スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Origination.

【Origination.】=【はじまり】




タイトルは、ARIAIII期のサブタイから。



/ニコニコ


ARIAIII期スタート。スケッチブックとバトンタッチ。
開始1秒で今期最高の作品と認定。ED、きんもー☆禁止。
それにしても、ARIAにしては1話目から作画が…。
ベルカ式作画よりはよっぽどマシだけど。




/ニュース

■「胸毛など、女性が不快感。見たくないものを見せるのはセクハラ」 伝統行事の裸祭りポスターに、JR東が「待った」
一番目立つ男の人が涙目すぎる。


■「酒酔いでも正常運転不可能って程じゃない」 3児死亡の福岡・飲酒運転事故、懲役7年6月判決(求刑懲役25年)
正常運転ができなかったから事故を起こしたんじゃないのかよ。
ニュース見てたけど、両親もよく泣かなかったな。
こういうところで泣くのは卑怯。
薬害の人も「ごめんね」とか言いながら泣いていたが、
正当な権利を勝ち取りたいのなら、泣かずに立ち向かうべき。
…と言いたいのだが、それは彼女たちにはあまりにも残酷だろうか。


■なぜ女はキャーキャー言うのかわからない
ウチの周りの連中を見てみると…。
彼女さん:ジェットコースター、お化け屋敷などでは声にならない奇声と呼ぶに相応しい声を上げる
従妹:何故か怖いものが嫌いで、お化け屋敷が大嫌い(これ割りと萌えポイント)
普段は強情なクセに泣きそうなほどにしがみついたところとか、従妹ながらかわいいなぁと思う。
声? 忘れたよ。
ゆり:なんに対しても面白がって声をあげる。前なんて、従妹を泣かしたお化けを笑いながら蹴っ飛ばしたコトがある。破損。内緒だぞっ。
未来:基本的にゆりと同じだが、器物破損はしない。
雪奈:年相応にビビる。めっちゃ驚くけど、キャーとか叫ばなかったような。


■季節に匂い感じるヤツちょっとこい
四季折々の匂いはありますよねぇ。雨も感じる。
前に、浜北のクラスメートに「雨の匂いがわかる」と言ったら、
「田舎め」とバカにされてかなりムカついた思い出がある。


■大学生になって知った衝撃の事実
大学は色々な人がいる上、クラスの単位が大きい(学年で一括りのため)、
それ故に、最初に作る友達というのが非常に重要。
最初にできた友達のタイプが連鎖してグループを作るため、
実は嫌な奴と組むと後悔する。
あと、付き合いたいならサークルは重要。理系は死ねる。
“顔がいい”のと“話せる女がいる”というのは比例する当たり、現実って厳しいね。
>>70が当てはまりすぎて吹いた。
ついでにいうと、正直、最初の方は、一人暮らしの孤独感に耐えられない。
なかなか友達ができないと、なおツラいと聞いた。


■ガチで泣ける映画教えてくれ
なんだったっけ…。あったけど忘れたな。
それにしても、最近、泣いた覚えが無い。
最後に泣いたのは、高校2年生の夏休みのあの日以来。
もう上を向いたから。零れる涙もないだろう。
もし下を向いても。密かに咲く一輪の花で笑えるでしょう。


■巫女さんはブラジャー付けてるなんて嘘だよね
霊夢はしてなさそうだが。
現実だとどうなの?








朝6時半、おじさんが会社に行く前にご飯を作り、見送ると、
帰ってくるまで誰もいない。

彼女さんが、ウチの家族の世話をしてくれたコトもあったので、
これくらいのことは言われなくてもやるのだけれど。


なんか。

急に寂しくなった。



アレだ。

火の温かさを知った人間が。

その温もりを失うと生きていけなくなるのと。

同じ原理。



気分を紛らわせるためにも、
とりあえず、ニコニコでARIAと絶望見て、
機構学演習のプリントやって、
掃除し終えると、いよいよやるコトがなくなった。


アリアもアクアも彼女さんが持っていってしまったし。

本当に、この家は、寒い。



おじさんもずっとこうだったんだろうか。

一人暮らしのほうは、部屋が狭いからまだいい。


けれど、一人で大きな家に住むというのは、
寂しさを感じずにはいられないと思う。




ぼんやりと勉強を続けているうちに、
おじさんからメールが来た。午後8時半頃に帰りますと。


二人分だけだし、男同士だし、面倒なので鍋にした。
あんこうが安かったので、味噌のあんこう鍋。
んー。味噌が少し足りねぇ。加える。んー…。微妙だ。妥協。


で、そこからお酒に付き合う。



「坂下千里子、結婚するんだって」
「へえ、そうなんだ。彼女、あの子と似てるから複雑だね」
「なにがさ」
「や、娘がとられちゃうみたいでさ」



まぁ、確かに似ていなくもない。

黒髪で髪をもうちょい長くして、ストレートで、
天然さを200くらい足せば、たぶん、彼女さんになる。

とよく言われる。…微妙だが、納得できなくもないのである。




噂をすれば、彼女さんから電話がかかってきた。


「朝ごはんとお夕飯、作ってくれて有難うね」
「ちゃんと栄養のあるもの作った?」


…う、うるさい……。

なんて世話焼きなんだ…。

昨日も散々話したのに、まだ話し足りないのか…。




で、家族で回して話す。オレは勿論、部外者。






あの輪の中に入りたいなぁ、と思いつつ。







comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
メールアドレス aria_0130☆yahoo.co.jp

跳水

Author:跳水
平凡な毎日…ではない気がする
フツーの大学生の物語。
性別:男。
趣味:ゲーム、読書。

読書
跳水未菜の最近読んだ本
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
応援中
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
「はつゆきさくら」応援CHU!! 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。