スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想定外。

歯医者に行ってきたのですが、
異常はなかったようで一安心です。


そのあと、みんなで外食することになったのですが…。

「ねえ、ここ、どう考えても高そうじゃない」
「えー。別にいーじゃん。跳水くんの歯医者代の残りでってコトで」
「や、そんなお金ないから」

メニューを開く。

…1800円?

………は?

……これ、昼なのよ?


「いや、出よう、ここ」
「ちょっとっ。もう入っちゃったんだから」
「頼み逃げは犯罪じゃないよ」
「ああ、売買契約法ね…」

さすがは法学部志望だっただけあって、分かったようです。

ちなみに、その法律というものは、
分かりやすく説明すると…。

飲食のやり取りは【買い】と【売り】という契約によって成立します。
法律上、買い手は売り手を選べるし、その逆も然りです。
従って、店が作った料理を、買い手は吟味することができます。
買い手との予想と違っていたものが出てきたり、汚れがあったりしたものの場合、
買い手である客も選ぶことが可能であり、
お金を払わずに帰っても犯罪ではありません。
すなわち、店のものを注文した段階では、売買契約を結んでいないということであり、
頼み逃げという概念は法律上、この世に存在していないのです。
思った以上に金がなかったりした場合、逃走した方が見のためです。

ちなみに、食い逃げは犯罪にならないことがあります。
全てのものを食べ終わった後、
誰にもウソをつかずに逃走することにより、
詐欺罪を適用することもありませんし、
食い逃げをした人は、
「代金を支払うことを免れた」
ということになりますが、
これは法律上、犯罪になることはありません。
ただし、これは刑事上のものであって、民事上では訴えられますので、
きちんとあとでお金を払わなければいけません。
このとき、刑事裁判になったとしても無罪を勝ち取ることができますが、
普通の人はしないようにしましょう。

…だったかしら。
従妹にそんなコトを吹き込まれたような。
つーか、アナタは国際弁護士志望じゃないのか。


で、食べ終えた後、
代金を払いに行くと、

「あ、この子が払ってくれるんで」
「いや、オレは知らないぞ」

店員さんが困った顔で見ています。
そして、彼女はゆっくりと笑いました。

「ああ、すみません。

 この子、バカなもんですぐに忘れちゃうんです


…いや、そんなコト、わざわざ店員の前で言わなくても。

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
メールアドレス aria_0130☆yahoo.co.jp

跳水

Author:跳水
平凡な毎日…ではない気がする
フツーの大学生の物語。
性別:男。
趣味:ゲーム、読書。

読書
跳水未菜の最近読んだ本
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
応援中
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
「はつゆきさくら」応援CHU!! 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。