スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天気。

突然ですが、どんな天気が好きでしょうか?


今日、予備校の自習室にいたのですが、
お昼ご飯を食べに帰宅する途中、
偶然にも散歩をしている彼女に会いました。


「雨降ってるのに、なんで傘差して歩かないんだよ」
「だって……」


人のことに関してはすぐ怒るクセに、
ホントに自分のことはどうでもいいようです。
心配している人の身にもなれってなもんです。


「これくらいの天気が一番好きだから」
「はあ?」
「肌で感じたいときがあるのっ」
「はあ……」


もう、結構長く付き合っておりますが、
未だに彼女の言動に首を傾げることがあります。

詳しく訊いてみると、どうやら、

曇りの日と雨の日の真ん中で、
雨は降っているけれども、
雨の量は少なくて、
傘を差さなくても充分行動できるけれど、
やっぱり、肌に雨を感じるくらい


の天気が好きらしいです。


ランキング投票です。投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
メールアドレス aria_0130☆yahoo.co.jp

跳水

Author:跳水
平凡な毎日…ではない気がする
フツーの大学生の物語。
性別:男。
趣味:ゲーム、読書。

読書
跳水未菜の最近読んだ本
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
応援中
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
「はつゆきさくら」応援CHU!! 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。