




「8時半までに帰ってくるって言ったでしょっ」
「や、8時半に帰るとしか言ってないけど」
「どう違うの?」
「お前が言ってるのは、8時半に家に帰る、オレが言ってるのは、8時半に店を出て帰る、という意味」
「そんな紛らわしい言い方しないでよっ」
「はいはい、次から気をつけるから、晩御飯ちょうだい」
「む、反省の色が見えないんだけど」
「食べさせてくれないんなら、お前を食べるぞ」
「そ、そんなコト言ってるんだったらちょっとは反省してよねっ」



不意打ちのこういうネタに弱い彼女さん。
なんで従妹から散々言われてるクセに、
未だに慣れないんだろうか。



「あれ、これ、使うお肉変えた?」
「あ、うん。よくわかったね」
「よし、これに気づいたから許してくれ」
「それとこれとは話が違いますっ」
「あ、そう。あ、おばさん、仙台で買ってきたお酒ある?」
「呑んじゃダメだからね」
「なんで?」
「むぅ」





……え、ちょっと、本気で意味分からないんだけど。

なんで、そこで怒る?

ええっと、いつもは、ビール2本と焼酎一杯と、
すげぇ酒飲みな私ですが、
そのときは、いつも「控えめにするんだよ」と注意を促すだけだったんだけど。



理由は教えてくれそうもないので、まぁ、いいんじゃないかしら。






さて。ニュース。



■闘劇07開催 Guilty Gear XX AC/試合ライブ








レベルが異次元過ぎて、ニコニコの画質だと攻めが見えない部分がある。

まちゃぼーのカッコよさに涙出た。今回の個人的王者。
彼の動画は青リロから見ているけど、
投げられたところを見たトコがないんだが。

カレイドスター強すぎワロタwww
でもこっちみんなwwwwwwwww
個人戦でのGIGSでは、敗者復活の人だったのに…。
GIGSの全動画をうpしましょう。

こちらになります。

passは「ggxxac」。ACじゃねぇっつーのwww設定してから気づいたwwww
あ、ちなみにスラッシュのなので、興味ない人はスルーしてください。


ミウさんの動画がない…。orz
オレの中で一番好きなカイ使いの人。
強いとかじゃなくて好み。北海道勢。あぁ、応援してたのに。
でも、闘劇に出れるだけでもすごいでございます。
これからもがんばってください。




■【中国】どうせ18人の行方不明者が生きてるわけ無いし、橋を爆破処理するわ
中国wwwww
笑えないが笑ってしまう。何もかもがぶっ飛んでるな。



■名前は「@」、読みは?=文字使用も多様化-中国
>「@」は、中国では「愛他(アイ・ター)」と呼ばれる
アイターwwwwwわかってるじゃねーかwwwwwwwwwww
名前? ふぃぎゅ@でよくね?









そろそろリトバスをネタバレしたいんだが…。
まだ話を聞いてる様子だと、全クリした人はいない模様。


仙台はゴッサムでした。


ゴッサムは流行るよ。絶対。


あぁ、オレもまだDDD2を読んでないや。
絵と企画の依頼も来てるし、さっさと仕事終わらせないと、
色々と拗ねてるらしいウチの彼女さんに構ってあげられんぞ…。



さて、とりあえず、ウォーミングアップとして、
30秒ドローイングから始めるか。

あれ、基本だから、絵が巧くなりたいと思ってる人は、
やったほうがいいですよ、うん。





余談。

らき☆すたの18話のフルサイズ&高画質版
が、ニコニコで回収できん。
うpされてたら、教えてください。


あぁ、3週間分のアニメ、回収しないと。
ニコニコまんせー。


Omega Drive。

【Omega Drive】=【終焉への疾走】



東京から浜松に行く際、
そこらへんのあんちゃんが、ネコアルクの縫いぐるみを抱いていたコトに、
ショック&苛立ちを隠せない跳水です、おはこんばんちわ。


仙台のゲーセンでギルティをやりまくって気付いてしまった。


浜松のソルは平和。


柏は…

ソル=ヴォルカぶっぱ
カイ=VTぶっぱ
テスタ=ランズぶっぱ
スレ=ぶっパイル、アッパーぶっぱ

と、常に無敵技(スレは微妙だが)で身を纏い突進してくるツワモノばかりだったので、
跳水くんは、ようやく、
「空中でフォルトレスを張る」
「ガードする」
という特技を習得したのだけれど、
ぶっぱ対策だけやっても面白くないし、
強くなった気分にもならないから、
しばらく、というか、ほとんど向こうではやってなかったから、
随分と弱くなっていたので、従妹とかに手伝ってもらった。


そして、もう一つ気付いた。

聖ソルのほうが強いと個人的に思っていたんだけど、
どうやら、それはキャラの相性らしい。


勿論、どう頑張っても、カイでも聖ソルでも勝てないキャラはいるけど、
相手によってキャラを変えた方がいいのかも。



途中まで携帯だから、いまさらパソコンでやり直すのも面倒なんで、
ちょっとしたグラフでも描いてみようかと。

そりゃ、テメーの勘違いだよ、なんつー突っ込みがあっても知りません。

あくまで、個人的に有利不利ですので。




ちなみに。








街・跳水=10・0








は、不動だと思われます。読まれてるし。



xxx。

【xxx】=【kiss kiss kiss】



エックスという文字は、外国で「キス」という意味だそうで。

あれ、なんかエロくね?



今日、帰る最後の日ってコトで、
みんなで花火した。




もう寝るー。

ごめーん、明日、新幹線の中で書くー。



Pray for rain。

【Pray for rain】=【雨乞い】



「あまごい」中に「かみなり」は100パーセントヒットで、
カイオーガは鬼のように強くなるコトを思い出した。
特性「うるおいボディ」と技「ねむる」「あまごい」の相性はいいので、
伝説ありだったら、恐らく、最強に近いです。

誰か、バトレボ持ってる人いないのかー。





こちら仙台は、随分と涼しくなって、日中でも23℃程度。
まぁ、これが、らしいといえばらしいのだけど、
少しオレには寒すぎたのか、
ちょっぴり風邪気味で憂鬱なワタシ。




オーシャンズ13を見に行きたいです。

幼馴染みは映画に興味がない上、
凜が酷く嫌うので行くに行けない。

ウチの彼女さんは、何故か、12を見てないから行きたくないと言ってるし。
ハリポタなんて、もうどーでもいーもんに誘われてるんだが、
結局、向こうからの誘いには断れない単純なオレ。
とっても情けない。自覚してるよ。



映画、久々に見に行きたいです。

誰か、誘ってください。


Rain of blessing。

【Rain of blessing】=【恵みの雨】



なんか違うような。


しばらく、暑い日が続いている仙台。
何の間違いか、37.8℃を記録し、78年振りだかに最高気温を更新したようです。

大して柏と変わらんじゃあないか。
避暑地になりもしない。

のだけれど、今日は晩から雨が降ってきた。
当分、30℃を超えないらしい。のんびりと過ごします。




祖母の怪我は、不幸中の幸いといいますか、
祖母自身が元気のためもあって、快復も早いようで、
顔全体を擦り剥き、口の中と鼻の下を縫い、鼻の骨を折った程度ですみました。

