スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I concentrated on Fantasy with youthful enthusiasm。

【I concentrated on Fantasy with youthful enthusiasm】=【オレは青春の情熱を幻想に注いだ】



…なんか、このタイトルはイヤな意味でとられそうだなぁ。


学校が終わった後、
乗り継いで新幹線、そして、浜松へ。


ホームから階段へ行く途中。
花束を持った男がいたので、
「なんだ、こいつは」と思いながら、ふと見やってみると。




ムネオだった。





ええっと。

衆議院議員の、鈴木宗男(?)ですよね、このオッサン。

ボディーガードみたいな黒服の男も数人いたし、
花束持ってるし、あのにやけた顔がテレビそっくりだし、
なんでいるのかはともかく、間違いなくムネオである。


一緒に降りたおばさんも、
「鈴木…?」などと首を傾げ、何度も振り向きながら階段を下りていったから間違いないだろうと思う。

ううん、理由でもあったのかしら。
浜松在住の方々、この数日でなんかありました?



改札口の前では、見覚えのある女の子。


「お帰り。久しぶりだね」
「そうだな。一ヶ月振りなんて、付き合ってから初めてじゃないかな?」
「だね。…でも、これからもっと長くなるんだよね」
「仕方ないだろ。いつまでも一緒ってワケにはいかんし」



その始まりは、大学を卒業してからだから。




おばさんと合流して、そのまま彼女さんの家へ。

実家に帰る必要なんてないしなぁ。
そういえば、GW中は祭りがあったな、この地域。
すっかり忘れてたよ。


「ねえ、悪いんだけど、髪を切ってくれないかね?」
「え? 私はイヤなんじゃないの?」
「そんなことないって。それに、お金を下ろしてなくて」
「そっか。でも、跳水くんの髪を切るのなんて2年振りくらいじゃないかな?」
「そんなになるか…」


恥ずかしくて、切らせてなかったからなぁ。


そのあとは、恐らく、

お相手がいる人の6割が。
いない人の10割が。

殺意を抱くストロベリィ…な展開になっていくのだけれど、
面倒なので略。




今までの不運は、この幸運のためにあったのかしら。








あ、そうそう。

タイトルの意味は、最近、GBAのFF6をやり始めたから。


究極の幻想、ここに至れり。



この時代、スーファミのFF6は、
オレたちの青春だった。

よく街さんと一緒にやったもんだ。


FF6は曲が神で、シナリオも申し分ないと、
まさにスーパーな神ゲーだったのである。


ティナのテーマや、通常戦闘音楽、ボス戦音楽など、
数々の名曲を聴くと、感動のあまり顔がにやけてくる。

世界崩壊後のフィールドの音楽は、口ずさむほどの名曲。


というか、FF6は名曲揃い。
この頃の植松さんは崇拝にあたる存在だったなぁ。

クロノ・トリガーも名曲揃い。
この2作はサントラを買う価値はある。



コマンド表示されてないけど、
マッシュのオーラキャノン強ぇwww




それにしても、DSのパネポンが面白すぎた。
全国対戦が熱い。
しかも、29戦未だ無敗。

誰か、オレを倒してください。















負けそうになったら回線切断するけどね。










あ、ちなみに、
そんなセコい手で連勝を重ねたワケじゃないですからね。

じきにやるかもしれんけど。



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
メールアドレス aria_0130☆yahoo.co.jp

跳水

Author:跳水
平凡な毎日…ではない気がする
フツーの大学生の物語。
性別:男。
趣味:ゲーム、読書。

読書
跳水未菜の最近読んだ本
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
応援中
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
「はつゆきさくら」応援CHU!! 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。