スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡魔。

睡魔というのは強烈で、
本当に気を失ってしまうくらい唐突なものでした。

今日は、街さんと色々やり取りをする予定だったのですが、
結局、やったのは11時半。
もっと早くしなければいけなかったのですけれど、
何故、こんなに遅くなってしまったのかというと…。


「英語の問題、解らないから教えてくれないかなぁ?」


と呼び出しを受け、
ハリーポッターを読むのを我慢してこちらのテスト勉強を我慢して、行ってきたのでした。

そうして、9時ごろ。
問題を持ってくるといって、自分の部屋に行ってしまった後、
物思いに耽っていると、


いつの間にか、夜の11時でした。


しかも、布団がかけてあるのです。
どうやら、帰ってくるまでの数秒の間に、
気絶の如く、眠ってしまったようなのです。


……や、風邪を引いていて、頭が痛いのは本当ですが。


あ、せっかくなら、


膝枕してもらえばよかった(つд⊂)


ランキング投票です。投票をお願いします。
オリジナル小説「風唄」を連載しています。

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
メールアドレス aria_0130☆yahoo.co.jp

跳水

Author:跳水
平凡な毎日…ではない気がする
フツーの大学生の物語。
性別:男。
趣味:ゲーム、読書。

読書
跳水未菜の最近読んだ本
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
応援中
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
「はつゆきさくら」応援CHU!! 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。