や、顔面から手も付かずにいったものだし、
日傘をさしていたものだから、それがクッションになって、
コンクリートにそのまま叩き付けられるコトがなかったのです。

それに、松島、という、日本三景の一つのところでの事件だったのですが、
偶然か必然か、否、某漫画家の言葉を借りるのなら、
この世に偶然などない、あるのは必然だけ、
なのですから、やはり必然だったのでしょうが、
そこに地元の看護士がいて、私がやっていた応急処置を手伝ってもらいました。
救急車も手配してもらって、大事に至らず済んだのでした。



私の応急処置の知識は、
現在、京都大学の医学部生である雪奈から教わったもので、
今まで、幸いなコトに、私の前でそのような知識を使う場面がなかったので、
今回の件が教えられてから初めての体験となりました。

この知識の会得から実際の体験までは、実践躬行だったのですが、
幼馴染みの一件から血が精神的外傷となっている私にとって、
そのときの祖母の鼻血の量というのは、目眩がするほどの量であって、
情けないコトに、当時、陽射しが強いのもあったのでしょうが、
立ち眩みに似た状態になったものの、
看護士さんが私たちに気付く前に、
自分が今、行えるコトと知識を一所懸命整理して、やれるコトをやりました。


看護士さんと、救急隊の方にも、口の中の出血の処置については、
大変褒められて、嬉しいのかなんなのか複雑な気分でしたが、
要するに、今、自分が何をするべきなのか、何ができるのかを、
把握しておく必要があるというコトです。



私は、医学部に行ってない人間ですから、
普通の一般人と変わらないワケであって、
私たち一般人が正しいと思ったコトが、
実は正しくなかった、なんてコトも恐らくはあるだろうと思います。



知らないコトが罪なのではなくて、
できないクセに、できるように振る舞って、間違ったコトをするのが間違いなのだと思います。


私は独学で、応急処置を主に、
治療についての知識などを学んでいますけれど、


それが正しい判断で。
才能がなくたって、努力で補える部分があると実感したから。


怪我をする前に手を伸ばしていれば。
手を繋いであげていれば。

そんな後悔が、少しだけ、ほんの少しだけ。
消えたような気がしました。
や、消えちゃマズいのだろうけれど。

人は痛みがなければ、危険を察知できない生物なのでね。
痛みは悪いものばかりではないのですよ、ええ。



そんな、結局、
オレが何を言いたかったのか、
自分でもよくわからないまま、
今日はお終いです。









一応、19日に帰るコトになってます。

20日から構ってあげてください。



Noise。

【Noise】=【雑音】



ちょいと祖母が怪我して、忙しかったので、
明日に回します。


19日までこっちに残ります。

ギルティやろうと誘った人は、
20日くらいに遊びましょう。
や、こっちから誘っといて申し訳ない、ほんとに。


Song for friends。

【Song for friends】=【応援歌】



リトバスEDテーマより。


あー…。仙台なのに30℃超えてるとは何事だ…。
暑いぜー…。扇風機ないと死ぬぜー…。


お墓参りに行ってきた。
オレの祖父のである。
随分と前に亡くなったけれど、
生きている時の記憶はまだじゅうぶんに残っている。

警察官だった彼は、昔の警察のコトを懐かしんで話してくれた。
正義感の強さが滲み出てて、話を聞くのが好きだった。


彼を最後に見たのは病院で、意識をなくなる少し前のこと、
彼は、オレの母親に似たことを言った。



自分が思う正義を貫きなさい。



…そう信じて生きてきたワケではないけれど。
自分だけの正義を貫いてきてはいない。
そんなに強い人間でもないし、恐らく、正しくあろうと努力してすらいない。

オレは昔から、自分のために努力するのを好まない人間だった。
だから、面倒なコトは一切やってこなかったし、
誰かのために何かをするなんて、オレの良心がやらなきゃならんと判断しない限り、
まったくといっていいほどやらなかった。



初めて真面目に取り組んだのが、
ウチの彼女さんのコトだと思う。

真面目に恋したし、病気のコトにも自分でちゃんと勉強した。
で、仕事もきちんと取り組んだし、そのお金もほんの一部だけれど貢献したと思う。


オレだけにしかできないものとか。
オレ自身の正義だとか。

そんなのは、まだまったく見当もつかなくて、
分かったとしても叶えられそうもないけれど、
それでもいつかは、ソレに届くと信じて。






ぬはー…。暑いぜー…。


明日は、私の家系の先祖のお墓参りへ。


三大風景だかの松島に寄ってくるみたい。
従兄弟たちの家族と一緒らしい。



「あれ、兄貴はまだ帰ってないの?」
「サークルがあるんだと」
「なんの?」
「さあ。なんも連絡こないし」
「なんのサークルかくらいも教えないの?」
「まず連絡がこないもんな。しかも、全部ゲーム持ってかれたし」
「お前、今年受験生だからちょうどいーじゃねーか」
「いーけど、あいつ、早稲田でなにやってんのかね…」
「妹に見てきてもらってもいーけどな」
「東大と近いの?」
「知らんけど」




マジで従兄は何してるんだか…。



まぁ、二浪して早稲田の政経だから、
一人暮らしが嬉しいんだろうけど。

ハメ外すなよー。




タイトルの意味。

綾馬とゆりの子どもである、菜摘ちゃんが生まれたとき、
二人で演奏できる、菜摘ちゃんだけへの曲を作ろうというコトで、
みんなで作詞作曲して、ある一曲を作った。


今度、未来の子どもが生まれたときにも、
一曲作ろうと思って、従妹と相談してたのよね。


その子のためだけに作る曲。詞の良さに泣いたよ、オレは…。


この曲も、作るのなら、作られてよかったと思える曲を作れたらいいな。



Black Straight Tea。

【Black Straight Tea】=【…………】


ええっとぉ。
ど、どういう意味なんだろうねぇ…。



現在、仙台に帰省中。

幼馴染みたちがわざわざ駅まで迎えに来てくれて、
そのまま街を色々と案内してもらうコトに。

出身地が仙台であるとはいえ、
ガキの頃のコトだし、
随分と町並みも変わったし、
オレの記憶は、ほとんど住んでた田舎しか覚えしかない。



「子どもの頃を思い出すねぇ」
「よく閑静な住宅街で駆けっことかしてたよなぁ」
「だねー。もうこの歳じゃそういう気分にもなれんよね」
「まあなぁ…」



子どもの頃と同じ関係…ではないけれど、
もうまったく元には戻れないコトを、
歳を重ねるに連れ、どうしても思わせてしまう。




「あ、そういえば、夕食だけど」
「あ?」
「外で食べて来いって」
「いーけど、荷物どうするかね」
「じゃあ、俺の家にでも置いてきなよ。今日、みんなで泊まるコトになってるし」
「は? 聞いてねーよ」
「今言った」
「別に不満はないんでしょ」
「ないよね?」
「まぁ、ないけど…」



