スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

After it becomes a middle age, man who did not have various ineptitudes at vernal years will not have power.

【After it becomes a middle age, man who did not have various ineptitudes at vernal years will not have power.】=【青春時代にさまざまな愚かさを持たなかった人間は、 中年になってからなんの力も持たないだろう。】


タイトルは、J・A・コリンズの言葉より。


/レス

>奈央さん

あら、やはり年度によって違うものなんですね。
世界遺産まで近いとは羨ましいです。



/別の日記

ピジョット育成日記。BDSとBDでお見合い中。
クソ…めざパ粘ってるわけでもないのに、なんで終わらんのだ…。



/ニュース

■中3が「ハイブリッド車の低速時のみ発音装置」を発明、特許を出願中
発想もいいしコストもよさそうだけれど、
やはり摩耗などが気になるところ。


■「ウーパールーパー丼」…80年代にペットとして人気者だったあの生物、現在は養殖し食用化へ
何故食おうとするのか理解に苦しむ。
あ、画像あるんでグロ注意です。


■Q,小4の娘が性に強い興味を持って悩んでいます。自作の性行為のイラストが机から出てきた事もあります
>>353とかなんなの? マジで作ったやつ爆発しろよ。


■ずっと勘違いしてた漢字の読み方
ううん…なんかあったかなぁ…。


■【コミケ76】同人誌ってそんなに儲かるの?
100部だと印刷所によっては若干危ない。
150部あたりでほぼ確実に利益が出る、と思う。120部くらいでも大丈夫だけれど。


■チューペット販売終了wwwwwwwwwwwwww
うそ…だろ…。
類似品がたくさん出回ってるからかなぁ…。


■引っ越してきた二つ年下の子

■引っ越してきた二つ年下の子 完結

こういう流れ、久々に見るといいわ。


■こいつ俺に惚れてるなと思った瞬間
定期的に立つスレ内容だけど、中身本当に変わらないのね…。


■好きな数字を0-9から一つ選んでください、あなたの性格がわかります
自分は「3」を選びました。
あー…なんか選んで納得したようなしないような…。


■「初デート」でも焼き肉OK!ただし男性は「味」、女性は「雰囲気」にこだわり・・・牛角アンケート調査
焼き肉はないだろ…常識的に考えて…。
他にも、ラーメンとかもイメージ的にはダメか。
どちらかといえば、軽いお食事のほうがよいのでは?
その考えは古いのかなぁ。


■20代女性の恋人条件 1位「優しさ」、2位「誠実さ」、3位「安心感」





/おまけ

■ロレンス「ホロを無視し続けたらどうなるか」

リッチーの日記から拾ってきた。


最初のほうを見ていると、だんだんとオレの顔が引きつってくる。



(#^ω^)ピキピキ「ロレンス、マジでぶち殺すぞ…」



笑いながら怒ることってあるんですね^^

ムカムカというよりも、ムキャムキャしながら読み終える。



………ふぅ。


やっぱり、わっちかわいいわー。



/日記

いくつか書きたいことはあるものの、一番驚いたことだけをピックアップ。

身内ネタなので、クラスメートにしか通じなさそうではありますが…。


一昨日、高校のクラスメートの一人で、途中で留学してしまったYくんがおりました。

見た目ヤンキーっぽく、知り合いでなければ、近寄りがたい容姿の彼ですが、
割と付き合ってみるといい人なのではありますが、
性格自体はやはりヤンキーっぽいのであります。


ドラクエ9のマルチプレイをしよう、ということで誘われたとき、
彼は突然言い出しました。


「そういや、俺、最近アニメにはまってるんだよな」


…は?


「お前、そういうのあんま見ないら?」


遠州弁バリバリでしたが、オレはその言葉に感動した。

「アニメ見ないでしょう?」と言われたのは、生まれてこの方初めてである。
FF11のオフのとき、「君、エロゲやってそうな顔してるね^^」と言われたことはあるものの、
逆側は本当にありませんでした。
いや別にショックなんて受けてないよ。受けてねーから!
でも次言われたら泣いちゃうだろうから言うなよ!



…うう、それはともかく、彼の性格的な面も容姿的な面からしてみても、
アニメにハマっているという発言はどう考えても差がありすぎました。

オールバックで侍っぽくちょんまげのように髪を纏め、
髭をそこそこに生やし、一人称は「ワシ」というYくん。いやありえんだろ…。


「ほう、で、どんなの見たの?」


「ハルヒと、らきすたと、よつばととか。俺普通に萌えアニメとかも見まくってるぜ」


「あ、そ、そうなんだ…」



み、見事にゆとり御用達アニメだなぁ…。や、黙ってたけど。

それから話してみても、確かに割と知っているようでした。
ARIAで話が合った。泣いた。感動したよオレは。
今度ヴェネツィア行くとか言ってた。オレと同じ道かよ。
何故かいちごましまろとかも知ってたよ。なんだよ。変わりすぎだろ。



「そういや、けいおんも見てたぜ。ムギちゃん、どかわいいら」


「む、むぎ? う、ううん…?」



むぎちゃんか…。

そうか…。Yくんって、見た目に反してむぎちゃんみたいな人が好きなのか…。

りっちゃんかさわちゃんかと思ってたけど…。



ドラクエやって、ゲーセン寄ったとき。



「長門、マジかわいくね?」


「え、あ、そう、かしら?」


「こっちのアスカとかパンツまでちゃんとしてんのかね?」


「さあ…?」


「…お、ちゃんとはいてるわ」



あれ、このセリフ、いつもなら逆転しているはずなのに…。


いやまぁうん…。随分変わったね…。悪い方向に…。




昨日、ゴメスという、
自分のクラスメートの中では一番のバカであろう人物と一緒に麻雀をしました。
他、クラスメート二人。アーノルドとMくん。


他二人はちょっと違うルートで会うことになっていたので、
先にゴメスと話しておりました。



「そういや、俺、最近深夜アニメ見てるんだよね」


…おや、昨日、同じようなセリフを聞きましたよ?


