スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Super Battle Opera -The 6th ARCADIA CUP TOURNAMENT-

【Super Battle Opera -The 6th ARCADIA CUP TOURNAMENT-】=【闘劇'08 対戦格闘ゲーム全国大会】



タイトルは、15~17日まで開催された、対戦格闘ゲーム全国大会より。


今日、見に行ってきました。


アルカナハート2からずっといたんですけど、
システムとかよくわからなくても、
格闘ゲームっていうのは、見ているだけでも面白いわ。


アルカナハート2、メルティブラッドAC、ギルティギアXXACの3競技。


今日に限っては、個人的に、オリンピックよりずっと熱いイベントになりました。

ギルティ以外、プレイヤーをよく知らないので、
結果を見ても、頭にはクエスチョンマークばかり。

応援しているプレイヤーも何人かいたんですけど、
残念な結果に終わってしまうことが多かったです。


優勝は、

[きみとぼくの壊れた世界] N男(ヴェノム) / どぐら(ロボカイ) / えふて(メイ)

のチームとなりました。おめでとうございます。

最後は見ることができなかったのですが、
えふてさんのメイによる3タテで終了したそうで。
やっぱり、火力があるキャラは違うよなー。


今年も海外勢が確か5チーム参戦しました。
アメリカ、韓国、上海、台湾、EU諸国、だと記憶してます。
いやはや。
一応、全国大会とは銘打っていますが、
世界大会といってもいいんじゃないでしょうか、この規模。

また、海外のチームは、今まで一回戦をどのチームも突破したことがなく、
今年もそれに倣う形となってしまいましたが、
どのチームも日本のプレイヤーっぽく、
コンボや立ち回りにも、補正、コスト、リスク、リターンなどを考慮したものを選び、
一回戦突破もできるんじゃないかと思って、
正直な話、応援していたりしました。

特に、第一ブロックのアメリカチームは、本当にとてもよい試合だったと思います。
最後、ポチョとジャムの組み合わせで、
アメリカの人がポチョだったんですけど、
ともに1ラウンドとって、一回戦突破リーチという局面でした。

結局、最後はジャムの百歩カウンターで事故死してしまいましたが、
負けてしまったとしても、観客や周りのプレイヤーから温かい拍手が送られました。
わざわざ遠いところから来ていただいたうえ、素晴らしい試合を見せてもらってありがとう。


また、初戦で、

コイチ(ミリア) / 遠藤(メイ) / ネモ(テスタメント)
少年(テスタメント) / るぅ(ブリジット) / ヲシゲ(ミリア)

の試合がありまして、
中嶋家を応援していたけれど、やっぱり少年たちのチームにゃ勝てないだろうなぁと思っていたら、
ちゃんと勝ちました。いやほんとにすげえ。


次に気になったのが、

たつみ(ミリア) / まさき(カイ) / 棗(ディズィー)
ちょなり(ザッパ) / 辻川(スレイヤー) / トリのタテ(テスタメント)

のチームでした。
たつみミリアは、名前だけ動画とかで知っていたんですけれど、
実際に見てみると。


「…あれ? 女の人…?」


たつみさん、女の人でした。唯一の女性プレイヤー。
まちゃぼーカイもいることですし、
今回の闘劇で一番応援していたチームだったんですが、
惜しくも一回戦敗退。
相手チームは比較的実家に近いところの人たちなので、
なんとも言えないんですけれど…。
そして、棗さんのカッコよさに吹いた。


また、最初に行われた第一ブロックでの試合で、

N男(ヴェノム) / どぐら(ロボカイ) / えふて(メイ)
沢(スレイヤー) / まっど(ヴェノム) / タケシ(エディ)

