スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vanish。

【vanish】=【雲隠れ】

今になってようやく気付いた、鈍感なオレ。

結論。
寂しいんでメールしてください。



家に帰って、誰も話す人がいなくて。
人の温もりが感じられないってのは、
物凄い寂しいです…。

今までは、親とは話さないものの、
彼女さんや、彼女の母親さんに仲良くしてもらったし、
クラスメートの仲がとてもよくて、
受験の時も笑いが途切れなかったんですけれど、
やっぱり新しい学校になると、
高校の時みたいな感じではないので、
巧く笑えないし、そんなに親しいワケでもありません。
深く付き合うのはこれからなのでしょうけれど、
今の時期は、正直、かなりツラいです。
春菜に会いに行くのもなぁ…。
遠いし…。

彼女さんに電話してる時間がとても幸せな時間。
オレが、オレでいられる唯一の時間。
ありのままを話せる、大切な時間。

その人がそこにはいないけれど、
優しい空気が満ちています。


…やっぱり。

オレにとって、この人は大切な人です。
死んでも、離さん。


少し、詩を紡ぐように言うと、
誰かに言った覚えがあるけれど、
オレと彼女さんは、オレの中では背中合わせのつもりです。

決して、前を向くコトは許されない。
前を向いたら、倒れてしまうから。

手探りでしか、手を探せない。
背中越しでしか、温かさを感じられない。

…それは、一緒にいても、
寂しいんじゃないか、と思います。




いつかの私が。
そう思った。

確か、病気のコトで、
オレはこの人を支えてあげられるだけの力なんてないと。

そのとき私は、
彼女に聞いて欲しかったかどうかなんて覚えていないが、
泣いた覚えがある。

その泣き声を隠すために、オレが、昔の私に誓いとともに歌ったもの。

それが、オレの今の心細さと不安と、
〈居ない〉コトで、様々な感情を引き連れるコトになったけれど。


―――それは、人知れず奏でる風鈴の音。

感情を抱くために
揺られてねむる ゆりかごのうた。


comment

管理者にだけ表示を許可する

ふっふっふっふ……




首を洗って待ってるがいぃ………。


(´∀`)ww用途違う

マンガでも買い漁ってこよ…。
プロフィール
メールアドレス aria_0130☆yahoo.co.jp

跳水

Author:跳水
平凡な毎日…ではない気がする
フツーの大学生の物語。
性別:男。
趣味:ゲーム、読書。

読書
跳水未菜の最近読んだ本
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
応援中
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
「はつゆきさくら」応援CHU!! 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。