「ほう、どんなの見たの?」


「エンドレスエイトとか色々。一人暮らししてると、深夜、テレビつけっぱなしにしとくじゃん?」


「まぁ、この地区は、深夜帯にテレビつければ、どこかでアニメやってるからね」


「夏、なに見てる?」


…お前、その質問は…。いやなんでもない。


「ええっと、狼と香辛料の2期と、化物語と、戦場のヴァルキュリアと…色々」


「狼と香辛料、つまんなくね?」




     「―――……は?」




「え、なに?」



「え、ああ、いや、なんでもない。どこらへんがつまらんの?」


「何にも起きないじゃん」


…こいつ、ARIAとかダメそうだな。趣味合わない。


「ホロとかいう女の話だろ? 別にかわいくもないし」




   (#^ω^)ビキビキ「―――――………」




「え、なに?」


「………いや、なんでもない」



そうだ、こいつはまだ初心者なんだ。
仕方がねぇ。
わっちのよさがわからんなんて可哀想だが、
というか生きてる価値無いけど仕方ねぇ。


ここは抑えるべきだ…っ!


だが、ゴメス…っ!

今の一言は、完全にオレの地雷を踏んだぞ…っ!


許さない、絶対にだ。




「化物語も1話で切ったな。絵がダメだ」


「お前、作画語るとか本当にダメになったな…」


「今まで俺、アニメに偏見持ってたけど、いいアニメはいいアニメなんだな」



…くそ、何だこの敗北感は。

あれなんだろ、オレが言うと、
「なにオタクが言っちゃってんだよwwwwwwwwwwwww」みたいな感じだけれど、
ゴメスみたいな見た目リア充なやつが言うと、普通に聞こえるのは何故なんだぜ?



「まぁ、本当にバカなだけのもあるけどな。いいやつはいいやつだよ」


「友達に薦められて、家帰ったらCLANNAD見るわ」


「マジか。じゃあ、オレからもARIAをお勧めしとく」


「あとでメールしてくれ。一人暮らし先帰ったら見るから」


「把握した」


「そういや、けいおんも見て、ちょっとギターやりたくなったわ」


「…ああ、そう。そういや、Yくん、むぎちゃんが好きなんだって」


「たくあんはねーよwww」



なん…だと…。

たくあん…この返しで来られるとは…。


こいつ…出来る…!


というか、なんなのこいつ。マジで見すぎだろ。


「そういや、CDバカ売れしたってな」


「お前、よう知ってんな…」


「レフティのベースも品切れになったとか」


「知りすぎだろ…。ところで、お前、けいおんの中だったら誰が好きよ?」


「澪かな。お前は」


「あずにゃんに決まっておろうが」


「お前、マジロリコンだな」


「失敬な。ロリコンというのは、9歳のSLB撃っちゃう魔法幼女の抱き枕にラップ敷いて、ヘンなコトをイロイロしちゃって、ラップがあるから大丈夫とか言って、なんかヘンなのをかけちゃう病気な人間のことを言う」


「それは死んだほうがいいな」


「だろう?」



知り合いでいるんだけどね、そいつ、本気でいっぺん死んだほうがいいと思う。




麻雀が始まったら始まったで。



「あ、カンです。リンシャン来い」


「咲じゃねーんだからこねーよ」



…あれ、お前ら、何故、全員、咲のことを知っているんだい?



お前ら…。


なんというか、見ない間に本当に変わったな!


もうオレの知ってるお前らじゃないよ!


アニメの話で、オレと普通についていける時点で、なんかもう色々とおかしい!



都内のほうで一人暮らしすると、大抵、こうなるもんなんだろうか…。


ゴメスとか、今日の朝、別れたときに、
「秋葉原パねぇ」という名言を残して去っていったけれど…。


あいつはもうダメだ。

また今度会ったとき、面白いアニメでも紹介してやろう。


タユタマ見せて「ましろかわいい」って言わせてやる。

うたわれ見せて「エルルゥかわいい」って言わせてやる。


覚えてろ、わっちをけなしたこと、オレは一生許さない。絶対にだ。





身内ネタ。



明日は…特に用事もなく。


そろそろゲーセンなりカラオケなり呑みなり行きたいけれど、
こればかりはどうしようもないか。


そういや、森伊蔵が購入できる権利が当たった。

一本5800円くらいだったけれど、
明日あたり、チビチビとおじさんと父親とでも呑もうかしら。




comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

身内ネタ、驚きの連続だった。


ただ、森伊蔵でそんな驚きも一気に吹っ飛んだわ。

ずりぃー、いいなぁー。
プロフィール
メールアドレス aria_0130☆yahoo.co.jp

跳水

Author:跳水
平凡な毎日…ではない気がする
フツーの大学生の物語。
性別:男。
趣味:ゲーム、読書。

読書
跳水未菜の最近読んだ本
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
応援中
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
「はつゆきさくら」応援CHU!! 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。