ついでに、オレの元々住んでた家に行ってきた。
田んぼばかり、今でも牛ばかり。あぁ、懐かしい。
空気に抱かれてる気がして、すごい気持ちいい。
田舎は、水が冷たくて、空気も美味しいし、目に優しいし、とにかく、和む。




住んでた家は、もう誰かが住んでるらしい。違う名字の札が被ってた。
田んぼを一周してきたら、
ちょうどそこの子どもが、何処かへ出かけるようで、
財布を持って自転車に乗り込もうとしていた。




目が合う。



「気をつけて行ってらっしゃい」



初めて見るオレからいきなり声をかけられて、
少し驚いた顔をしていたけれど、
にかっと笑って、頷いてくれた。




あぁ、なんか複雑な気持ち。

オレが今ここで幸せであれるのは、
もうほとんど覚えていないこの家で、幸せな生活を過ごしていたからなのだろうから、

オレが幸せだったこの場所で。

他の知らない誰かが幸せでいるのは。


それはそれで、
ほんの少し切なくて、
多くの満足感があったりするのでした。





…さて。
いつもの牛タン屋へ。


「おばさん、こんばんは」
「あら、春菜ちゃんじゃない」


春菜の親父と、この店を営業してる夫婦は、
とある企業間のやり取りで知り合いなので、
オレがこっちに来た時は、いつもここに連れてかれる。



「お、久しぶりじゃねーか、坊主」


…どーやら、オレのコトらしい。


大学のコトを話すと、

「春菜ちゃんは、凜ちゃんのなんだから手ぇ出すんじゃないよ」


とか、ふたりの目の前で、
オレにではなくふたりに言う。…あ、もう知ってるのね。



「照れちゃって。…兄貴、これって昔とあんま変わらないね」
「そうだなぁ。オレらはこいつらの保護者だったし」


色んな意味で。

ある時は、控え目な性格の二人を引っ張る意味で。
ある時は、恋心を応援する意味で。




「坊主、ビール呑むか」「あ、ども」



この日記の登場人物に20歳未満のキャラクターは登場しません。
未成年が酒を呑むシーンなどがある不健全な日記ではありません。







帰って来て、凜の家へ。
彼の家は旅館なので、空いてる部屋は基本的には自由に使える。

久々の幼馴染み4人組。
大学のコトを中心に、色々な話題へ発展。
これまた、昔、一つのコタツの中で紅白見ながら、
トランプやってたのを思い出す。





で。


4人、同じ部屋で寝るコトに。
間違いは起こらない。たぶん。




おやすみなさいませー。

Magi of blue color。

【Magi of blue color】=【蒼天の魔法使い】



いやぁ、もう、本気でタイトルのネタがないんだな。
一応、月姫のブルー(蒼崎青子)から。

Magiは男性にしか使えなかったような。気にしない気にしない。



今日はニュースを中心に纏めたいと思いますです。
それと、メルブラ、リトバス、D.C.Ⅱについてもオマケで。



ニュースから。



■【ハンタ】冨樫復活キタ━━(゚∀゚)━━!!!!【再開】
ほぼ確定の様子。
でも、単行本派のオレはいいけど、
立ち読み派の人たちは、恐らく、ドコまでいったか覚えてないと思うんだ。



■被告人月宮あゆは無罪!~鯛焼き問題の刑法的考察(Kanon法学の形成と発展V)
才能と時間の無駄遣いwww
マジメなものを討議しろwww



■5時間で340回以上揉まれた「おっぱい」
これは酷いwww
キャラは、D.C.Ⅱより、小恋、ななか。



■平野綾に熱愛発覚か!? お相手は声優・谷山紀章との噂
オレの知り合いの声優さんの話によると、
ほぼ確定的だということ。
勿論、彼らの口から言わない限り、それが真実かどうかは分からないですが。
彼らからの噂を聞いていたので、そこまで驚くことはなかったな。平野嫌いだし。きーやん…。orz
てか、年離れすぎだろwww



■アークシステムワークス、Xbox 360「GUILTY GEAR 2 -OVERTURE-」リリース決定
発売記念オリジナルグッズを「コミックマーケット72」で販売

箱○持ってたら考えたかもしれんが、これだけのために買うつもりはない。
箱○だったら、アイマスじゃね?
発売中のゲーマガには、カイとは思えないカイのカットが掲載中。絶望した!



■TYPE-MOONキャラ総出演ドラマCD『ALL AROUND TYPE-MOON ~アーネンエルベの一日~』
「月姫」の声優は、アニメ版ではなく、メルブラ版のを採用している様子。
「Fate」はアニメ版のを採用。
「空の境界」は、式の声優が「川上とも子」→「坂本真綾」。劇場版のを採用している様子。
彼らの中田譲治の好きっぷりは異常。
欲しいから買ってきてもらおうかな。







/メルブラ

格ゲーのキャラってのは、
大体、一番初めに使ったキャラをそのまま最後まで使ってしまうパターンが多いので、
やっぱり、好きなキャラを使うのがいいかも。
が、格ゲーに慣れたいという人は、
志貴、シオンらへんをオススメ。琥珀さん、翡翠などは難しいかと。アルクも少々難易度が高め。
チャレンジャーは、やっぱり、ネコアルクカオスか、ネコアルクかなぁ。

ギルティ勢は、同じ格ゲーでもギルティとはまるで違うコトを留意しておかないと、
確実に強くなれんあるよ。
ただ、メルブラは投げを締めにしか使わない人が多いので、
投げを絡めるのは結構有効かと。





/リトバス

だいぶ、オレの知り合いにも回ってきた様子。
ルート攻略順としては、

小毬→鈴(1stルート)→葉留佳→美魚→クド→来ヶ谷(1st)→鈴(2ndルート)→○○○○○→来ヶ谷(2nd)→(未読テキスト・CG回収)

をオススメ。
最後の方からやっていくと、
どうしても物語の核心が見えてきてしまうので、
小毬から進めていきましょう。
途中、ちょっとダルいかもしれんけど、
最終シナリオがとんでもなくいい話なので、
我慢してくださいませ。

ギャグ面白いねー。真人が最強すぎるあるよー。
蔵等も面白かったけど、リトバスも引けをとらんね。

野球やバトルのミニゲームは、
なるべくONにして楽しみましょう。ダルかったらOFFでも可。




/D.C.Ⅱ

音姉はオレの嫁。


????


