スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前の贈り物。

さて。
流石にお腹の子どもが大きくなってきたのか、
何時にも増して大人しくなってきた、ドクロちゃん2世。

帰宅後、かなり切羽詰りながらも予備校へ。
独り寂しくご飯を食べながら、グルナイを見ていると、
いきなり携帯に電話がかかってきました。


「あのね、赤ちゃんの名前、何がいいかな」


なんて、エラく普通の女の子っぽいコトを訊いてくるのです。
出鼻を挫かれた私は、返答に困って黙ってしまいます。


「話し合ったんだけど、お互いに微妙なんだよねぇ」
「女の子だっけ?」
「うん。どうしようか悩んでるの」


そんなことを言われましても。
私の子じゃないんですし、相談されても困るのですが、
相談したい気持ちはわからないでもないです。

何より、誰より、大切な我が子です。
一生を左右するといっても過言ではない、名前です。
自分たちだけで決めなくてはならないとわかっていても、
充分に吟味して、よりよい名前をつける必要があります。
というよりも、親が子どもに果たす、最初の義務ともいえます。


慈しむ宝石よりも目映い輝きのために、
普段はぶっ飛んでる彼女ですが、
色々と彼女なりに考えているようですね。


周りの環境をなるべく手伝いたいと願う、
今日この頃の私なのでした。


ランキング投票です。投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
メールアドレス aria_0130☆yahoo.co.jp

跳水

Author:跳水
平凡な毎日…ではない気がする
フツーの大学生の物語。
性別:男。
趣味:ゲーム、読書。

読書
跳水未菜の最近読んだ本
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
応援中
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
「はつゆきさくら」応援CHU!! 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。