スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Truth。

【Truth】=【真実】



本当は8月15日にやろうと思っていた話題だったのだけれど、
今日、テレビの、オレが好きな午後8時からやっている、
某討論番組がこの話題であったので、
久々の社会のお話。

先にお断りしておきますが、
私の思想は、常に偏見に満ちているのにもかかわらず、
それを正しい意見として昇華させようとしているので、
見ていて好ましくない表現が含まれている可能性があります。





8月6日は広島、9日は長崎に原爆が落とされ、
15日ポツダム宣言を受諾した日本。


ここでの主軸は「原爆の投下が正しいか否か」という問題としましょう。

さて、恐らく、被爆国の国民であるという意識が、
歴史を重ねるにつれて色褪せている日本国民の皆様方は、
これに対してどのようにお思いでしょうか。

残念なことに、既に、原爆を落とされた日にちすら、
知らない方もいらっしゃるのでしょうね。

ゆとり世代であっても、
小学校の社会の教科書には載っていますし、
それ以前に、常識として、日本国民として、
知っておくべきです。

忘れてはならない傷跡です。
戦争時代に生きている人も少なくなってきた今でさえ、
それは、確実に凄絶な爪痕を残しています。



私は「正しいか否かの次元ではない」という立場であります。

「正しい」か「正しくない」かの二択で答えるのならば、
「正しくない」と答えます。

ただ、
「原爆が作られた以上、いつの時代か、日本以外の国かもしれないが、原爆が落とされる」
というのは必然であると思います。
それは残念ながら認めざるを得ません。

何のために作られたのか、それは勿論、戦力の拡大でしょう。
他国より強くあれば、攻められることはない、
だから、核兵器を開発できれば自国は攻められない。
単純なガキでもできる思想です。否、子どもの思想であるといっても過言ではありません。

使用したのは、アメリカ側の立場によると、
「使わなければ本土戦争になり、さらに多くの日本人の命が失われることになった。したがって、原爆を使うことによって日本人の命を救ったのだ」
というコトのようです。

アメリカ側の言い分には、日本人にとってはどうしても理不尽に思いがちですが、
確かに、ある意味、間違ってはいないと思っています。
原爆を使わなければ、確かにもっと多くの命が失われていたかもしれませんし、
今のような発展もありえなかったかもしれません。

けれど、そのような意見を認めるわけにはいかないですし、
きちんと謝罪を求める立場をとるべきであると思います。
「原爆は仕様がない」「原爆を持とう」などとほざく政治家は、
現実主義どころか、思想が腐ってると思ってます。
ええ、凄まじいほどの偏見ですがね。
そういう一般市民は嫌いじゃないですが、政治家は大嫌いです。

一般市民は、なんだかんだ言っても、
一人じゃ国一つの意見を全て変えることなどできるわけがありませんし、
そのような立場をとる理由などを聞けば、
嫌に思っても否定できない部分も必ずあるはずです。

政治家は違います。
勿論、彼らも一人では大した力は持たないのでしょうが、
それでも私たち国民を代表する者たちであるのですから、
唯一の被爆国である国の、国民を第一とする彼らが、
そのような発言をしてしまったら、
日本国民すべてがそのような立場をとっているのと同じことになってしまうからです。
極論ですが、間違ってはいない理論、だと思いますが。

今の日本の代表は、選挙の前から、
こいつにだけは絶対いれないと思っていましたね。
ええ、今の日本の代表は、
個人的にクソだと思ってます。何の感情も沸かないくらい嫌いです。
私の一般常識があまりに足りなすぎるのかもしれませんが、
彼が言っている政策は、私の知らないことばかりであると思います。
防衛関連の国の組織が昇格したり、
そんな大事なことをテレビですら、まとまってから放映し始めたように思えます。
恐らく、大部分の方は、いつの間にこんな政策ができたのか、と思ったでしょう。私もその一人です。
あまりに自分の意見を公表しなさ過ぎです。
密かに自分の考えた政策を進めてしまい、それがどんどんおかしな方向に進んでいくように思えので、
今の総理は消えてもらいたいところです。ちょうど、選挙も大敗しましたしね。
そうなると、次は誰が総理になるんでしょうね、
やっぱり薔薇乙女閣下なのかしら。




さて、話を本筋に戻しましょう。

原爆は正しいか否か、そんな次元ではないと思っています。
人の命、それも数十万の命を左右するモノを、
使うのが正しいのか、なんて言えません。
そこにどんな大義があったって認めない。