よくわからないんだけど、
自作のフォルダに入っていたから、恐らく、オレが描いたものだと思われ。違ったら消す。
でも、耳がある以上、オレが描いたっぽいんだよなぁ…。
画風も似てるし…。でも、描いた覚えがまったくない…。


音姉がかわいすぎるので、とりあえず、彼女のルートまではやっておくべき。つーか、死んでもやれ。








雑記。


バレバト終わったー。やっぱ地雷だったー。
ジャンゴはやる気にもならん…。
リトバスとメルブラだけで充分だわ。

メルブラ持ってる奴少なすぎワロタwww
7月27日発売のPCゲーム。


メルブラ・17人前後
ジャンゴ・6人前後
バレバト・10人前後

リトバス・80人前後


リトバスつえーwww


…何の人数かって?




P2Pのじゃないんだからねっ。
久々にMXつけたとかじゃないんだからねっ。
オレの知り合いの数なんだからねっ。




明日から仙台に行ってきますー。


牛タン欲しい奴は今のうちに言っておけば、
向こうで買ってくる気になったら、お土産としてプレゼントしてあげるかもー。

Light Flowers。

【Light Flowers】=【光の花】




この日記は。


純情なる恋を応援する、ニヤニヤ日記(RC)

“彼女いない歴=年齢”の男性を応援する、イライラ日記(RC)


ご覧のスポンサーの提供でお送りいたします。







地元の、日本一汚い湖で行われた花火大会に、
ウチの彼女さんと一緒に行ってきました。



「えー。めんどくせーよ」
「いつも行ってるほうの花火に行ってないんだから、付き合ってくれてもいいじゃない」
「うぐぅ…」


確かに、○○島の花火にゃ行ってないからなぁ。
仕方ない、ついていってあげよう。

オレが浴衣フェチなのは、ついでなんだからねっ。




7時半頃から本格的に始まるらしかったので、
浴衣を着てチャリで行くワケにもいかず、
かといって、車で送ってもらうのも風情がなかったので、
じゃあ、あの湖くらいまでだったら歩いていこう、
ということになって、一時間くらい前から、
のんびりと久々に浜松の町を回りながら歩いていくことに。



「浴衣、似合うね」
「そうかなぁ」
「色合いがオレの好みだな」
「きょーくんが選んだんだから、好みになるのは当然でしょ」
「そりゃそーだけど」



うーん、今日の午前中、いきなりの呼び出しにはびっくりしたぜ。
浴衣くらい、自分で選んでくれないものかしらね…。
毎年、一着買うのは、どうやら譲れないらしい。

今年のは、オレが選んであげたもので、
淡いピンク色に花柄のオーソドックスの浴衣。
オレンジやピンク、それと白が彼女には似合うのです。


で、中身は省略。
ピアノの先生に会ってしまったよ。
まぁ、先生は近くの、最近開拓されてきた、あの田舎のほうに住んでるので、
近いといえば近いのですけれど。

そういや、ゴメスとかニャンチュウとかも、
この付近に生息していたような。

あ、野生のニャンチュウがとびだしてきた!

とかならなかったからよかったけど。



で、帰り。

規模の小さな花火大会なので、
9時ごろには終わってしまった。

露店である程度食べていたから、
お腹は空かなかったのだけれど、
ウチの彼女さんが、露店の食事をかなり嫌っていたので、
(夕食にしては栄養バランスがどうたらこうたら。そんなこと気にせんでも…)
恐らく、彼女さんはだいぶお腹が空いているだろうと。

今まで、コンビニでの食事を、
おにぎりでさえ摂ったことのない彼女さんですから、
間違いなく毛嫌いするでしょうし、
はて、どうしようかと思ったんだけれど、
来る前にも少しおやつを摘まんできたし、
案外とお腹は空いていない様子。



扇子を仰ぎながら、色々と寄り道をして帰ってきた。

なんだか、3ヶ月前にこっちに帰ってきたときより、
少し建物が違ったりしていて、
新鮮な気分だった。暑かったけどね…。



「あ、ここマンション建てるんだって」
「ほんとだ。ずいぶん、町並みも変わるもんだね」
「3ヶ月でこうだから、次に帰るときはどうなってるんだろうね」
「変わらないものもあるけどな」
「まだ壊されない建物とかもあるよね」
「そうじゃねーよ」
「え、じゃあ、なに?」



ああああああああああ。


鈍感すぎる…。
この人にとって、こういうのは日常チャメシゴト。

オレからきっぱりと言ってあげないと、
本当に気づかない人なのです。



適当に誤魔化して帰路に着く。



で、先にお風呂をもらって、入れ替わりで彼女が入り、
その間、リビングでのんびりと宿題を片付けていたら、
突然、風呂場から悲鳴が。




オレとおばさんは顔を見合わせる。


倒れるときに悲鳴なんて上げないだろうし、
何かにぶつかったような音もしなかった。


じゃあ、いったい何なのか。



やれやれと思いつつ、ドアをノックする。



「開けていい?」
「う、うん。早く、来て」
「あ、そう」



ガチャン。




「………」
「………」
「…きょ、きょーくんは見ちゃダメっ」
「や、もう見えちゃったし」




おばさんが慌ててオレの目を隠す。

早く隠そうとしたのか、
ビンタみたいにオレの目を覆う。
とんでもねーほど痛い。
徐々にお椀型になった。

お椀型に目を隠されたまま、彼女に問うた。



「どうした?」
「あのね、バスタオルで体を拭いてたら、なんか背中に硬いものが当たってね、なんだろうと思って見たらね、黒いのがいてね、カナブンだったの」
「………あ、そう」





虫、死ぬほどだいっきらいだもんね。

オレも、だいっきらいだけどね。



触れるの、セミが限界だけどね。それがどうした。




男だから虫が怖くないとか言う、偏見の方程式は成り立つのは間違ってるぜっ。





「そのバスタオルはあとで処理してやるから、とりあえず、タオルを体に巻け」
「う、うん…」


錯乱状態だったらしい。

そりゃ、バスタオルに虫がついてたらビビるよなぁ。
しかも、小さい虫ならともかく、カナブンくらいでかかったら、
余計に怖いと思うけど。オレも、死ぬ。




放ったバスタオルの上には、確かにカナブンが。

やれやれ。
虫は嫌いなんだけど、さすがにここでビビっておばさんに渡すのは、
いくらなんでもヘタレ極まりない。

バスタオルの端っこを持って、ベランダに持っていく。


「匂い嗅いじゃダメだよ」
「しねーよ」
「顔に押し付けてもダメだよ」
「しねーよ、バカ」
「あ、バカっていったなぁっ」
「うるさいから」


コントしてる場合じゃないのですよ。空気読みなさいな。







とまぁ、こんなコトがあったりなかったり。




こんなおいしい日は、そうはないと思うんだけどね。



あー。それにしてもオレ。

あんな姿を見て、よく耐えられたもんだ。

すごいぞ、オレ。




















すごいの、かなぁ。



Truth。

【Truth】=【真実】



本当は8月15日にやろうと思っていた話題だったのだけれど、
今日、テレビの、オレが好きな午後8時からやっている、
某討論番組がこの話題であったので、
久々の社会のお話。

