スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dirt of one knee.

【Dirt of one knee.】=【片膝の汚れ】



タイトルは、「Last Alliance」の最新シングル「Always in My Heart」より。
ううん、カッコよすぎて家の大きいヘッドホンじゃないと聞きたくなくなっちゃうなぁ。



/ニコニコ


チート乙wwwwwwwwwww



/ニュース

■理系の人々(99) 役所の人かわいそうです(´・ω・`)
理系の専門分野を深く学ぶと、変に理屈っぽくなってつまらなくなる。
テレビとかで科学の実験してても方程式が頭に浮かんで必死になって解こうとするから困る。


■『紅~醜悪祭~』の完結編はファンブックに掲載?
出版社、いい加減にしろ。


■セガ、業務用新作内見会を開催! 『メルティブラッド アクトレスアゲイン』登場
ハーフムーンスタイルはどう考えても糞としか。
リバースビートがないフルムーンシステム、ガードクラッシュが追加されたAAでどれだけ立ち回れるのか楽しみ。


■年齢によって見えるものが変わる「だまし絵」
ちゃんと哺乳類見えました。せふせふ。


■兄「偽札を妹の部屋に置いてどうするか見たかった」 妹「金に困っていたので使った」 → それぞれ逮捕
なんだゆとりの仕業か、と思って年齢見て吹いたw


■【中国・大地震】 「救出を打ち切るなんて許せない…」 子供900人生き埋めの学校、説明もなく「72時間」で救出打ち切り→消毒液散布
表面だけはいいツラしてますねこの国は。
もし、中に生きている人がいるとしたら、その子たちに希望の祈りは届くでしょうか。


■欧米製ゲームが日本市場で売れない理由 「日本のプレイヤーは若くてアニメ的なキャラを好むが、米国のプレイヤーは30歳くらいの大胆な男性を好む」
海外のグラフィックはあまり好みではないなぁ…。
リアルでもいいんだけど、なんでなのかなぁ。


■瓦礫に潰された足を自分でノコギリによって切り落とし、救出された18歳女子学生
あう…。想像しただけで痛い…。


■これは規制が必要だなぁと思う物
確かに、最低限の子どもの名前の付け方は規制が必要な気も。
でもそういったDQN親は、反対されたらキレるんだろうなぁ。


■【理系の研究室ってマジ酷い】深夜の実験に付き合わない学生に准教授「お前は人間失格」
ウチの大学も夜の12時ごろまで実験棟と研究室は電気が点いてますねぇ…。
あまり悪い噂は聞きませんけれど、大変なのは確かでしょうね。


■今クルーンピンチだけど赤松ゲッツーで終わりだから
ずっと前に載せた覚えのあるディストラクトだっけ?だかのスレを思い出したw


■あと5年もしたら2D格闘ゲームとか無くなってそうだよな
今のところ飽きる気配はありません。
でも、5年後に格ゲー界がどうなってるかはわかりません。
ギルティの新作とかブレイブルーの続編とか出てるんだろうか。




/お仕事

某出版社のイラスト部門で佳作もらった。

まったく実感はないのだけれど、
12時ちょっと前に電話が掛かってきて、
名前と自分の出版社、名前を告げて、
「佳作入選、おめでとうございます」と言われた。

発表があったのをまったくといっていいほど忘れていたので、
話に置いてけぼりもいいところ。
でも、あとからだんだん実感が沸いてきて嬉しかったであります。

賞金と賞状を授与するから、出版社に来てくださいとか言われた。
えー。別に賞状とかいらないから、現金だけ振り込んでくれればー。

とはいえ、本当に嬉しい。
最近、スランプどころのレベルではなく、
満足できる絵をまったく描けなくて、
入選するどころか送れる段階でもなくて本当に大変だったのだけれど、
1枚の絵に3週間ほどかけて丁寧に描いていった、
本当に丹念に丁寧に愛でていった作品だったから、
佳作をもらったのは素直に嬉しいのです。


先生と総長に電話したら、

「あ、うん。聞いたよ。おめでとう」

と返ってきた。
当事者のオレより情報が早いwwwwwwwww
メンバーの活動(応募や入稿など)はすべて記録してあるそうで、
発表などの日もすべてチェックしてあるので、
当然といえば当然なのですが…。

そういや、理科大の発表のときも、
合格発表の日をすっかり忘れてたな…。
発表の日を忘れるといい結果が生まれてしまうのかしら。


いやぁ、いいお金になりました。
佳作にしては賞金がデカい。

うーん。
なにか買ってもいいけど、最近、物を買いすぎてるから、
逆に全額貯金と言う手もあるな。
どうしよう。
もう少し考えてみて、無理に使おうとしないで、
使わなかったら使わなかったでいいかな。

