スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mamaragàn

【Mamaragàn】=【ママラガン】


タイトルは、今日の朝にかけての出来事。
や、ほんとに万雷といっても過言ではないほどの雷でした。



昨日の分も纏めてしまいましょう。


/ニコニコ

■GGXXAC 東西対抗戦23on23 対戦動画順次公開中
るぅたんの強さが半端じゃねーです。



/ニュース

■ゲームのレベル上げを「買える」事で発生するジレンマ
公式ブログのほうで、
「暖かく見守って頂ければ幸いです」と書かれていたのを見て、
どうもやるせない気持ちになってしまいました。
これが普通になるのなら、これからますますRPGは衰退していくんでしょうねぇ。


■ムズすぎてぶちぎれたゲームの面
記憶に新しいのは、VIPマリオ4の「VIP1むげんじょう」か、「冥界アビス」のどちらか。
このステージは修正をくらっても難しい。


■なんとか王子の石川遼「お前ら幸せだなw おれの優勝見られて」
うーん。大人って汚いですよねぇ。
それにしても、もうちょっと違う言い方はなかったのかw


■江頭2:50が吉田の金メダルで暴走!?
せめてそれをやるのは日本だけにしてくれwww


■FFに出てくる町の中で住んでみたいのは?
FF9は住んでみたい街は多いなぁ…。
ラスボス間近になると出てくる、あまり住めそうもない街以外だったらどこもステキです。


■ひぐらしの人の絵は凄い勢いで上達していると思うんだ
そうだねうまくなったもんだねははは。


■「かっ、かわいい・・・・」と思ったら噴死
かわいすぎる…。なごみますねー。


■映画『20世紀少年』“35点” 「原作が映画向きではない」「60億円かけたゴミ」…超映画批評
原作自体、面白くないと思っている人間なので、
当然、見に行こうとも思いません。


■「娘がシートベルトを嫌がるので付けずにいたら飛行機から降ろされた。日本は知的障害への理解が足りない」…障害者支援施設長
なるべくの配慮はしているけれど、
それでもこれとはまた話が違うだろう。



縮小でありますよ。



/その他戯言

来週末は、お仕事のために東京に戻ります。

「ええっと…。8月いっぱいは夏休みとかがあるんじゃ」
「企業に夏休みが一ヶ月もあると思うな」
「や、思ってませんけど…。ちゃんと働いてるじゃないですか。行ってないだけで」
「今週末、どうしてもみんなで話し合わなきゃいかんことがあって、お前も来い」
「はぁ…。それは構わないですけれど…。どうして全員?」
「お前たちが欲しいからだ。性的な意味で」
「平気でそんなウソつかないでください」

新作のことでなんか不都合なことでもあったんでしょうか。
そのこととは言ったけど、中身はあとで話すとか言って教えてくれなかったんですよね。
どうせ大したことじゃないんでしょうけれど。

この作品に関しては、オレは…ええっと、微妙な立ち位置にいるのですけども。

それにしても、これ、いつ頃、発売できるんでしょう。
来年の春あたりまでに出せないと、正直、かなりマズい気がします。
こっちもがんばらないとなぁ…。



夏コミで、うちらのゲームを購入し、プレイしてくれた方から、
早速、レビューみたいなものや感想が幾つか送られてきました。

皆様、本当にプレイしてくれてありがとうございます。
ちゃんと、「Thank you for playing !!」と表示されましたでしょうか?
エンディングの最後の一ページにこれが表示されれば、最終エンディングなのであります。
最終というか隠しエンディングですけど。

サブタイトルの意味とか、色々と書きたいコトはあるけれど、
一般販売がまだなので、もう少しあとにすることにしましょう。


次回作は、来年の夏か冬になりそうです。
この作品は、今のゲームが発売される前から制作していたものだし、
今回と同じように全体的に短い作品となっていますので、
今まで以上に早いと思います、です。