先にお断りしておきますが、
私の思想は、常に偏見に満ちているのにもかかわらず、
それを正しい意見として昇華させようとしているので、
見ていて好ましくない表現が含まれている可能性があります。





8月6日は広島、9日は長崎に原爆が落とされ、
15日ポツダム宣言を受諾した日本。


ここでの主軸は「原爆の投下が正しいか否か」という問題としましょう。

さて、恐らく、被爆国の国民であるという意識が、
歴史を重ねるにつれて色褪せている日本国民の皆様方は、
これに対してどのようにお思いでしょうか。

残念なことに、既に、原爆を落とされた日にちすら、
知らない方もいらっしゃるのでしょうね。

ゆとり世代であっても、
小学校の社会の教科書には載っていますし、
それ以前に、常識として、日本国民として、
知っておくべきです。

忘れてはならない傷跡です。
戦争時代に生きている人も少なくなってきた今でさえ、
それは、確実に凄絶な爪痕を残しています。



私は「正しいか否かの次元ではない」という立場であります。

「正しい」か「正しくない」かの二択で答えるのならば、
「正しくない」と答えます。

ただ、
「原爆が作られた以上、いつの時代か、日本以外の国かもしれないが、原爆が落とされる」
というのは必然であると思います。
それは残念ながら認めざるを得ません。

何のために作られたのか、それは勿論、戦力の拡大でしょう。
他国より強くあれば、攻められることはない、
だから、核兵器を開発できれば自国は攻められない。
単純なガキでもできる思想です。否、子どもの思想であるといっても過言ではありません。

使用したのは、アメリカ側の立場によると、
「使わなければ本土戦争になり、さらに多くの日本人の命が失われることになった。したがって、原爆を使うことによって日本人の命を救ったのだ」
というコトのようです。

アメリカ側の言い分には、日本人にとってはどうしても理不尽に思いがちですが、
確かに、ある意味、間違ってはいないと思っています。
原爆を使わなければ、確かにもっと多くの命が失われていたかもしれませんし、
今のような発展もありえなかったかもしれません。

けれど、そのような意見を認めるわけにはいかないですし、
きちんと謝罪を求める立場をとるべきであると思います。
「原爆は仕様がない」「原爆を持とう」などとほざく政治家は、
現実主義どころか、思想が腐ってると思ってます。
ええ、凄まじいほどの偏見ですがね。
そういう一般市民は嫌いじゃないですが、政治家は大嫌いです。

一般市民は、なんだかんだ言っても、
一人じゃ国一つの意見を全て変えることなどできるわけがありませんし、
そのような立場をとる理由などを聞けば、
嫌に思っても否定できない部分も必ずあるはずです。

政治家は違います。
勿論、彼らも一人では大した力は持たないのでしょうが、
それでも私たち国民を代表する者たちであるのですから、
唯一の被爆国である国の、国民を第一とする彼らが、
そのような発言をしてしまったら、
日本国民すべてがそのような立場をとっているのと同じことになってしまうからです。
極論ですが、間違ってはいない理論、だと思いますが。

今の日本の代表は、選挙の前から、
こいつにだけは絶対いれないと思っていましたね。
ええ、今の日本の代表は、
個人的にクソだと思ってます。何の感情も沸かないくらい嫌いです。
私の一般常識があまりに足りなすぎるのかもしれませんが、
彼が言っている政策は、私の知らないことばかりであると思います。
防衛関連の国の組織が昇格したり、
そんな大事なことをテレビですら、まとまってから放映し始めたように思えます。
恐らく、大部分の方は、いつの間にこんな政策ができたのか、と思ったでしょう。私もその一人です。
あまりに自分の意見を公表しなさ過ぎです。
密かに自分の考えた政策を進めてしまい、それがどんどんおかしな方向に進んでいくように思えので、
今の総理は消えてもらいたいところです。ちょうど、選挙も大敗しましたしね。
そうなると、次は誰が総理になるんでしょうね、
やっぱり薔薇乙女閣下なのかしら。




さて、話を本筋に戻しましょう。

原爆は正しいか否か、そんな次元ではないと思っています。
人の命、それも数十万の命を左右するモノを、
使うのが正しいのか、なんて言えません。
そこにどんな大義があったって認めない。

ただ、勿論、原爆は悪いものかもしれませんけれど、
私は、そこまで原爆は悪いものだとは思っていません。

包丁と同じで、使い方によるものだからです。
ただ、それがあまりに強力すぎるだけの話であって。

現在だって、原爆の原理を利用した、
正確に言うと、原子を利用した原子力発電所で、
ハイリスクハイリターンの恩恵を受けています。
あまり聞こえはよろしくないですけれどね。
これもまた使い方次第ですし、
誤ったら甚大な被害を受けているのも事実です。柏崎原発所もそうですね。


さて、歴史的な背景を少し。

アメリカとの間で結んだ「サンフランシスコ平和条約」というのは、
お互いの賠償金の請求権を放棄する条約も含まれているのはご存知のことだろうと思います。
世界史を勉強していれば恐らく習うとは思いますが、
ここらへんも常識として知っておくべき範囲ですね。
だから、それ以前に行われた、
ドイツが他国へ多額の賠償金を払ったという話を、
第二次世界大戦ではほとんど取り上げられなかったのですがね。

当時、疲弊した日本に賠償金を払う余地などありえませんでしたから、
この提案は幾分かよかったように見えるかもしれません。

7月の終わり。
原爆を落とす前。
日本は、実は、アメリカに降伏するための条約を持ちかけたのだそうです。
アメリカ側は黙殺。
原爆の投下が行われました。
今日、知ったけれど。知らないことばかりですね。


あぁ、だからといって、
私はアメリカ側だけを批判するわけではありません。
日本の敗戦は自業自得だと思っていますからね。
原爆の投下は許されないことですが。
日本だって中国に散々なことをしていますし、
原爆と同様、今でも彼らには見えない傷跡があるでしょう。





私が思う結論っぽいのは。

どっちが先に始めたから悪いとか。
攻撃されたからやり返すだとか。

そんな“オトナ”の事情だなんてどうだっていい。

そこに“ソレ”があることが我慢できない。

それを開発したところで、人の命を強制的に終わらせるもの以外の何物でもない。

だけど、核兵器はそんな簡単にはなくならない。


もしも、この世界がマフラーであるのなら。
今の世界は無秩序に編みこまれたカタチが歪なマフラーであると思う。
もう、それは叶わないけれど。
マフラーを丁寧に解いて、編みこむ前の毛玉に戻すことができるのなら。
今度は綺麗なマフラーを編むのが、人類の正しい立場かと。