ただ、勿論、原爆は悪いものかもしれませんけれど、
私は、そこまで原爆は悪いものだとは思っていません。

包丁と同じで、使い方によるものだからです。
ただ、それがあまりに強力すぎるだけの話であって。

現在だって、原爆の原理を利用した、
正確に言うと、原子を利用した原子力発電所で、
ハイリスクハイリターンの恩恵を受けています。
あまり聞こえはよろしくないですけれどね。
これもまた使い方次第ですし、
誤ったら甚大な被害を受けているのも事実です。柏崎原発所もそうですね。


さて、歴史的な背景を少し。

アメリカとの間で結んだ「サンフランシスコ平和条約」というのは、
お互いの賠償金の請求権を放棄する条約も含まれているのはご存知のことだろうと思います。
世界史を勉強していれば恐らく習うとは思いますが、
ここらへんも常識として知っておくべき範囲ですね。
だから、それ以前に行われた、
ドイツが他国へ多額の賠償金を払ったという話を、
第二次世界大戦ではほとんど取り上げられなかったのですがね。

当時、疲弊した日本に賠償金を払う余地などありえませんでしたから、
この提案は幾分かよかったように見えるかもしれません。

7月の終わり。
原爆を落とす前。
日本は、実は、アメリカに降伏するための条約を持ちかけたのだそうです。
アメリカ側は黙殺。
原爆の投下が行われました。
今日、知ったけれど。知らないことばかりですね。


あぁ、だからといって、
私はアメリカ側だけを批判するわけではありません。
日本の敗戦は自業自得だと思っていますからね。
原爆の投下は許されないことですが。
日本だって中国に散々なことをしていますし、
原爆と同様、今でも彼らには見えない傷跡があるでしょう。





私が思う結論っぽいのは。

どっちが先に始めたから悪いとか。
攻撃されたからやり返すだとか。

そんな“オトナ”の事情だなんてどうだっていい。

そこに“ソレ”があることが我慢できない。

それを開発したところで、人の命を強制的に終わらせるもの以外の何物でもない。

だけど、核兵器はそんな簡単にはなくならない。


もしも、この世界がマフラーであるのなら。
今の世界は無秩序に編みこまれたカタチが歪なマフラーであると思う。
もう、それは叶わないけれど。
マフラーを丁寧に解いて、編みこむ前の毛玉に戻すことができるのなら。
今度は綺麗なマフラーを編むのが、人類の正しい立場かと。

叶わないと知っていながら、
それでも叶えようとする人たちが、
少しでも増えるのなら。

それがもし叶わなくても、
それはそれで、セカイにとって幸せなことなのではないでしょうか。


そう思う私は、
長崎出身の、地元から選出されたにもかかわらず、
ワケのわからない発言をした某政治家みたいな諦めた発言をするのはありえないと思っていますし、
今、私たちができるコト、
戦争について知り、理解し、自分の立場を得、それを世界に広めていくことだと思います。
原爆を落とすのは間違っていたと、断固として決め付けるワケではなく、
当時の凄惨な現場や状況を広めていくことだけ充分なのです。

あとは、その人の思想と良心が判断してくれるでしょうから。
それについて、私は何も問いません。




まぁ、なんだかんだ言ってましたが、
別に難しい話ではありません。

ただ、今できることをして欲しいです。
私は、決して偉い立場の人間ではありません。
そのようなことを押し付けられるワケではありません。
ただの、拙い、願望です。


コレが少しでも広まってくれれば、
意見が違えど、正しいとは思っています。

偏見ですから、それが正しいのかは分かりませんし、
数は正義ではありませんから、多くの人の共感を得ようとも思っていません。
ただ、そう思ってくれれば、私は満足です。






…纏め方が微妙すぎる。

あぁ、マジメな普通の日記も書きたいんだけれど、
空気的に書けないよなぁ…。

明日にしよう、うん。







被爆者の方々に、
せめて眠りの中では良い夢が見られますように、と願いつつ。





今日は此れにて。


comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
メールアドレス aria_0130☆yahoo.co.jp

跳水

Author:跳水
平凡な毎日…ではない気がする
フツーの大学生の物語。
性別:男。
趣味:ゲーム、読書。

読書
跳水未菜の最近読んだ本
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
応援中
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
「はつゆきさくら」応援CHU!! 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。