もちろん、手抜きとかは一切しないので、
早いからと言って変なのじゃないです。たぶん。がんばりますです。



皆様にお渡しするものは、
8月下旬に一部配布するとか言ってましたが、
それはまったくもって気のせいであります。

…9月まで、かかりそうなんです。



/日記

昨日、盛大な料理を作ってやろうと宣言したわけですが。


「9月からあのお店、値上げするんだって」
「あら。じゃあ、今日にでも食べに行きましょうか?」


というワケで、作れないショックで日記を書きませんでした。
ウソです。TOEFLの勉強してて忘れました。


ウナギうまー。3000円するだけあるわー。
御代りのご飯も、うな重のタレがかかっていて、さらにうまー。

そういえば。
地元民には残念なお知らせが一つありまして、
この市では、「うなぎパイ」とやらが、どういう理由か無駄に知られています。
この市に住んでいる人間は、ほとんど食わないんじゃないかと思うこのシロモノがあるほど、
「浜名湖産うなぎ」というのが有名なワケですが、
最近では、浜名湖のウナギは、身が硬いという理由で、
愛知のウナギのほうがうまーだそうです。
いよいよこの市での取り柄がなくなってきました。
政令指定都市目指したせいで、どこまで浜松だかわかんねーよ。

でもでも、やっぱり、ここのウナギはうまーであります。
5時15分からお店が開いて、6時15分には入れなくなっちゃいますけど。
50食くらいしかないんじゃないかなぁ。
それでもちゃんと商売が成り立ってる時点ですごいよねー。


で、夜。

新幹線の上り、新大阪からあるところまで運転見合わせという、緊急ニュースみたいのが出て、
でも、こっちは降ってないねーみたいな会話をしながら、
オリンピックの閉会式を見ておりました。

半分くらいで飽きて、割り当てられている部屋でTOEFLの勉強をしていたら日を跨ぎ、
せっかくだから眠くなるまでやるかーとか言ってたら3時になってしまいました。
基本文法は終了。たぶん、全部覚えられたと思うけども。
ちなみに、TOEICやTOEFLの受験では、
単語の本を買うのはほぼ無意味なのでやめたほうがいいそうです。
大学受験でいう、ターゲットとか速読英単語とか、そういった類のね。

うぅむ、いくら休みがあと一ヶ月あるからと言って、
さすがにこれはどうなのよ、と思いましたが、
でも、今、オレは夏休み中で最も集中している時間だと理解していたので、
そのまま勉強を続行。
普段はへらへらで集中などまったくしないオレにとって、
こういった時間は貴重なのであります。
それにしても、TOEFLの点数がほんとあがんねーなおい。
これじゃ大学院受験でつかえねーぜ。

ぐふぅ、さっさと寝ればよかった。
そう後悔したのは午前4時半ごろ。


雷が鳴り始めました。


そう書けば優しいもんですけど、
今回の雷は一味どころか、七味くらい違います。別に唐辛子にかけてるワケじゃないです。

耳を塞がないと、鼓膜がどうにかなるんじゃねーかというくらいの、
本当に強烈な雷の音。

むしろ、寝ている人間でも、あれは起きないとやばい、というくらいの轟音。
どっかの家が爆破テロでもあったんじゃないかと思ってしまったほどの爆音。


その今までに聞いたこともないほどの雷の音は、たった二度しかなかったわけですが、
いやはや、そりゃもう怖いのなんのって。
光ってからすぐ音が鳴ったし、あれだけの音でしたから、
誰かの家に落ちて火災にでもなってるんじゃないかとも本気で思いました。
雨も叩きつけるように降っていたため窓を開けて眺められないし、
これはすげえと思って、今まで机もどきのスタンドだけの明かりから、
部屋の電気をつけてしばらく。


二度目のどんがらがっしゃん。


おー。すげえ。ほんとにすげえ。


とはいえ、生理現象だけは感動だけでは止められそうになかったので、
ちょっとビビりながら廊下を突き当たったトイレに向かい、その帰ってくる途中、
彼女さんがぼんやりと立っていた。


「おおおおおおおおおおおおおおOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!!1111111」

「驚きすぎだよ…」

「そりゃこんな時間にいきなり背後に立たれたらな…。ところで、なにしてんの?」

「雷で起きちゃった」

「あいつは?」

「寝てる」


すげえ!
いや、これ雷で起きないのがフツーとか思っている人にはとても想像できないかもですが、
今回の雷の爆音は、本気で洒落になっていないのです。
テロと勘違いするくらいの爆音なんですよ!?
寝ぼけていい加減なコトいってんじゃねーとか言っちゃダメですよ!?
ほんとなんですってば!