叶わないと知っていながら、
それでも叶えようとする人たちが、
少しでも増えるのなら。

それがもし叶わなくても、
それはそれで、セカイにとって幸せなことなのではないでしょうか。


そう思う私は、
長崎出身の、地元から選出されたにもかかわらず、
ワケのわからない発言をした某政治家みたいな諦めた発言をするのはありえないと思っていますし、
今、私たちができるコト、
戦争について知り、理解し、自分の立場を得、それを世界に広めていくことだと思います。
原爆を落とすのは間違っていたと、断固として決め付けるワケではなく、
当時の凄惨な現場や状況を広めていくことだけ充分なのです。

あとは、その人の思想と良心が判断してくれるでしょうから。
それについて、私は何も問いません。




まぁ、なんだかんだ言ってましたが、
別に難しい話ではありません。

ただ、今できることをして欲しいです。
私は、決して偉い立場の人間ではありません。
そのようなことを押し付けられるワケではありません。
ただの、拙い、願望です。


コレが少しでも広まってくれれば、
意見が違えど、正しいとは思っています。

偏見ですから、それが正しいのかは分かりませんし、
数は正義ではありませんから、多くの人の共感を得ようとも思っていません。
ただ、そう思ってくれれば、私は満足です。






…纏め方が微妙すぎる。

あぁ、マジメな普通の日記も書きたいんだけれど、
空気的に書けないよなぁ…。

明日にしよう、うん。







被爆者の方々に、
せめて眠りの中では良い夢が見られますように、と願いつつ。





今日は此れにて。


Colorless Wind。

【Colorless Wind】=【色無き風】



solaのOPより。
実にいい曲だ。


レス


>リッチー
マジですまんかった。
また機会があったら連絡するわ。


>マー坊さん
申し訳ありませんが、
現在、相互リンクは受け付けておりません。





仙台育英、一回戦突破おめでとうございます。

投手、150キロ越えとは、よくやった!!!!
このまま最後まで突っ走ってください。

静岡の代表?

しらね。



優羽は、野球好きの知り合いと見に行ったらしい。
いいなぁ、大阪とか京都らへんの人たちって。

意外とイベントとか関西も多いよね。

夏に、ARIAのイベントもあるらしいんだけど、
生憎、こっちにいるので参加できず。惜しい。




さて、今日は、久々に身内であるリッチーとギルティ。


あぁ、やっぱり、まだ聖ソルよりカイのほうが強いのか…。

まぁいいけどさ…。
でも、当然、年季が違うよね、うん。

カイは中学の頃から、ほぼずっと一筋で使ってきたワケだし。
聖ソルを本格的に始めたのは、6月からだもん。
立ち回りも、振っていい技とかも、
カイに比べればまだまだ知識が浅いわけで。



明日の午前中、彼女さんと一緒にポケモンの映画を見てきます。

ゴメスとかニャンチュウとかが、
どうしてもウチの彼女さんの顔を見たいらしく、
写真を見せろだの会いたいだの言いまくっておりましたが、
明日映画に行くから張り込んでたら?
といったら、本気で時間を調べて張り込むとか、
ウソなのか本当なのか、
よくわからないコトを言ってました。


…や、別に顔バレしたところで、
オレにはなんのデメリットもないワケだが。

むしろ、自慢できるというメリットしかないのだけれど、
それでもいいなら、各自自己責任でどうぞ。

でも、どうして見たいんだろうね。
人の彼女の顔なんか見て楽しいのかな。
もう4年も付き合ってるオレが言うのもなんだが、
別にそこまでかわいいというワケでもないんだけれど。

ただ、いつの間にか、とっても自分好みの顔になっていただけで。

客観的に見て、好みだとは、残念ながら、思えないです、ええ。


う、言っていて心が痛いわ…。





カラオケにて。


まぁ、いつもどおりのカオスぶりだが、
曲は新参者が多い。

ふぃぎゅ@はガチで電波ソングであるが、
他は、アニソンの中でも、まぁ、普通だったのかしら。

やや水樹さん多め。



あぁ、リッチーがふと零した、
水樹奈々は演歌歌手だったというコトについて。





姿かたちはずいぶんと変わっているけど、
声はほとんど変わっておらず。

ほら、顔は見てやるなよ。

だが、ファンにとって、このCDというのはとんでもねープレミアもので、
一枚数万円するのだとか。そりゃ貴重だしね。

この当時からいい声してたのね…。
やっぱり生まれつきの才能というものは恐ろしい。







と、ここまで色々と書きましたが、
とりあえず、結論から言えば、
明日の午後と明後日は暇してるということです。

11日、街さんとかと一緒に遊べないかしら。
や、あの状態じゃフルボッコなんだけど。




いやぁ、それにしても、
今日のスレいじめはマジで面白かったわー。

彼、きっと、すげぇキレてたねーwww
オレもあんなことされたらキレるもんねー。
ダスト振りまくり、セバー振りまくりで、
けちょんけちょんにしてやったあと、
さすがに中段ガードし始めたところで、
ほぼ捨てゲー。


はっはっは。
連コどころか、席を立ちすらしなかったらしい。
どんまい。
実力じゃ、今のところ、君じゃあオレにでさえ勝てんよ。









余談。

メイトで話した、ダ・カーポⅡについて。

ごめん、アレ、マジでうpした。



ダ・カーポⅡは、こちらからどうぞ。

passは「オレの一番大好きなマンガのタイトル4文字+“s”」。

身内用です。他の人は許可しませんので注意してください。





で、リトバス関連。

色々なツールがありまして、
それが同じくこちらからどうぞ。

passは「utaware」。

音楽集みたいなものと、メールで示したものがあります。
どっちもフリーでダウンロードして構いませんが、
二次配布は禁止する上、
ダウンロードした際は、必ず一声コメントなりメールなりしてください。
オトナの事情というものがありましてね。






そいでは。


ウチの彼女さんが見たければ、ザザへ集合。

何時の映画を見るかは秘密です。

それにしても、ポケモンってたくさん上映してるのね…。
たぶん、夏休みに入った子ども向けなんだろうけど。

あぁ、ウチの彼女さんって、
未だにポケモンが大好きなんだよなぁ。

大人に見えて、まだまだ私たちも子どもなんですかねぇ。


一番好きなポケモンは、ラプラスで一致。
強いしかわいいよねー。



Hot spring vacation! vol.2

【Hot spring vacation! vol.2】=【温泉旅行その2】



私信から。


明日の午前中に出る予定なので、午後から暇してます。
誰か、構ってあげてください。


>リッチー
受験勉強乙。
DSのコトをすっかり忘れていたワケではなく、
ほとんど覚えていなかっただけなんだが、
7月の初めの頃にDSは戻って来て、
ゆりの知り合いが欲しいだの言ったらしく、
元々の所持者であるため、
残念ながら剥奪されました。すまん。










本編。


飲み明かした朝、もう一度、お風呂に入ろうと言うコトで、
眠ってる連中はそのままで、
起きてる人だけで入りに行くコトに。


こんな時間じゃ誰もいないだろ、てなワケで、
オレと優羽、直也、ゆり、従妹の5人で、
勝手にみんなで男湯に入るコトにした。




勿論、タオルはしてますよ?