がありました。
この試合、とても気になったので、感想とか纏めてみる。

えふてメイが、ヴェノムとエディを2タテしたあと、
出てきた沢スレイヤーが、メイとヴェノムを逆2タテ。
どぐらロボも先に1ポイントとられ、リーチがかかったのですが、
ここで根性を見せ付け逆転し一回戦を突破しました。
ただ、この沢スレイヤー、
うまいのは間違いないのですが、このプレイスタイルはかなり嫌いです。
空中投げの精度は申し分なく、コンボでも素晴らしいアドリブがありました。
けれど、マッパキャンセルなどを多様に使い、
ひたすらに補正を切って攻撃してきます。
あぁ、こういうスレイヤー嫌いだわ。
せっかくスレイヤー使ってるんだったら、補正とか気にせず、
バンバンぶっ放してもらいたいもんです。
6K連続で振ってくる人とか、見えない人も悪いとは思うんですが、
どうなのこれっていう。
そういう気はなくても、受けている人にはナメられていると思ってしまいますし、
やられて非常にムカつきます。
こういうスタイルは、本当に、嫌いです。
いや、別にだからどうこうとか、これが悪いとか言ってるんじゃないんですよ?
この人のスレイヤーはうまいです。それは間違いないです。
でも、相手にしたくないですし、真似したいとも思わないだけです。
個人の好みですよね、プレイスタイルって。
強くなくても好きなスタイルってありますもん。




途中で、小川チームが敗退したりなど、
あまり予想できない展開で進んでいくアクセントコア。

やっぱり、このゲーム、一回ミスると死ぬ。
アクシデントコア、と言われるだけあって、
これだけのプレイヤーが集まっていて、
それらの試合を見ていても、事故死があまりにも多すぎる。
ジャムが今年は多かったように思えますが、
スレイヤーに勝るとも劣らない超火力で、
とんでもねーほどの体力差をひっくり返して勝利、というのが時々ありました。


去年の闘劇は見に行きませんでしたが、
動画がインターネット配信されたため、動画だけは見たんですけれど、
優勝は強キャラだけの構成となってしまいました。

エディ、テスタ、スレイヤー

だったかな。

うん、つまらん。
動画自体はとても素晴らしい勝負をしているし、
面白いとは思うけど、つまらない。なんとなくわかります?


今年は、強キャラに位置づけられるキャラがおらず、
プレイヤー性能をまざまざと見せつけた大会となりました。

決勝は、

ロボカイ・ヴェノム・メイ
アンジ・ブリジット・スレイヤー

でした。
いや素晴らしい。
このキャラクターたちで頂上決戦が行われたことが素晴らしい。

髭だけが浮いてる気がしますが…。
ある意味で、某半裸も浮いてる気がしますけども…。

そこらへんは気にしてはいけません。


とりあえず、キャラ差が絶対ではないということです。
…メイは強キャラだと思うんだよね、オレ個人的に。でも言わない。



途中、ブレイブルーのプロモが流れました。
映像、ウルトラ綺麗です。なんだこれ格闘ゲームなのっていうくらいです。
どこぞの青い光線並みの画質でした。世界統一規格おめでとう。

ジン、ノエル、レイチェル、アラクネあたりに期待してるオレ。

ブレイブルーはぜひともプレイしたいと思います。11月下旬稼働予定。






いい試合を連続で見せられて、ギルティに対してのモチベーションとテンションあがったわー。

もうちょっとうまくなれるよう、
がんばってプレイしてみよう。


やりこみは裏切らない、と過去の偉い人は言いました。


でも、他の偉い人は言いました。


やりこみは裏切るけど、キャラ差だけは裏切らない、と。


どっちもどっちだと思います。

キャラ差が絶対的に存在してしまう以上、
対策をしてもどうしても勝ちづらいキャラというのがいるものです。

けれど、そのままやりこんでいけば、
対策に加え、そのやりこみと努力は、キャラ差を越えられるものだと思うんですよね。


社会人になってやるかどうかはわからないけど、
できるのなら、もうちょっとがんばってプレイしてみよう。




闘劇だけになってしまいました。

昨日に引き続き、マニアックな内容だなぁ。いいけども。


明日には帰ります。



それではー。




comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
メールアドレス aria_0130☆yahoo.co.jp

Author:跳水
平凡な毎日…ではない気がする
フツーの大学生の物語。
性別:男。
趣味:ゲーム、読書。

読書
跳水未菜の最近読んだ本
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
応援中
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
「はつゆきさくら」応援CHU!! 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。