スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Everything to love。

【Everything to Love】=【―――愛にすべてを】



タイトルは、ファイナルファンタジータクティクスより。




今日は、河合塾の記述模試。

ウチの会社の社員は、予定がない限り、全員が強制的に受けされられる。


ウチの会社は、「ゲーム製作」以外に、
「翻訳」という、厄介な部門がある。

つまり、外国からの本を日本語に訳したり、
映画の字幕を手伝ったり、
日本のアニメや本を英語に訳したり、
色々と裏で活躍していたりする。

ので、英語の実力を測るために、
「模試を受ける」「英検を受ける」「TOEIC&TOEFLを受ける」の3つをして、

「河合塾のマーク模試で190点以上、記述模試では150点以上」
「英検準一級以上必須、一級以上推奨」
「TOEIC780点以上推奨、TOEFL200点以上推奨」

のいずれかをとっておかないと、
仕事をやらせてもらえなかったりするんだよなぁ…。



ちなみに。

英検は就職のときに、まったく使えないので注意してね。

TOEICなどは、スコアとして数字が出るけど、
英検の場合は受かったとの情報しか出ないため、
合格点ギリギリと、余裕で受かった人との差が明確に出ないので、
「ふーん。英検一級もってるんだ」程度で済ませられます。

今から英語の資格取る人は、TOEICなどを受けておきましょう。


あと、第二外国語で中国語をとると危険です。

中国は近い上、会社によっては関連が強いところもあり、
「コイツは大学のとき、中国語を勉強してるから飛ばそう」
とかで、中国に赴任させられるコトがあります。
あ、これはマジなんだぞ。

ドイツ語かフランス語を推奨します。

理系はドイツ語をとるのが得策でしょうね。

医学部や看護学部もドイツ語のほうがいいです。

医学書はドイツ語が多いのでね。



…ん?

どれをクリアしているかって?


失礼ですね、オレ、ちゃんと英検準一級は持ってますよ。
一級は落ちたけどさ。


まぁ、テストは、来年、役に立つので、全教科分、会社で受けたんだけど、
(学校で受けるとの同じで、団体割引?みたいなものがつくらしい)
これはこれは…。




範囲がヌルい。




というか。



宣言どおり、180点ならいくかもしれん。


周りの連中も頭いいので、そんなに困らず解いていく。
(大学以上の社員の記述模試平均点は166点ほどらしい)
先生なんて、あんなにぽわぽわしてて、慶應の英文科卒業だし、
アホな総長だって、青学の英文科卒だし。

…てゆーか、英文科卒なんだから、明らかに理系のオレより成績上じゃんよ。

バカにされるのは、スゲェ理不尽じゃねぇのか、これ。


数学は…どーだろ、そんなに難しくなかったけど…。
忘れた部分もあったなぁ…。

化学は簡単だったんじゃないかな。
生物なんてまったく問題なし。40分程度で提出。


問題の志望校は…。












まぁ、秘密です。













いろんな意味で、期待して待っててください。





春菜のお母さんが今日、帰った。


模試を受け終わって、頼まれた原稿を提出して、適当に仕事片付けて、
帰ってきてから、ご飯食べて、駅まで見送りに。


改札口を通って、その姿が消えるまで、オレらは立ってた。

春菜の顔を盗み見る。

気づかれて、訊かれる。

「…うん? どうかした?」
「や、泣かないんだなって。仙台からこっち来るとき、泣いたって言ってたから」
「あはは…。でも、今はきょーくんがいるから」
「なんだ、それ」
「二人とも一緒にいなくなったら、淋しくて泣いちゃうかもだけど、いるから、泣かなくてもだいじょぶ」
「…そうか」
「うん、だからね、今日は帰らないで欲しい」
「明日会えるだろ」
「帰っちゃったら、寝るまでずっと泣きながら電話しちゃうよ?」
「………」


…まぁ、大体、予想してたけど。

本気なんだろうなぁ、こいつが電話するって言うの…。

鞄の中に明日の教科書いれといてよかった。



てか、この女、オレのコト、どう思ってんのかしら。


オレにだって、今週、テストあるっての、知ってるクセに。

…これも大体予想してたから、じゅうぶん、勉強はしたけどね、既に。




明日からがんばろ…。







私信。
ニンテンドーDSのコトだけど、確かめるために開けたら、
あまりにも画面の黄ばみが酷いんで、任天堂に出しといた。
返ってくるのがいつかわからないため、そのときに連絡します。

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
メールアドレス aria_0130☆yahoo.co.jp

跳水

Author:跳水
平凡な毎日…ではない気がする
フツーの大学生の物語。
性別:男。
趣味:ゲーム、読書。

読書
跳水未菜の最近読んだ本
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
応援中
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
「はつゆきさくら」応援CHU!! 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。