入るまではね。
タオルを湯船に入れるワケにゃいきませんので。



「背中向きだからね」
「誰もお前のなんか見ねーよ」
「にゃによ。魅力ないってワケ?」
「ねーだろ」
「俺はどっちのも見たいけどなぁ」
「おー、直也、アンタはいい子だからこっち来てもいいよ」
「え、マジで?」
「ただし、来たら、おねーさんの胸で溺死ね」
「いいよー」
「えー」





そんな意味不明な会話をしつつ、
このアホなメンバーで背中をくっつけながら、
温泉を満喫したのでした。

それにしても、女の子の肌って、ふにふになのね…。
背中でもふにふにだわ…。

や、これは、タダの脂肪d(ry






何に関してもフリーダムなのがウチのサークルの最大の特長。

男女の境界線も、あってないようなものだし。


特にこの5人は。

"前"とか、ゆりに何度見られたか…。


や、オレだって、ちゃんと覗いたけどさ。

お互い様にゃのかなー。



帰って来ても、まだ全員寝ていた。
朝ご飯の時間だし、起こすコトに。


で、朝食から昼食までの時間は、
ずっと、麻雀やってた。

…む、オレだって、つい最近、
とゆーか、春休み? アレ、GWのときだっけ、
覚えてないけど、そのときに覚えたのだし、
イマイチ分からんのだが、
ゆりと優羽が麻雀を極めてるので、
点数とかを教えようとしてくれた。



だが断る。



最後まで覚えないまま昼食へ。



食後、外に出るコトに。

暑いが、柏よりは幾分涼しい。
浜松はどれくらいの気温なのかしら。
やっぱ、浜松のほうが涼しいのかしら。



で、ブラブラしてるうちに午後4時。


汗流しに、もう一度温泉へ。

今度は男女別々。

野郎4人組で、新しく入学した大学の不満などをぶちまけたり、
今後の指針などを話し、聞いてるうちに夕食へ。

ぬお。
蟹すきじゃねーか。うまうま。



またもやお風呂。


入り過ぎな予感。


久しぶりにラムネを飲んだあと、
あまーいコーヒー牛乳を飲んで、
卓球場へ。




オレは元々テニスをやってる人だから、
卓球やバドミントンなど、
ラケット競技は比較的上手にこなせると思う。

あ、クリケットは別ね。
アレ、めちゃくちゃムズくない?


反面、ウチの彼女さんは、
病気がちなせいもあって、
まったく運動ができず。

手先が器用だから、慣れれば巧くなると思うんだけどなぁ。



教えてあげたりしながら優しい時間を過ごす。


で、またもやお風呂。

汗を流したあと、
カードゲームが始まった。


最初は人数的な関係でウノに。





「きょーくんが同じ数字を揃えるクセがあるから、残りの4枚は全部同じ数字でオールカラーだね。んじゃ、ドロー4」




ぬあ。
完全に読まれてるじゃねーか。


第一、
オレの右隣りがゆりで、左隣りが従妹な時点で、
オレの負けはほぼ確定しているのである、まる。



いやいや、そこでドロー2は持ってないだろ…。
リバースとスキップは自重しろ。




で、今に至る。






まだまだやるぜー。



楽しいと思える時間は、
今が一番楽しめるのだから。




みんながここに集っている奇跡に。



本当の意味での乾杯を。


Hot spring vacation! vol.1。

【Hot spring vacation! vol.1】=【温泉旅行その1】


携帯から失礼。


いやはや。

とりあえず、箱根のみなさん、うたわれるものですよー。




お盆の前は微妙な時期であるのか、
思ったよりも人がおらず。


温泉に入って(混浴じゃないじゃん…)、
久々のゆったりまったりの時間。

彼女さんと2人きりになる機会にようやく恵まれて、
一ヵ月、一緒にいられるね、とか夏休みに馳せるコトばかりを話してた。

あ、ポケモンは見に行くらしい。
ダークライ、ゲットだぜ!

春菜は従妹と行くとか言ってた。



そこで、一日目ではお馴染みの、恋愛相談室。

泊まりのときには、ほぼ間違いなくやる話題なのである。
実際の体験談を話す必要はなくて、
「こういう場面だったらこうして欲しい」
とか、くだらない妄想ばかり語る時間。





なのだが、今回は何故かリアルな話に方向転換。



お題は、
「付き合っている相手をもう一度、口説こう」
というもの。
元ネタは、宣伝中の、R35とかゆーアルバム。




そうなると、必然的に、ここにいる相手同士、
つまり、綾馬&ゆり、オレ&彼女さん、となるワケである。



どーやら、女の子ってのは、
いつでも相手から口説いて欲しい生き物らしい。




綾馬はカッコいいから、拍手喝采と、極めて珍しいゆりの頬染めによって、
なんなく終わってしまった。




そう、問題はどう考えてもオレなのである。


酔っ払っているこいつらを止める手段はない。




そこで、オレは考えた。


4年前に告白したときの言葉を用いるのはどうだろう。




あのときをリアルに再現したら、それはそれでいーじゃないか。

余計なコトを言ってしまうと、誇張にウソを重ねまくり、
後々の伝説として語られてしまうからである。






あぁ、なので。





告白の言葉を、今現在の気持ちに置き換えて。




あの夏の日と同じように。



あの甘さを覚えたままで。





そっと、みんなの前で、唇を重ねたのでした。














随分と珍しい感じの日記ですねー。酔いがヒドいからかしらー。恥ずかしいー。




明日も箱根の旅は続きます♪


From a white, gentle town。

【From a white, gentle town】=【白いやさしい街から…】




機構学、単位落とした…。orz

来年も機構学やらんきゃいかんのか…。死にてぇ…。





それはともかく。



今日は、ギルティのお話ばかり。










ヴェノムと聖ソルのダイヤグラムってどうなってんの?



カイとヴェノムは、4:6くらいでしょう?


聖ソルとヴェノムは、5,5:4,5くらいか?



でも、ヴェノムに勝てねぇ…。








相手がどんな雑魚でも、


髭、フォモ、アクセル、ロボカイ


には勝てない自信がある。




絶対勝てない。





ダイヤグラム関係なく、勝てない。




ファフがリーチ、威力、補正すべてにおいて優秀だから、
どうしてもファフに頼りがち。


いかんね、こりゃ…。



25%使うんだし、
暴れ潰し、遠距離で刺す、
リーチの短い聖ソルにとって、
そして、技的に好きなオレにとって、
必要不可欠な技であるから、
大事にゲージ使わんとね。


遠Sと2S、ロックイットが主な初撃だろうか。
ガトリングに6P組み込んだほうがいいよ、って言われたんだけど、
6Pっていつどこに組み込めばいいんだろ…。

ルートとして、近S、立Pから繋がる。
発生は少々遅いものの、ノックバックが少ないから、
ガトリングの継続には使えるかもしれんけど…。

使い時がわからんのぅ…。



聖ソルは、カイと違って、コンボムービーとか見て研究してないから、
勝手なコンボとか多いし、立ち回りとかもよくわかんないんだよね…。


さすがにこのままじゃマズそうだ。
どこか、聖ソルのいいまとめサイトでもないかしら。

そして、未だに落ちダスができないワナ。
なんでだ…。

誰か、コツを教えてください。鴨さんのとこじゃできないのよ…。





あ、バトルファンタジアの店舗大会、
ワトソンで優勝できました。

最近、ほとんどやってなかったんだけどなぁ…。

準決勝で苦手キャラ、決勝で得意キャラが当たったので、
決勝のほうがすんなり戦えたという。


ワトソンのエリアルは目押しに近いから、
髭に近いのよね…。火力はぜんぜん違うけど。




…アレ。もしかしたら、オレ、髭に向いてるのか?