皆様が一般の本屋さんで読める雑誌のイラストを飾る、
つまり当分は普通のイラストレーターとしては活動しない予定でありますので、
しばらくは同人誌のほうだけをよろしくお願いします。

…と、早速仕事の話を軽くさわりだけだったけど持ちかけてくる担当者さんに、
電話越しにやんわりと断りの話をいれていたら、

「アンケートで人気が出てきたようでしたら画集も出せますよ?」

という最強の暴力を持ち出してきた。
う…。画集は出したいよぅ…。
同人誌でフルカラーはお金かかるんだよなぁ…。


なにはともあれ、佳作おめでとうオレ。
よくがんばりましたねー。えらいえらいっ。




/日記

彼女さんの家でまったりと過ごしていると、
先ほどのお話が来たものだから、
オレよりもよっぽど浮いている連中が3人ほど。

うーん。
あんたら、自分のことでもないのにそんなに嬉しいのかい。



「今日のお夕飯、どこか高いところでも食べに行こうか。きょーくんのお金で!」
「そっこー使う気っすかwwwwwww」



違った!
自分が美味しいもの食べたいだけだった!


とはいえ、割と本気で、


「でも、ホテルとかでご飯食べるよりも、二人が作ってくれたご飯のほうが美味いよ。…春菜はともかく」


と言ったら、その褒められた二人は照れて、
春菜は「そんなことないもん!」とかちょっぴり怒りながら、
「いつかみんなよりも料理うまくなるからね」などと自らを鼓舞していた。偉いなぁ。いつの間にお前は大人になったんだ?

「だって、私、二十歳だもん」
「あ、なるほど」


忘れてました。そうは見えないんですもん。ロリ的な意味で。


だもんで、食材はものすごーい豪華で、
恐らく、一人当たり2000円程度。
勿論、オレのお支払い。佳作の賞金の1割ほどが消し飛ぶ。

金を溜めるのは難しいけれど使うのは簡単。
金はあると思って使うとすぐになくなる。

知ってはいたが、これは酷いなくなりよう。別にいいけど。

何故か、春菜も参加して、女性陣みんなで作った料理。
振舞われた料理はとんでもねーほど美味しくて、
これが自分でがんばった証なんだなぁと思うと感慨深くて、
ちょっとというか感動した。


で、家を出て、春菜と一緒に自宅まで。

そんで、風呂入って日記書いてる途中、父親から電話かかってきた。


「車買い替えようと思うんだわ」


…はい?

いやまぁ、確かにウチの車は割りと古いですけど…。
もう8年か9年ほど乗ってますが…。まだ乗れるじゃないですか。
車検だって来年でしょう。それまで乗っててもいいんじゃないですか。


「いや、実家に帰るまでには買い換えたい」


8月ですけど。
もう5月の終わりですけど。
そんなに早く買い換えるんですか…。


「で、だ。候補があるんだけどちょっと参考までに聞いてくれ」


はあ…。
車に関しては浅学ですが、ネットで見てみるんで名前教えてくれません?


「○○○の○○○○○○○と…」


…おい。待て待て待て!
○○○ってなんだ! ○○○って!


「もう一つは、■■■■の…」


もういい。
もう聞きたくないです。
どっちも同じくらいの値段だそうです。
バカじゃん…。別に見栄張らんでもいいのに。
そんな車買えるほどウチにお金はないでしょうよ。

嗚呼、畜生、車に金かけるんだったら、
私に学費でも恵んでくださいよう…。


「お前、扶養家族じゃないじゃん」


ええ、そうですとも。
ちゃんと就職してることになってますからね。
お給料的な意味でもきちんと扶養家族から離れてしまっています。
仕方ありません。諦めることにします。

ああ、あの車、珍しい車で好きだったんだけどなぁ。
ゴールデンウィークで乗ったのが最後になりそうです。
そうとわかっていれば、もうちょっとあの車で運転してもよかったのに。
本当に幼い頃の記憶って言うのは、割とみんな忘れていると思うのですけれど、
この車に乗り始めてからの記憶は残っている歳でして、
思い出がいっぱい詰まった車でした。

今度実家に帰る頃にはもうないとか、あまりにも残念すぎる。
写真の一枚くらい撮っておきたいです。今度、頼んでおきましょう。


明日は当然のごとく学校なのでここらへんで。


それではー。




comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
メールアドレス aria_0130☆yahoo.co.jp

跳水

Author:跳水
平凡な毎日…ではない気がする
フツーの大学生の物語。
性別:男。
趣味:ゲーム、読書。

読書
跳水未菜の最近読んだ本
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
応援中
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
「はつゆきさくら」応援CHU!! 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。