スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lightless Pianist。

【Lightless Pianist】=【盲目のピアニスト】



目が見えないから不幸せだとか。
そんなコトはないと思うんですよね。

目に見えない幸せだってあるのですよ。


どんなに富んでる人だって不幸な人はいるし、
どんなに貧しい人だって幸せな人はいるのです。




そんなピアニストが、オレの一個下にいて、
その人は、とても“音楽”が“上手”なのです。
纏う空気が天性のものなのだそうです。

ゆりがライブを見に行ってきたそうなんだけど、
感動したって言ってた。実力とか無関係に、ね。

その人は、今も、光のない世界を不自由に思ってはいないんだって。
盲目であることをハンデと思ってないんだとさ。

カッコいいね、そういう人。憧れる。
オレなんか、何か一つ欠けただけでも、恐ろしく不自由だってのに。
もっと些細なことで、本当に失っていいものでさえも、
未練を残し、誰かに愚痴を言ったりする情けない人間である。


…まぁ、口に出すだけで取り戻せるモノなど、
そう多くは持っていませんが。







/ニコニコ



か、かわえqあwせdrftgyふじこlp



というコトで、
脳トレの続編をやって、一向に相手にしてもらえないオレとネコたち。

なので、そのままピザポテト食っていたら、
跳水未菜から跳水ピザに進化しました。


さすがにこれを実行すると、怒られそうだったので、
仕方なく、時々やるネコとの散歩。



アリア、と呼んでやると寄ってくる。猫のクセに名前がわかるらしい。
アクアはまだ子どもなので、名前が自分のものだと自覚していないっぽい。

というコトで、目を見ながら「おいでおいで」してやると、
期待に満ちた目で寄ってくる。

抱きかかえてチャリの籠の上に載せる。



「アリア、オメー、すっかり重くなったなぁ…」

 うにゃあ?

「前は抱いても軽かったのに、今だとちょっと重く感じるもんなぁ」

 うみゃあ

「ほれ。アクアもちゃんと入れてやれ。お前のお気に入りなのはわかってるけど」

 うみゅう…




アリアは、オレのチャリの籠の中が大好きみたい。
お気に入りの場所なのか、自分の体を抱くように眠ってしまうこともある。
そのために、自分から降りようとはしないので、ゆっくり走れば安心なのである。
なんで、時々、このチャリに乗っけてあげるんだけど。




「…こら、アリア、これじゃあアクアが落ちるだろ」

 うにゃ

「ちゃんとお腹の上に載せてあげなさい。…違うぞ、抱くようにだっつーの」

 うにゃあぁぁ

「そんなうなだれんでも…。場所くらい譲ってやれよ…。お前、もう兄貴なんだから」

 うみゅうぅ





世話が焼ける子ですねぇ…。
アレだ、嫉妬してんのかな、アリア。


かわいいなぁ、と思いつつ、ちゃんとアクアも安全に乗せてやる。


ゆっくりと町内を回る。
この地域は閑静な住宅街で、車どおりも多くなく、
凹凸も少ないので、この子たちをカゴに入れて運ぶのにはもってこいなのです。


アクアも気に入ったのか、流れていく景色を忙しなく眺めているだけで、
そこから降りようとはしなかった。うにゃうにゃ。





「こらー。アリアー。離れろー」

 うにゃあああぁぁぁぁ




散歩に行くと、毎回、こうなる。


カゴのアルミ?っていうのかしら、
あの金属の棒にしがみついて、びろーんとなるのであった。



こう、バンザーイみたいな。




こうなるとそのまま引っ張りまくるのも問題なので、
仕方なくカゴへ戻し、安心したところを真上に引っ張り出す。

油断したアリアを無事救出、というワケである。


それにしても、このアリア、何回やってもこれに引っかかるとは、
相当なアホである。





アクアは比較的大人しい女の子で、
抱かれても「うにゅ」とか、とんでもねー声で悩殺させてくれるが、
アリアは対照的で、
普段は大人しいクセに、いったん調子に乗ると収拾がつかなくなる子。
この子もなかなか悩殺ボイスをはいてくれるもんだけど、
やっぱ、ネコはかわええのぅ。






私信、みたいなもの。ただのひとりごと、みたいなもの。


明日は、お嬢さんから飲み会に誘われたんだけど、どうなのかしら…。

なんかねー、一昨日くらい、深夜12時に電話がかかってきて、
「そういや、13日の夜、リッチーと優くんと、MとAで飲むんだけど来る?」
とか唐突に言われてですね…。
そのメンバー的に、どう考えてもオレは不適切だと思うんですよねぇ…。
一応、行くとは答えたんですが…。
場所も時間も教えられず、そのまま放置食らってるオレ涙目;;;;;;;;;;;;;;;
そして、ギルティの大会26日とかマジで泣きそうになった;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

あぁ、かーくんと連続で飲むことになったってのは、これのことだったのかぁ、と思いつつも、
なんかオレがついていっていいパーティメンバーじゃねーなぁ、とも思うのですよ。




…まぁ、ただのひとりごとです。明日になればわかることでしょ、きっと。


comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
メールアドレス aria_0130☆yahoo.co.jp

Author:跳水
平凡な毎日…ではない気がする
フツーの大学生の物語。
性別:男。
趣味:ゲーム、読書。

読書
跳水未菜の最近読んだ本
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
応援中
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
「はつゆきさくら」応援CHU!! 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。