まぁ、今更、髭をやる気にはなれんが…。

もっと、あの髭が弱くなったら使ってみよう。

今使っても、テスタと同じくキャラ厨になるわ。



や、カイから、聖ソルに乗り換えた時点で、オレもキャラ厨なんだが。



気にしない気にしない。



















血を見るのは嫌いではあるけれど、
ゲームやアニメ、ドラマなど、現実とは隔離された世界での出血シーンなどは、
特に気にならない。
たぶん、現実と仮想空間での、決定的な壁がオレの中にはあるんだろうな。


だもんで、ARIAの中で描かれる冬景色というのは、
好きじゃないけれど、嫌いじゃない。不思議と入り込んでしまう。

やっぱ、そう考えると、ARIAはいいマンガなんだなぁ、と。


ARIAは、面白いというより、いいマンガなんですよねー。





そんなワケで、ARIA2期の最終話より。







タイトルはここから。

3月にウチのサークルと、彼女さんでイタリアに行ってきたワケで、
そのとき、ARIA好きなウチのサークルは、
もちろん、ヴェネツィアにも行ってきた。



このエピソードを見れば分かると思うけれど、
ヴェネツィアの人って、本当に人と人が触れ合うのが好きな街なんですよ。

サン・マルコ広場で、写真を撮ってくださいって、
未来が頼んだんだけどね。


あぁ、ちなみに、未来は、
日本語、英語、ドイツ語、イタリア語、中国語、オランダ語が、
ぺらっぺらである、語学においては天才的です。

まぁ、その話は機会があるときとして。


そうそう、写真を撮ってくださいって言ったら、
そこにいた地元民が、イタリア語で、

「現地の人と一緒に写真を撮りたいんだって! みんなで集まって撮ろう!」

と言ってくれたらしく、
そこにいた地元民約30人くらい集まってきて、
初めて会う人たちなのに、一緒に旅してきたみたいなフレンドリーさで、
肩とか組みながら写真を撮った。



本当にいい街でしたよ、あそこは。

もう、なくしてしまったような風景が広がっていました。



でも、なくしてしまっても、
それがあったころの私たちの記憶や思い出は消えないでしょうし、
それでも、これからの未来と子どもたちに、
その景色を見てもらいたいのなら、
今、ここにいる私たちが、このヴェネツィアのような素敵な街を、
少しでも作るのがこれからのためになると思います。


えぇ、ARIAの影響もあって、多少、ヴェネツィアに補正が入ってるとは思いますが、
とてもいい街であることは間違いなかったです。




大学卒業したら、また行こうかな。


無事、卒業できたらの話だけれど。orz


Shining stars bless☆

【Shining stars bless☆】=【輝く星の息吹】



タイt(ry



ななついろのOPと被ってしまったのは偶然である。





テストもいよいよ大詰めとなってきて、
明日、「物理学」「機構学」で、
月曜日に「英語」となってきて、
完ぺきに手を抜けない教科が続いていて、
テストがない、この3連休も一所懸命勉強してました。



ヤバい…。物理、ヤバいあるよー…。

先生優しいから、点数低くても、レポート出したら救済してくれるかしら…。

機構学も、リアルに単位落としそうだしなぁ…。どうすっかなぁ…。






そんなコト言いながら、久々にちょこっと家庭用のギルティを触ってみた。







アレ、スタン青が出ないよ…。






( ゚Д゚)






せ、聖ソルなら…。







アレ、41236DがただのDに化けるよ…。







( ゚Д゚)








ダメだ、こいつら…。話にならん…。


ギルティ、もうダメだわ…。







Σ(・.・)





この顔文字、リトバスに出てきたとき、
不謹慎ながらウケた。








/小説


プロット読んでくれた方に、一応、ここで連絡。
一章配布時に再度連絡しますけれど。

プロット再構築。
主人公に設定追加。
リトバスに影響受けまくり、シナリオ、大幅に変更。

というコトで、半分くらいまで書いてたんですが、
書き直ししてるので、もうちょっと時間がかかりそうです。すみません。
夏休み中の配布はできそうです。
つまり、9月の中旬までくらいですかね。大学の夏休みは短いようで長いのです。

イメージカットのリクエストがありましたが、
色々と都合がありまして、カットを描き下ろすことはできないです。
主人公とヒロインの二人だけのカットなら、
時間があったら描きたいと思います。
…でも、きっと、キスシーンとかリクエストされるんだろうなぁ。
キスはやーよ。青少年に相応しくないわーよ。







/オマケ


■タ  ウ  ン  ワ  ー  ク  見てみろww

タウンワークはじまったな。
恐ろしい時給だ…。

しかも、国立って、オレの姉貴が元々住んでたところから、
ものすげぇ近いじゃん。今は大阪だけどさー。




ニコニコ動画からもやろうと思ったんだけど、
書いている現在、メンテ中で見れない状態に。



Little Busters ! play memory 04

【Little Busters ! play memory 04】=【リトルバスターズ! プレイ日記04】




プレイ日記というのには語弊があるのだがね、ワトソンくん。






まぁ、Refrainを昨日からやり直してるので、
プレイ日記といえばプレイ日記なのだけれど。



プレイ日記といえば、
ニコニコに、随分とリトバスのプレイ動画が上がってきましたねぇ。

コンプしてある状態から、ニューゲームしてるため、
かなり内容は違うんだけれど。

そして、泣ける最終シナリオも遂にうpされる状況に…。

あそこはプレイして確かめて欲しいです。

どのような状況で、彼らが言ったのか、
すべての結末、その果てを。



リトルバスターズに、懸け、駆け抜ける、その瞬間を。

是非、プレイして確かめてください。






それでは、前書きもそこそこに、
最終シナリオの纏めとか書いてみたりします。



通常ルートは面倒なんで…。


more...

プロフィール
メールアドレス aria_0130☆yahoo.co.jp

Author:跳水
平凡な毎日…ではない気がする
フツーの大学生の物語。
性別:男。
趣味:ゲーム、読書。

読書
跳水未菜の最近読んだ本
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
応援中
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
「はつゆきさくら」応援CHU!! 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。