スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Be Just or Be Dead。

【Be Just or Be Dead】⇒【Be Justice or Be Dead】
【Be Justice or Be Dead】=【正義か死か】=【正義在らざらば死を】
某格ゲーのテーマ曲より。
聖騎士団奥義を習得する前に、浮気するだろうなぁ。



「おはようございます…」
「あ、おはよう、琥珀。起きるの遅かったね」

パジャマ姿のままリビングに現れる彼女。
一昨日の夜は、狭い部屋に全員が泊まるワケにもいかないし、
道徳的に、というか、私的に、夜が危険なので、
近くのホテルに素泊まりする予定だったらしかったようでして、
あらかじめ持ってきていたようです。

「はい? …え、と。今、何時ですか?」
「10時半ですよ」
「じゅ…ご、ごめんなさいっ。寝坊してしまいましたっ」

お手伝いさんとして起きてはいけない時間らしいです。
最近、7時がノーマルな起床時間ですから、
私だったらこの仕事、できませんね。

「朝食は…」
「あ、オレが作りました。用意してあるんで座って待っててください」
「本当にお世話になってすみませんです…」
「いいじゃん。ずっと運転してて疲れたんでしょ」
「ですが、こんな時間に起きていたら怒られてしまいます」
「今日はお休みの日でしょ。休みの日くらい寝てりゃいいって」

説得するゆりと、規律を守ろうとする琥珀さん。
で、オレは朝食の支度。

お客さんが全員揃うまで、自分も食べないのがオレルール。
「いただきます」したあとも、全員が口をつけるまで、
私は箸を持ちません。これもオレルール。
ちなみに、お味噌汁を最初に口にするのが日本料理のマナーですよん。
知らない人が多いですけれど。

「はい、どうぞ」
「跳水さん、料理が上手なんですね」
「慣れてるだけですよ」

強制的にだけどな。
普通の人間として育ちたかったもんだけれど。

「美味しいですね…。本当に」
「でも、ちょっと味濃いよ」
「私たちが作るよりも、多少、濃いですが、私はこっちの方が好きですよ」
「えー」
「次からは少し濃い目にしてみましょうか」
「やだー。私は薄い味の方が好きだもん」
「焼肉食べに行くと、タレをべったべたにつけるじゃんか」
「味がないじゃん。だって」
「そういうのを味が濃い方が好きって言うんですよ」

や、そりゃ美味しいのは当たり前だと思います。
時間があったから手間暇かけられましたし、
昨日買ってきた食材が、高級なのばかりでして…。
選ぶものが、一般の家庭のものじゃないです。
しかも、高級食材を見慣れているのか、
いいものばかり選んでくれるのです。
食費は向こうもちですし、料理しがいがありますよー。

だって、大体、一人700円くらいだと思います。
朝食に700円だって!
いつもならご飯一杯だけで朝食終了なんだけどね!

「でも、琥珀さんも料理上手ですよね。結婚したらいいお嫁さんになれますよ」
「は、はいっ?」
「あー、そういや、付き合ってる人いたよね」
「は、はい…。います、けど…」
「結婚しないの?」
「いえ、そのぅ…。まだ、彼も大学院生ですし…」
「ドコのですか?」
「昨日見に行った、東大の新領域です」

うわぁ…。
私の周り、東大の新領域がやたら多いですね…。
私の姉もそうだし、ゆりもそうだし、琥珀さんの彼も。

「彼、東大の理一だったよね」
「はい。同じ大学でした」
「なにで知り合ったの?」
「え、と、大学のサークルが同じでして…」
「ふぅん。一度しか見たことないから、顔はよく覚えてないけど」
「え!? なんで見たことあるんですか?」
「なんか浮かれてたとき、追跡してみたの」
「つ、追跡って…」
「一緒にいるとき、どんな顔するのかなって。敬語を使ってるトコしか見たことなかったし」
「う、うぅ…。ヒドいですよ…。知らない間に見てるなんて…」
「紹介しないから悪いんでしょー」
「ゆりさんの家になんか入れられるワケないじゃないですかっ」

…うーん。
なんか、いつもオレの周りって、
オレ以上の大学の人しかいないよなぁ。
オレで一番下だもんな…。
じきにまとめてみようかしら。



そーいや、祝・ブログ一周年。
昨日だけど。忘れてたよー、ごめんよー。
何も企画はない、けど。
暇だったら自作絵でも載せるやもしれぬ。


ハヤテを起きる前に見てみた。
それは続きにて。



アニメを見て思ったこと。




岩本、うるさいwwwww




とりあえず、ハヤテが人気になった理由の一つは、
設定がぶっ飛んでるコトだと思う。

つーか、設定が普通だと売れる理由にはならないと思うんですよね。

親の設定もすごいですが、
超人的なハヤテもすごいです。
こんな設定、普通は考えません。ぶっ飛びすぎてます。


スタート。
ポケ○ンのポ○ゴンフラッシュのせいで、
このウザいテロップがつくようになったのですが、
これのせいで中身が数秒削れてるんじゃないかと心配してます。

OP。
…これ、KOTOKOじゃね?
テロップ見てると確かにそう。
豪華だなぁ、おい。KOTOKO普通は出てこねーぞ、朝の番組に。

中身。
マリアさんがオメガカワユスwww
ハヤテは声からして白石さんか…?
他は分からんけど、ナレーションの岩本だけは分かった。
少し黙ってて欲しいwww
最後のハヤテについて回るアレに吹いた。
結局、最後まで報われないのがハヤテなのであります。



これは期待できるなぁ。
マンガもまだ6巻までしか読んでないから、
PS2もPSPもNDSも新居に置いてきたもんだから、
暇だし、積んであるマンガでも処理しますかね…。

あぁ、麻雀を教えてもらう時間もないし、
仕事もいっぱいあるし…。

会社って、ホントに人使いが荒いです…。
4月から仕事開始なのに、
3月30日に依頼来たし。リハビリ期間はないのかしら。

がんばローゼン。

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
メールアドレス aria_0130☆yahoo.co.jp

Author:跳水
平凡な毎日…ではない気がする
フツーの大学生の物語。
性別:男。
趣味:ゲーム、読書。

読書
跳水未菜の最近読んだ本
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
応援中
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
「はつゆきさくら」応援CHU!! 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。