スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20100814




/レス

>街さん

ただいま実家に帰ってきました。
お気づき次第、街さんは、管理者のみに見えるコメントで携帯番号をくださいまし。

携帯壊れちゃって、街さんのデータ飛んじゃってるんです。



/日記


僕の祖父母のお墓参りに、相方様がついてきました。

これがどういう意味か、きっとご先祖様はわかってくれるはず。

来年は、また違った形になっていると思いますから、
そのときに、報告も兼ねて、また連れてきます。


僕もせっかくの機会なので、彼女さんのご実家に行きたいのですが、
今年はどうも休みがいただけそうもなく、来年また機会を作って、ご報告がてら行きたいと思います。



色々あって、何の前触れもなくぎゅっとしてあげたとき、
困ったことにそういう感情が一切湧かなかった。

きっと、僕もトラウマに近い状態になってしまったようで。

僕はきっとしばらくしたら治るんでしょうけれど。




あの人が病気で大変だったとき、
人並みの役割が欲しくて、何かしたくてできなくて、
そんな合間に挟まれたまま長い間を過ごした時期があります。


それを、おじさまやおばさまに言ったら。

私たちにもできないことがあるから、
あなたにしかできないことをしなさい。
でも、それは、あなたが考えること。

といった内容が返ってきました。


ただのクソガキができることなど数えるほどもなく、
けれど、クソガキなりには考えたつもりでした。

それが、本当に正しかったのかはよくわからないけれど。

今だって、あの人の手を取ることが、
というよりも、手の取り方が、正しいかどうかはわからないけれど。


それでも、振り返ってみれば、それはやはり意味のあることなんだと思います。

誰かにとってプラスでマイナスだったとしても、
無価値で傷つけるだけだとしても、意味のあることだと思います。


綺麗な言葉で、有り触れた言葉ですけれど、
もしかしたらあまりにも薄っぺらい戯言かもしれないけれど、
その役割は、自身で導くものなんでしょう。



選択肢を増やすことと、選択肢を与えられることは、
似ているようで、けれど決定的に違います。

そんなときでも、誰かに縋り、頼るだけでは、
最善に近い手は得られないものだと思います。


難しいことだけれど、だからこそ自分で考えなきゃならないときもあるのよね。







もう少し、僕の中でも時間が必要かもしれません。




comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール
メールアドレス aria_0130☆yahoo.co.jp

跳水

Author:跳水
平凡な毎日…ではない気がする
フツーの大学生の物語。
性別:男。
趣味:ゲーム、読書。

読書
跳水未菜の最近読んだ本
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
応援中
ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
「はつゆきさくら」応援CHU!! 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。