スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Standby Ready。

【Standby Ready】=【スタンバイ・レディ】



意味に気づいても画面の前でニヤニヤしててください。
ダメよ、意味を言っちゃあ。




VIPマリオ3終わったあああああああああああああ

長い旅だった…


がんばったよ、オレ…。
なにこの無駄なクオリティ。ちょっと桁違いに難しい。
キーボードでやると死ぬので、PC用のコントローラー持ってる人はやってみてくださいな。




個人的に「REC」というマンガが好きです。

ベタな出会いをして、ベタな恋愛をして、ベタな喧嘩な理由で、ベタな成長を繰り返して。

ヒロインが声優だというコトを除けば、
ベタすぎるお話である「REC」が好きです。


…別に絵が好きとかじゃないんだけどね。むしろ、苦手な方なんだけど。
なんで好きなのかしら。あーゆうベタな展開が好きなのかしら。





ちなみに。

絵描き、イラストレーターとして、一番好きな人は、高苗京鈴さん、という人です。

この人は、オレの中では、神と認定されています。
尊敬というか、崇拝に近い念を抱くほど好きです。

二ノ宮くんシリーズやひぐらしシリーズ(マンガじゃないほう)の挿絵とか描いている人です。

驚異的に絵が巧いです。いつかサインもらいたいなぁ、なんて。
二ノ宮くんのアニメにゃ期待してますよ。
オレだけかもしれんが、あらすじ読むだけでニヤニヤする。
下にあるイラスト、マジで巧くね?



マンガとか見てても、
絵が嫌いでも話が好きって人いるよね?
その逆も然り、話は嫌いだけど絵が好きな人もいるよね?

結構、多くマンガを見続けてると、
そういうマンガに出会ったりすることがある。

そんなとき、どうしようかいっつも迷う。切ろうか、続けようか。

あまりに絵が酷い場合は除いて、
基本的にオレはシナリオ重視の人だから、
絵が嫌いでも見る場合が多いのだけれど、
本当に酷いときは、切っちゃおうと考えることもある。

「最終兵器彼女」とか、本気でスレスレだったな。

彼の絵、本気で嫌いだもんね。一巻見て切るところだった。
買ってよかったと思ってはいるけれど。









BLADE買ってきた。
3期決まったのに案外、ブレイド本誌では騒いでない様子。
なんでかなぁ。すごい楽しみなんだけどなぁ。



「ほい、ARIA、またアニメやること決まったって」
「ほんと? へえ」



買ってきたブレイドを渡す。
表紙は灯里の大人っぽい様子のカット。



「ねえ、灯里って15歳だったよね」
「…? そうだったと思うけど」
「それにしては、胸、大きくない?」
「そ、そうかもね」



…い、いかん。

昨日言ったばかりの、デンジャラスゾーンに自ら踏み込んでいる…っっ!!

やめてっ。
被害を蒙るのはオレもなんだからっ。


確かにデカいと思うけどっ。
オレも買うときびっくりしたけどっ。




「や、マンガはマンガだし。実際とは違うんじゃないの?」
「…そうだよね。マンガと現実は違うよね」
「そうだよ。気にすることないって」
「別に、気にしてないもん」



むぅ、と睨んでくる。
左手を胸に当てながら言っても、なんの説得力もないんだが。

…つお。なんでこんなコトに…。
さっさと話題変えればよかったー。えぐえぐ。




「そ、そういえば、今日の夕食、何か食べたいものでもある?」
「あれ、今日、作ってくれるの?」
「たまにはな。で、なにか?」
「特にないよ。好きなものをどうぞ?」




…料理決めるときに、一番困る返答が「なんでもいい」なんだけどなぁ。
いつも料理には満足してるオレらだから、
何か食べたいものといっても、満足している以上、指定して食べたいものが見つからないのである。




昨日は寿司だったか。じゃあ、今日は肉と野菜をメインにしようかしら。


「…そういえば、お前。ピクルスって食べたことあったっけ?」
「あるよ。きょーくん嫌いだから、いるときは出ないけど」
「ハンバーガーに入ってるのとか、絶対に食べれんもん、オレ」
「食べたことないからわからないけど…」






…そうなのです。


オレは、「カップラーメンを食べたことないのはおかしい」と、散々に言われてきたけれど、
こいつは、マクドナルドで食事をしたことがありません。
恐らく、限りなく少ない人間だと思われます。



モスバーガーは、オレに連れられて何度かあるんだけど、
マックはどうもダメらしい。行く気にならないんだとか。
モスは美味しいものね、うん。てりやきとか超好きよ、オレ。
ただ、時間がかかるのがネック。
だが、美味しければよし、というのがオレらの意見なので、
特に問題はないのだとか。栄養的にも彼女の許容範囲内らしい。



どこかに出かけたとき、
マックというのは、全国チェーンだから、見知らぬ場所に入るよりも確実なのだけれど、
彼女がそれを許さないので、美味しそうな店が出現するまで昼はお預けになることが多いです。

…どうにかならんかなぁ。
そんなにマズいかなぁ、マックって…。






時に対応に困るよね、箱入りのお姫様って。


4年間付き合っている今でも、彼女の言動には困りものなのです。



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
メールアドレス aria_0130☆yahoo.co.jp

跳水

Author:跳水
平凡な毎日…ではない気がする
フツーの大学生の物語。
性別:男。
趣味:ゲーム、読書。

読書
跳水未菜の最近読んだ本
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
応援中
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
「はつゆきさくら」応援CHU!! 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。