スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

髪切り。

私が髪を切りました。

おお、明日もテストがあるというのに、何たる余裕か。

や、赤点がないので余裕なだけで、
点数がヤバいのは避けられないのですけれど。


物理わかんねぇ…orz




髪を切るのは、最近、自分でやるコトが多いのですが、
流石に切っていない時間が長かったためか、
だいぶ、伸びていました。
切ってもらわないとダメなほどに。


「切ってあげる?」
「や、すごくいいです。器用だけどな、それとはちょっと違うから」


彼女に切らせたら、どんな髪型になるか想像できないから怖いです。


「髪の毛に触りたいんだよ~」
「自分のでも触ってりゃいいじゃん」
「む、跳水くんだって、いっつも私の髪の毛、暇さえあれば触ってるクセに」
「それとこれとは別問題だ」


触りたい欲求と、髪を切りたい欲求は違うでしょうに。



まぁ、私は髪の毛ふぇちですので、
自分の髪の毛も、彼女の髪の毛も大好きです。



フェチって、他にどんな種類のがあるんでしょうねぇ…。



ランキング投票です。投票をお願いします。
オリジナル小説 「風唄」 「冷たい迷路」 を連載しています。

comment

管理者にだけ表示を許可する

フトモモにきまっとろーがぁぁあ!
死ぬ前に一度、是非にも俺の小太郎を挟んでもらいたいものだ。

あー…。太ももね…。
そーか、アナタはまな板好きだから、胸じゃできないのかwww
プロフィール
メールアドレス aria_0130☆yahoo.co.jp

Author:跳水
平凡な毎日…ではない気がする
フツーの大学生の物語。
性別:男。
趣味:ゲーム、読書。

読書
跳水未菜の最近読んだ本
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
応援中
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
「はつゆきさくら」応援CHU!! 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。