でも、あの人は、
勉強をある程度終えた時など、急速に疲労の回復や集中力を取り戻したい時、
すぐに眠ってしまいます。
そのため、どんな邪魔が入っても起きないようになってしまったそうです。
浅い眠りというのもあるらしいのですけれど、
基本的には深いままだそうで。災害で死ぬだろお前。


「で、どうしたの?」

「驚いて、寝れない」

「怖くて、じゃなくて?」

「私、雷なんて怖くないもん」


雷が怖いのは幼馴染だったなぁ…。

とはいえ、今回のはオレだってちょっとは怖かったんだし、
この人の言い訳みたいなものも明らかな強がりなのはバレバレである。


はてさてどうしよう、このまま部屋にいれたほうがいいのかしら。

いやいや。
夜にそれはまずいでしょうよ。ええ。いろんな意味で。
いやいや。
別に何かをやらかすとかそういったことはないんですけどね!
そんなにヘンな子じゃないですから!

仕方ないので、キッチンに連れて行って、
あったかいミルクを二人分用意して、
リビングのソファーの隣にあるスタンドの仄かな明かりだけをつけて、
会話もないままホットミルクを嚥下。


「また鳴るのかなぁ」

「どうだろ。…びっくりして寝付けなくなったんでしょ。もう眠れそう?」


むぅ。

…ええと、なんで怒ってらっしゃるんでしょう…?

むぅ…。


「いや、そりゃ気づいてるけどさ」

「どうしよう?」

「うーん…」


ま、まさか一緒に寝ようって誘われてる…!?

これはフラグたった!

この先は18禁になります!

ウソですけど!



しょうがないので、このまま、別々の、場所で寝ることに。別々の、これ重要ね。

彼女さんは小さいのでソファーの上で。
オレは、テーブルを挟んだその向こう側で。

距離は離れているけれど、それくらいじゃないといろいろマズい。
何が。オレが寝れない。寝れるほど経験してません。何を。色々。



そこからはちょっと遠く、小さい雷の音が鳴り続けるだけで、午前5時ごろ就寝。



おーい…



朝、おばさんの声で起こされる。



「あんたたち、なに二人で寄り添ってこんなトコで寝てるの?」

「…は?」



いつの間にかかけられたタオルケットを払い除けると、
隣には背を向けて寝る彼女さんの姿が!




「EEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!11!!!!??????????」




タオルケットもおばさんがかけてくれたものではないそうで、
つまるところ、この人がわざわざ2階から持ってきてくれたものだそうで、
というか、どう見てもオレのタオルケットだし、
オレが寝たあと、結局、眠れなくて、タオルケット持ってきて、
それでも眠れないからオレの隣に来たとか、そんなところ、かと。




…うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!1111!!!!11!!!


なにこのスイーツ(笑)日記!

なにこのエロゲ! これなんてエロゲ!? どこで売ってるの!?

書いてて、すげえ恥ずかしい!

書いて後悔したよ!


でも、これにはちょっと感動した!

だから書く!

ある意味、自慢以外の何物でもないとはわかってるけども!

惚気乙とか大歓迎だわ!

それぐらい感動した!


さあ、お前ら!

朝っぱらからこんな日記を見たことを後悔するといい!

この恥ずかしさ故に、雷に打たれて死ぬといい!





…別に朝っぱらって時間でもないけど、いいでしょう。


それではまた夜にでもお会いしましょう。


comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール
メールアドレス aria_0130☆yahoo.co.jp

Author:跳水
平凡な毎日…ではない気がする
フツーの大学生の物語。
性別:男。
趣味:ゲーム、読書。

読書
跳水未菜の最近読んだ本
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
応援中
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
「はつゆきさくら」応援CHU!! 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。